"キム・ミンジェのトッテナム行き"99%成事前に挫折…幕前幕後のフルストーリー、どうして?
KBS



※一部要約

結局、残留だ。
サッカー代表DFキム・ミンジェのトッテナム移籍は、イングランド・プレミアリーグの夏の移籍市場終了日と同時に、最終的に不発が決まった。

キム・ミンジェのトッテナム移籍を公式推進した交渉団は「キム・ミンジェのトッテナム移籍作業は99%まで完成されたが、1%が足りなかった」と表現した。

何がその足りなかった1%だったのだろうか。
移籍市場の終了直前まで成事と決裂の危機を行き交ったキム・ミンジェのトッテナム移籍交渉の真実を、ロンドン現地でトッテナムの公式委任状を受けて作業した交渉団と国際電話インタビューで取材した。

トッテナムが北京にキム・ミンジェへの関心を最初に示したのは6月。
そのときまでは単なる関心レベルに過ぎなかった。
だが関心が移籍推進に変わったのは、7月20日以降からだった。
そしてそこには韓国サッカーの看板スター、ソン・フンミンの決定的な役割があった。

2019~2020シーズン終了を前に、ソン・フンミンはクラブ関係者と会って1シーズンの感謝の挨拶をした。
その席にはトッテナムのレヴィ会長もいた。
当時、レヴィ会長は韓国選手に言及してキム・ミンジェがどういう選手なのかを尋ね、ソン・フンミンが「良い選手」と答えた2日後に状況は急変した。

レヴィ会長がキム・ミンジェの移籍について、北京との本格交渉を実務陣に指示した。
そのときまでキム・ミンジェのビッグリーグ移籍は明確な担当エージェントがおらず、複数のエージェント業界が関心を表明して乱立した状態だった。
だがレヴィ会長がその中からロンドンに居住する現交渉団に公式委任状を発行し、交渉窓口はそのときから一本化された。


スポンサーリンク
楽天





交渉はその後、約2ヶ月間進展と停滞を繰り返しながら無我夢中で進んだ。
移籍金やオプション、支給方式などで異見が出た交渉は9月の最後の2週間で激しい交渉が続き、最終的に99%に達して達成を目前にしていたとロンドンの交渉団関係者は明かした。
その過程で英国と中国の時差を行き交う徹夜作業に、ソン・フンミン父子の積極的な支援もあったという裏話である。

結局、ロンドンの交渉団は最後のボタン1%を満たす最終作業に入った。
交渉団の関係者は「9月24日にトッテナムの最終案が作られ、26日に北京がこの案に肯定的な回答を送り、もう契約書の様式作成のための最後のミーティングだと思ってトッテナムに入ったのが9月29日だった」と明かした。

当時、中国では交渉団の中国パートナーが北京でキム・ミンジェに会い、移籍交渉の過程を説明してキム・ミンジェのロンドン行きの搭乗便を準備しようとしていた状況だった。
文字通り移籍は確定的な瞬間だった。
だが決定的な変数が発生し、1%を満たせない事態が起きた。

9月29日、トッテナムに突発変数が発生したのだ。
交渉団の関係者は「クラブ内部の事情で外部への公開は不可だ」と具体的な言及は避けたが、外国人選手クォーターなどに関する複雑な内部事情があったと観測させる。

内部の変数発生で、交渉団は北京に契約書へのサインを1日だけ延期してほしいという意見を伝えるしかなかった。
それに対して北京は9月30日までが交渉のマジノ線だと通知し、それから交渉の窓口を閉ざした。
トッテナムは内部状況を整理したが、すでに30日の期限を過ぎた後だった。

結局、最後の1%達成不発でキム・ミンジェのヨーロッパビッグリーグ行きはひとまず終止符を打つことになった。
だが終止符ではなく休止符が正確な表現である。
来年1月の冬の移籍市場でヨーロッパ進出を再び試みる計画だ。
北京もやはりキム・ミンジェの切実なヨーロッパ行きを理解しており、あえて止めないという方針だと伝えられた。

ただし、迫る冬の移籍市場でトッテナムは移籍対象から外れるものとみられる。
トッテナムはすでに今夏の移籍市場で多くの資金を注ぎ、トッテナムと北京の双方が互いの立場を隅々まで知っただけに、冬も再推進するかは疑問である。
キム・ミンジェはヨーロッパビッグリーグのうち、イングランド・プレミアリーグへの選好が確かなので、トッテナムを除いたEPLクラブのラブコールを受ければ第一に推進する計画だ。
そのためのキム・ミンジェの課題は明確である。
夏の移籍交渉の過程ではっきりと落ちた競技力をひとまず回復させることだ。
それでこそキム・ミンジェに対するヨーロッパクラブの関心が発動させる。

キム・ミンジェのトッテナム移籍を担当した現地の交渉団は「99%成事の直前で失敗に終わったのが非常に残念だ。何より代表の同僚と一緒にプレーしたいソン・フンミン側の積極的な援護射撃に感謝を感じる」として、「この数ヶ月間の交渉の過程で、移籍金の手数料のことなど考えもしなかった(※代理人が高額の手数料を要求してラツィオと交渉決裂したという記事がたくさん出ていた)。それだけ韓国選手、特にDFのヨーロッパビッグリーグ進出が奇跡のようなものだとよくわかっていたからだ。機会を再び与えられれば、必ずキム・ミンジェの移籍を成し遂げられるようにする」と付け加えた。


【関連記事】
レスターが北京国安キム・ミンジェの争奪戦に加勢…ラツィオはシモーネ・インザーギの反対などで一歩後退
プレミア行き霧散のキム・ミンジェを中国メディアが露骨な批判…「技量不足を認めるべき」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...