"衝撃"バレンシアのグラシア監督が2ヶ月で辞任を望む…"運営破綻"に疲れる
フットボールリスト



※一部要約

危機のバレンシアの沈没には終わりがないのか。
ハビ・グラシア監督が去りたいという意向をクラブに明かした。

スペイン・バレンシアの地元紙"ラス・プロビンシアス"は8日、グラシア監督がバレンシアにチームを去ることを願っていると通知したと報じた。
グラシア監督は7月27日に正式に選任された。
2ヶ月を少し過ぎた時点で辞任を望んだのだ。

グラシア監督がチームを去るなら、クラブに300万ユーロの違約金を出さなければならない。
すぐにチームを去ることはないとみられる。
ひとまずグラシア監督は、8日の練習を行ってから彼の決定を発表する予定と伝えられた。

辞任を望んでいるのは、クラブ運営に対する不満のためである。
グラシア監督は自分のエージェントとともにバレンシアの会長に会った。
これまで記者会見などで間接的に不満をあらわしてきたが、直接(※選手の)獲得不足への挫折感を伝えた。
バレンシアのような名門クラブと契約し、期待していたことと状況が違う支援のためである。

グラシア監督はクラブの支援の約束が何度も守られず、チームへの信頼を失った。
獲得を望む6人の選手が取り上げられたが、わずか1人も獲得されなかった。
"ラス・プロビンシアス"が引用した側近によると、グラシア監督はこの状況について非常に怒っている。

ピーター・リムクラブオーナーとのコミュニケーションもまったくない。
前任者の1人であるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は、事務室に招待されたことがある。
だがグラシア監督はまだ電話番号すら知らない。


スポンサーリンク
楽天





"不透明な未来"移籍説のイ・ガンイン、ひとまずバレンシア残留
スポーツ朝鮮



※一部要約

"2001年生まれの希望"イ・ガンインは移籍説の中心に立っていた。
イ・ガンインはバレンシアが信頼して育てた才能である。
彼は2019年のFIFA20歳以下ワールドカップで、全世界に自分の価値を誇った。
バレンシアもやはり早くからイ・ガンインを1軍に呼んだ。
ただし、1軍での活躍はまた別の問題だった。
イ・ガンインは1軍でまともに機会を掴めなかった。
昨シーズン、スペイン・プリメーラリーガなど全大会をを合わせて24試合の出場(先発6回)に終わった。

イ・ガンインは"プレーできる"ところを探して去る意志を明かした。
スペインの現地メディアからは「イ・ガンインがクラブの再契約オファーを断った。移籍を要請した」という報道が出た。

バレンシアの意思は堅かった。
イ・ガンインを他チームに送る意志はないように見えた。
バレンシアは今シーズンを控えて、ハビエル・グラシア監督を新たに選任した。
グラシア監督は「選手の年齢は重要じゃない」と若い選手の起用の意志を明かした。

変化の流れの中で、イ・ガンインの役割にも変化が起きている様子だった。
イ・ガンインはオフシーズンの親善試合にすべて出場し、"中盤の核心"の役割を果たした。
レバンテとの練習試合では"キャプテンマーク"をつけたりもした。
彼の活躍は開幕戦でも続いた。
イ・ガンインはレバンテとのスペイン・プリメーラリーガ開幕戦で2アシストを記録し、チームの4対2の完勝を導いた。

状況は刻々と変わっている。
イ・ガンインはセルタ・デ・ビーゴとの2ラウンドで"キッカー選定論難"に覆われた。
現地メディアはこのことを大々的に報じた。
その後、イ・ガンインは先発とベンチを行き来した。

そのような状況でスペインメディアから、イ・ガンインの移籍説が再び提起された。
スーペルデポルテは「イ・ガンインが移籍オファーを受けた。彼はバレンシアとの再契約に疑問を持っている」と報じた。
このメディアはイ・ガンインがフランス、ドイツ、イタリアなどから獲得オファーを受けたと付け加えた。

もちろん簡単ではない過程が予想された。
バレンシアはイ・ガンインの才能を大事にしている。
クラブオーナーのピーター・リムは、若い選手を中心にチームを再編したい意志を強くあらわした。
他クラブへのレンタル移籍も簡単ではない理由だ。

去りたがるイ・ガンインと引き止めたいバレンシア。
ひとまず夏の移籍市場の結果、イ・ガンインの残留が確定した。
次の移籍市場は2021年1月に開かれる予定だ。


【関連記事】
韓国メディア:イ・ガンインは低評点で惜しい活躍…バレンシアの競技スタイルは正解と言えるのか?
西メディア:イ・ガンインがバレンシアとの再契約を拒絶…フランス・イタリア・ドイツからオファー
韓国記者:リーガの名門バレンシア、降格圏に近い攻撃力…奈落に墜落する危険性



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...