済州、地域マスコットの済州海女のため業務協約
ベストイレブン



※一部要約

済州ユナイテッドが済州島の海女を支援するため積極的に乗り出すことにした。

済州は報道資料を通じて、済州海女を支援することによって済州道民から最も愛されるクラブに生まれ変わるという公式見解を明かした。
済州は済州特別自治道海女協会と業務協約を締結し、済州海女の生活の質改善でともに努力することにしたと明かした。

済州は地域縁故のプロサッカー団として、縁故地域の社会的問題を解決することに力を加えることが、クラブの持続的成長のために備えるべき競争力を得る方法だとして、今回の業務協約の背景を説明した。
特に最近はESG(環境、社会的責任、企業支配構造)経営が社会の話題に浮上しているだけに、済州を代表する真のサッカーチームとしてこれを積極的に実践するという意志を示した。

一方、済州は24日に済州ワールドカップ競技場で予定されているハナワンキューKリーグ2・2020・25ラウンドの水原FC戦を前に、済州海女が獲ってきた角サザエを広めるため"済州が勝てば海女が撃つ"イベントを施行すると付け加えた。
試合中にネイバーを通じて勝利祈願のメッセージを応募したファンの中から、抽選で角サザエなどを景品として提供する。


スポンサーリンク
楽天





SKエネルギーサッカーチーム済州ユナイテッド、済州海女支援
ニュース1



※一部要約

済州海女は2016年、ユネスコの人類無形遺産に登録された済州島の代表的なアイコンである。
だが最近、海女の数の持続的な減少傾向とともに、70歳以上の高齢海女が全体の約60%に達して海女の文化伝承で困難を経験している。

特に済州海女の主な収入源である角サザエの輸出が急減し、生計を脅かされている。
済州海女は主に角サザエを獲り、そのうちの約90%が日本などに輸出される。
だが今年はじめから続くコロナ19と内需消費の萎縮で直撃弾を受けている。

今回の協約で済州ユナイテッドは、生計で苦労している海女に暖房費を支援し、暖かい冬を送れるセーフティネットを構築する。
また、1回だけの支援ではなく今後も地域内の他企業と連携し、済州ユナイテッドの成績によって基金を積み立てるなど、より多様な海女の支援策を用意する計画である。



それに加え、海女の主な収入源である角サザエを大量購入し、社会脆弱階層に渡す社会貢献活動も準備している。

ハン・チュンギル済州ユナイテッド代表理事は「高齢化とコロナ19で困難に直面した済州海女を支援するため、様々な方案を講じる計画」として、「済州ユナイテッドが勝利で済州道民に喜びを与えるのと同時に、単なるサッカーチームを越えて済州島の社会問題を悩む隣人としてともに発展する」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...