"イ・スンウには短かった13分"S.トロイデン、ヘンクに1-2の敗北
スポータルコリア



※一部要約

イ・スンウに十分な時間は与えられなかった。
シントトロイデンはヘンクに敗れ、下位圏を脱することができなかった。

シントトロイデンは8日午前に行われた2020/2021ベルギープロリーグ12ラウンドでヘンクに1-2で敗れた。
勝ち点9を維持したシントトロイデンは15位に順位を下げた。

シントトロイデンは後半36分、アサモアに代えてイ・スンウを投入して攻撃に力をさらに加えた。
ヘンクはエブエ・クアシを入れて守備を強化した。

イ・スンウには時間があまりに短かった。
追加時間は4分与えられたが、ボールを持てる機会はあまり来なかった。
後半追加時間にはデ・リッダーが退場する不運もあった。

イ・スンウはわずか一度のチャンスで強力な右足ミドルシュートを試みたりしたが、方向が惜しかった。
結局追加ゴールは生まれず、試合はシントトロイデンの1-2の敗北で終わった。


スポンサーリンク
楽天





"後半36分交代出場"イ・スンウ、相手選手と激しい神経戦を繰り広げた
OSEN

※一部要約

先発から外されたイ・スンウはベンチで出撃を待機し、後半36分に交代で出場した。
イ・スンウは追加時間まで13分ほど活躍したが攻撃ポイントはなかった。
シントトロイデンの日本人FW鈴木優磨とGKダニエル・シュミットは先発で出場した。
ヘンクのFW伊東純也も先発で出て、日本選手の対決が実現した。

イ・スンウは最後方まで下がってきて、守備も積極的にした。
イ・スンウはハーフライン付近でビルドアップをして、フリーキッカーとしてボールを上げた。
だがシントトロイデンはこれといった攻撃チャンスを作れなかった。

イ・スンウは最後までボールを争い、相手選手と神経戦を行った。
イ・スンウの神経戦が両チームの選手に広まり、激しい小競り合いが繰り広げられた。
倒れた選手を蹴飛ばすなど、激しい小競り合いの末に試合は慌ただしく終わった。

今シーズンにイ・スンウは10試合に出場し、7回の先発機会を得て2ゴールを決めた。
フルタイムをプレーした試合は3回である。
イ・スンウは例年と比較すれば多くの機会を得ているが、はっきりとチームの主戦を奪ってはいない。




イ・スンウ、試合後に相手選手と衝突…集団乱闘に繋がる
フットボールリスト



※一部要約

試合終了直後、イ・スンウとクリスチャン・トルストベットが衝突する状況が発生した。
イ・スンウが守備をする過程で両選手の間で接触があり、トルストベットが先に激憤した。
同時に主審の終了のホイッスルが鳴った。
イ・スンウはトルストベットの胸を頭で押し退けた。

シントトロイデンの同僚が駆け寄ってトルストベットを荒っぽく押し、集団乱闘劇にまで繋がった。
両チームの選手は入り乱れてケンカを始めた。
特に鈴木が興奮を鎮められないシーンが目についた。
その後、コーチングスタッフが選手を止めて状況は落ち着いた。


【関連記事】
韓国メディア:U-16日本戦で代表史上最高のゴールを決めたイ・スンウ、U-23代表監督が差し出した機会を掴まなければ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...