"グスタボPKミス+バーロウ千金ゴール"全北、蔚山を1-0で制圧…優勝の雰囲気醸成
STNスポーツ



※一部要約

事実上の優勝決定戦で全北現代が蔚山現代を制圧した。

全北は25日午後4時30分に蔚山文殊競技場で行われた蔚山とのハナワンキューKリーグ1・2020・26ラウンドの試合を1-0で制圧した。
この日の結果で再び首位に上がり、優勝の可能性を高めた。

201025182056970a.jpg

201025182056970b.jpg


スポンサーリンク
楽天





蔚山の"全北ジンクス"…優勝目前でまた泣いた
NEWSIS

201025183807281.jpg

※一部要約

今シーズン3回の対決ですべて敗れた蔚山だ。
6月28日にホームで0-2で負け、9月15日にアウェイでも1-2で負けた。
通算戦績でも100回会って36勝26分け38敗で劣勢である。

最終戦を残して1位も奪われた。
勝ち点54に留まった蔚山は、全北(勝ち点57)に逆転された。

蔚山が最後の逆転優勝をするには、来月1日に行われる27ラウンド最終戦で全北が大邸FCに敗れ、蔚山が光州FCを倒さなければならない。

勝ち点が同じなら多得点を51ゴールでリードしている蔚山が、全北(44ゴール)をかわして優勝カップを掲げることができる。
だが現実的には容易ではないミッションだ。

201025183807281a.jpg

結果的に蔚山の"全北ジンクス"が再び苦しめた。
シーズンでずっと首位を維持していた蔚山は、唯一全北にさえ会うと小さくなった。

最近3年間で蔚山が全北に勝ったのはわずか一度しかない。
2017年8月6日の全北遠征の1-0勝利が最後である。

201025183807281b.jpg

まだシーズンは終わってないが、この日の敗北で蔚山は昨シーズンの悪夢が再現される可能性が大きくなった。

2019シーズンに蔚山は14年ぶりのリーグ優勝を目前にしていたが、最終戦で浦項スティーラーズに1-4で大敗して、掴んでいた優勝トロフィーを全北に献納したことがある。




"1次戦退場→3次戦バックパス"キム・ギヒ、致命的なミスに"涙"
インターフットボール

201025182821059.jpg

※一部要約

心残りが大きい試合だった。
特にCBで先発出場したキム・ギヒの致命的なミスが骨身に染みた。
蔚山は前半にチョ・ヒョヌの好セーブショーが出て無失点で試合を導いたが、後半18分にキム・ギヒの致命的なミスが出て先制ゴールを許した。

痛恨のミスだった。
キム・ギヒは過去の全北との1次戦でもキム・ボギョンに荒いタックルを試みて退場したし、結局蔚山は数的劣勢を克服できずに敗北した。
安定的にボールを処理できたがミスに繋がり、結局蔚山は跪いた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...