"出場時間増加→価値暴騰"イ・ガンイン、バレンシアで身代金"4位登極"
インターフットボール



※一部要約

身代金が大幅に上昇した位イ・ガンインがバレンシアで4番目に高い選手になった。

スペイン"アス"は10日、夏の移籍が終わってからバレンシア選手の身代金の変化を比較して発表した。
今シーズン、次第に出場機会を増やしているイ・ガンインはチーム内で4位だった。
19歳という若い年齢でバレンシアという大きなクラブで4位を記録したのも驚きの事実だが、身代金が上昇したということに注目すべきだ。

"アス"はサッカー統計メディア"トランスファーマルクト"の資料を引用し、バレンシア選手の身代金を比較した。
バレンシアの主戦級選手で身代金が上昇した選手は、マキシ・ゴメスとイ・ガンインだけである。
その他の多くの選手は身代金が10%以上下落した。
これはコロナ19のためだ。

全世界的にサッカー選手の身代金が下落する中で、イ・ガンインは上昇幅も相当あった。
ゴメスが3200万ユーロ(約474億ウォン)で約10%ほど上昇した一方、イ・ガンインは1350万ユーロ(約271億ウォン)で約50%くらい高騰した。

身代金が上昇した最大の要因は、出場時間が増えたためだとみられる。
イ・ガンインは今シーズン、すでに昨シーズンの出場時間(445分)の半分を越える226分出場した。
イ・ガンインがこの勢いを続けることができれば、さらに大幅に身代金が上昇すると予想される。


スポンサーリンク
楽天





"まさか"韓日サッカーの未来の市場価値、イ・ガンイン271億-久保407億より136億少ないなんて
スポーツ朝鮮



※一部要約

韓日両国を代表するサッカーの未来、イ・ガンインと久保建英の市場価値(トランスファーマルクト基準)がかなり開いた。

ヨーロッパの選手価値評価サイトであるトランスファーマルクトによれば、イ・ガンインの最新市場価値は2000万ユーロ(約271億ウォン)である。
一方、久保は3000万ユーロ(約407億ウォン)だ。
1000万ユーロ(約136億ウォン)の差を見せている。

イ・ガンインはコロナ19の直後に市場価値が1350万ユーロだったが、最近10月の評価で2000万ユーロに大幅上昇した。
バレンシアの選手で4番目に高い。
ラ・リーガ全体でも65位である。
韓国選手ではソン・フンミン(トッテナム)の次に高い。
2001年生まれでは7番目に高い。
イ・ガンインはまだバレンシアで確固たる主戦のポジションを固められていない。
良い技量を持っているのは認められているが、チーム内の複雑な力学構図で損をしているような感じだ。



久保はコロナ19発生直後、市場価値は1350万ユーロでイ・ガンインとまったく同じだった。
ところが7月の評価で3000万ユーロに大幅に跳ね上がった。
久保はレンタルで行ったマジョルカで、2019~2020シーズン末に注目に値する成長を見せた。
個人能力に優れ、マジョルカの主戦として活躍してから元所属チームのレアル・マドリードに復帰した。
レアルは久保をビジャレアルに1年再レンタルで送った。
トランスファーマルクトの10月の評価でも、久保の市場価値は3000万ユーロでそのまま維持した。
久保はビジャレアルの選手で市場価値が最も高い。
ラ・リーガ全体でも38位、日本選手では最も高い。
世界の2001年生まれでも4番目に高い。

レアル・マドリードはビジャレアルに最近、久保の出場時間を増やせと圧迫している。
久保は最近、ビジャレアルで出場機会をあまり得られずにいる。

イ・ガンインと久保は韓日両国のサッカーの未来と評価されている。
イ・ガンインは幼い頃からバレンシアのユースシステムで成長した。
久保も幼い頃にサッカー留学をして、バルセロナユースで成長してから東京FCに復帰し、再びレアル・マドリードと契約してスペインに戻った。


【関連記事】
韓国メディア:久保建英より評価の高かったイ・ガンイン…地位がひっくり返った韓日有望株
韓国反応:久保建英、ビジャレアルにレンタル確定!…イ・ガンインは残留の可能性「別の道を歩む韓日の未来」
韓国メディア:久保建英とイ・ガンインの自尊心対決2ラウンド…日本ファンは「敵じゃない」と反応



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...