トッテナム、キム・ミンジェへの関心を引っ込めたか、終盤のCB獲得候補の3人に名前なし(フットボールロンドン)
スポーツ朝鮮



※一部要約

英国メディアのフットボールロンドンは、夏の移籍市場の終盤に新CBを獲るため3人の候補を競合していると報じた。

そのCB候補の3人はシュクリニアル(インテル・ミラノ)、デミラル(ユベントス)、そしてリュディガー(チェルシー)だ。
シュクリニアルはスロバキア代表である。
デミラルはトルコ代表、リュディガードイツ代表だった。

フットボールロンドンは、先月までトッテナムと北京国安の交渉の話まで出回っていた韓国代表CBキム・ミンジェについてはコメントしなかった。
だが慎重に、トッテナムが他のCBに機会を与えるという可能性も依然として開かれていると伝えた。




スポンサーリンク
楽天





「キム・ミンジェ、EPL行き霧散…技量不足を認めるべき」中メディア露骨な批判
スターニュース



※一部要約

キム・ミンジェのヨーロッパ移籍が事実上失敗に終わり、中国メディアが露骨な批判をして物議を醸している。

中国の新浪スポーツは4日、「多くの噂が出たが、キム・ミンジェは結局留まりそうだ。ヨーロッパ進出、特にイングリッシュ・プレミアリーグ(EPL)進出は失敗に終わった。技量が足りないという事実を認めたほうが良い」という記事を書いた。

記事によると、キム・ミンジェは16日から行われるプレーオフ出場リストに登録された。
同時に、代替者の性格でロシアのディナモ・モスクワから獲得したDFトニ・シュニッチを、降格プレーオフの日程を控えている河南建業にレンタルで送った。

それとともに、キム・ミンジェの劇的な移籍の可能性を一蹴した。
新浪スポーツは「キム・ミンジェは本当に離れたがっていたが、2020年以内にチームを去ることはできないだろう。すぐの移籍は不可能だ。協議中の移籍金は北京が希望する金額とかなり大きな差を見せており、契約期間も半年以上残っている」と現状を説明した。

最後にこのメディアは「キム・ミンジェもやはり、先に北京にいたイ・ジャンス監督やハ・デソンと同じである。最初の1、2シーズンはチームの主軸の役割を果たすほど良いが、チームを去るときにはファンとクラブ高位層の気分を害する特徴があるようだ」と酷評した。


【関連記事】
韓国メディア:トッテナム、キム・ミンジェを買う金はあるのか…北京国安は冬まで残留させる見通し



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...