「パク・チュヨンがアーセナルで失敗した理由は…」ついに口を開いたベンゲル
スターニュース



※一部要約

アーセン・ベンゲル元アーセナル監督が、自分が直接獲得したパク・チュヨンについて言及した。

英国のフットボールロンドンが31日に報じたところによると、ベンゲルは最近自分の自叙伝でパク・チュヨンについて説明した。

パク・チュヨンは2011年8月、ASモナコでベンゲル監督の招請を受けてアーセナルのユニフォームを着た。
当時、リール移籍を控えていたパク・チュヨンをひったくったという秘話は、すでによく知られている事実だ。

だがパク・チュヨンは2011年から2014年まで、アーセナルでカップ大会を含めて7試合しか出られなかった。
通算のイングリッシュ・プレミアリーグの出場はわずか1試合である。
2011~2012シーズンのリーグカップ大会で決めた1ゴールが唯一の得点記録だ。

パク・チュヨンは出場機会を得るため、スペインのセルタやワトフォード(当時2部リーグ所属)にレンタルで行ったりもした。
そのため英国メディアがアーセナルで最悪の獲得を取り上げるときは、パク・チュヨンの名前がしばしば登場する。


スポンサーリンク
楽天





パク・チュヨンがアーセナルで失敗した理由…ベンゲル監督「自信がなかった」
エクスポーツニュース



※一部要約

2011/12シーズン、アーセナルは3ラウンドのマンチェスター・ユナイテッド遠征試合で何と2-8の大敗を喫した後、残り少ない移籍市場でパニックバイに突入した。

このとき、パク・チュヨンはASモナコからの移籍をほぼ終えていたリールに行かず、アーセナルに移籍することになった。

ベンゲル監督は自身の自叙伝で当時のパク・チュヨンについて説明した。

当時、リールで2回目のメディカルテストを受けていたパク・チュヨンは、かつてのアーセナル交渉担当者ディック・ロウとベンゲル監督の連絡を受けてアーセナルに移籍した。

ベンゲル監督は当時、「パク・チュヨンは我々の攻撃力のクオリティを高められる選手だ。彼はスカッドで貴重な資源になるだろう」と語った。

ベンゲル監督は自叙伝で「私はパク・チュヨンがモナコで見せた素晴らしいシーズン成績と彼の態度によって彼を獲得した」と明かした。




「才能自体は疑いの余地なかったが…」ベンゲルが語ったパク・チュヨンのアーセナル失敗の理由
世界日報



※一部要約

結局、2014年にアーセナルを去ってサウジアラビアリーグのアル・シャバブに移籍して国内に復帰、古巣チームのFCソウルでプレーしている。

現在でもパク・チュヨンは現地メディアやファンの間で"アーセナル歴代最悪の獲得"や"アーセナル最悪のFW"などと、不名誉に名前が上がったり下がったりしている。

これに対してベンゲル元監督は自叙伝で「パク・チュヨンの才能自体は疑わなかった」と切り出した。

ベンゲル元監督は「パク・チュヨンがASモナコで優れたプレーを見せていたのは正しい。だがアーセナルでしっかり適応できなかったし、自分の能力を示せなかった。自信が少し足りなかった。"私はアーセナルでプレーするだけの選手だ"という自信を自分で持てなかったようだ」と説明した。

また、「もしかしたら私ぱパク・チュヨンが自分の能力を繰り広げる十分な機会を与えてなかったのかもしれない」と自問した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...