"2年連続逆転優勝"全北、Kリーグドラマの"主演"となった
スポータルコリア



※一部要約

全北は1日午後3時に全州ワールドカップ競技場で行われたハナワンキューKリーグ1・2020・27ラウンドで大邸FCに2-0の勝利をおさめた。

また劇的な逆転優勝だ。
実際、シーズン中盤まで優勝は蔚山が有力だった。
イ・チョンヨンやホン・チョルらを獲得して戦力を補強した蔚山は、単独首位を走って15年ぶりのリーグ優勝に迫った。
だがシーズン最後に向かうほど差が少しずつ縮まり始めた。



どこであれ1位だけが記憶され、2位は記憶の中からすぐ忘れられる。
実際、全北は2年連続で"助演"になるところだった。
去年、全北は蔚山が最後の浦項スティーラーズ戦に1-4で敗北したため、多得点でリードして劇的に優勝カップを掲げた。
多くの人が全北の逆転優勝を"奇跡"と表現した。

全北はそのような"奇跡"を1年で再現した。
引退を控えていたイ・ドングを筆頭に、選手が切実さで試練を克服し、Kリーグの歴史に残る優勝記録を新たに作った。
そんな全北はKリーグドラマの"主演"となってハッピーエンドで2020シーズンを終えた。


スポンサーリンク
楽天





12年間で8回優勝…美しく締め括ったイ・ドングと全北の同行
ニュース1



※一部要約

2019年まで城南FC(前身の一和を含む)とともに最多優勝の共同記録(7回)を持っていた全北は、今年に回数を再び追加して堂々と最多優勝クラブにそびえ立つことになった。
全北が創立後に初めてリーグの頂点に立ったときが2009年だった。
12年間で8回も優勝したため、"絶対王者"という表現も"全北王朝"という修飾も無理はない。

これらのすべてがイ・ドングという"Kリーグの生ける伝説"とともに作られたということがまた興味深い。
全北とイ・ドングの12年の同行はそれこそハッピーエンドだった。

2009シーズンを前にチェ・ガンヒ監督は、"ピークが過ぎた"という評価を受けていたイ・ドング(そしてキム・サンシク)を獲得する予想外の選択を下した。
全員が怪訝に眺めていたが、それが事実上の"神の一手"だった。



2008年に城南でわずか13試合に出て2ゴールしか決めなかったFWは、2009年に全北で32試合に出て何と22ゴールを炸裂させた。
イ・ドングは生涯初の得点王と同時にMVPに登極した。
そして全北は創立してから初めてKリーグ優勝の恨を晴らした。

引退式でイ・ドングは「最後の試合で優勝カップを掲げて引退する選手が何人いるだろうか。その瞬間に私がいたらすごく幸せだろう」という希望を伝えたが、念願は天に届いた。
誰よりも誠実だったレジェンドに許された、小さくて大きいプレゼントのような締め括りだった。




全北、投資が作り上げた優勝という果実
ノーカットニュース

※一部要約

2018年までに6回Kリーグで優勝した。
チェ・ガンヒ監督が中国に行って憂慮の声も上がったが、2019年にジョゼ・モライス監督とともに頂点を守った。

秘訣は投資だった。
チェ・ガンヒ監督が去ってからも選手団強化のために財布を開いた。
代表出身選手を大挙獲得した。
2019年のチーム年俸も158億733万3000ウォンでKリーグクラブの中で最高だった。

2020年も全北は投資を惜しまなかった。

コロナ19で厳しい状況でも夏の移籍市場でシン・ヒョンミンの復帰とともに、最高級外国人選手のグスタボとモドゥ・バーロウを連れてきた。
特に、期待を集めていたフェルトワイクを10試合で水原FCに送るなど、果敢な歩みを見せた。

また、キム・ジンスがシーズン中にサウジアラビアのアル・ナスルに移籍した空白をイ・ジュヨンがしっかり埋めた。
これまで全北でチャンスが少なかったが、様々なチームが獲得を試みていた資源。
全北はイ・ジュヨンを守ってキム・ジンスの空白を最小化した。
イ・ジュヨンは10月のパウロ・ベント監督の招集を受けて代表でも活躍した。

Kリーグ初の4連覇と最多8回の優勝は投資が作り上げた果実だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...