"ベントの皇太子"ナ・サンホ、「呼ばれたからには良い競技力を見せなければ」
スポTVニュース



※一部要約

大韓サッカー協会は5日午後5時、坡州国家代表トレーニングセンター(NFC)で2020ハナ銀行カップ・サッカー代表vsオリンピック代表の招集記者会見を行った。
ベント号とキム・ハクボム号は寄付金1億をめぐって9かと12日に高陽総合運動場で2回の対決を繰り広げる。

練習前にナ・サンホは「10ヶ月という長い間、コロナのために招集できなかった。その間に試合でプレーできず、体の管理としては貴重な時間だった。これをキッカケに体の状態が上がってきたし、再び試合でプレーして良いコンディションを見せている」と明かした。

ナ・サンホの所属チームである城南は厳しい時間を過ごしている。
現在リーグ11位で降格を気にしなければならない境遇だ。
ナ・サンホは「昨日の試合(江原戦)で敗北(1-2)して良くない状況になっている。まだ3試合残っているので、できるだけ自分たちのチームが残留するよう力を注ぎたい。今は代表に来ているので、ここでできるだけ努力する」と伝えた。

ベントの皇太子と呼ばれるナ・サンホは、継続してベント監督の選択を受けている。
彼は「ずっと選ばれるように努力している。監督の招集を受けたので、オリンピック代表との2連続親善試合は重要だと思っている。そこで最大限に努力し、良い競技力を見せなければならないと思う」と誓った。


スポンサーリンク
楽天





緊張を解かなかったナ・サンホ「サッカーに年齢は関係ない」
フットボールリスト



※一部要約

今夏、レンタルで城南FCに移籍して競技力を引き上げた。
ナ・サンホは「日本にいたときは出場が少なかった。城南にレンタルで来て体を上げてきた。個人練習をしても、競技場にいるような感覚にはついていけない。コンディションを競技場で上げることが重要だと思う」として、最近の流れが良いことを説明した。

Kリーグの選手で構成されて新顔が多い。
ナ・サンホは「選手の呼吸が重要だ。だがチームに溶け込めるよう、既存の選手が助けなければならないだろう。十分効率的にできると思う」と競技力をできるだけ早く高めると語った。

オリンピック代表と対決するのに負担感はないのだろうか。
ナ・サンホは「弟たちの意志が強いとインタビューで聞いた。年齢はサッカーでは関係ない。私も負けないように兄たちと努力する」と、勝利のためにプレーすると語った。




"A代表初抜擢"ウォン・ドゥジェ、「上手くやれる部分を見せる」
スポTVニュース



※一部要約

キ・ソンヨンの後継者と呼ばれるウォン・ドゥジェが力強い覚悟を明かした。

練習前にウォン・ドゥジェは「サッカー選手なら来たいところだ。期待でワクワクしている。緊張よりは、早く練習したい気持ちが大きい」と期待感をあらわした。

本来、ウォン・ドゥジェはキム・ハクボム号で活躍している選手だ。
だが今回はパウロ・ベント監督が彼を強く望み、A代表でプレーすることになった。
彼は「Kリーグでそうだったように、相手チームに対するよりも自分自身を準備している。今回の対戦でも23歳以下だから力が入るというより、やってきた通りに集中して上手くやりたい」と伝えた。

どういう姿を見せたいかという質問に、ウォン・ドゥジェは「私が上手くできる部分を見せたい。監督が求める部分を遂行するために努力する。そういう部分を見せたい」と語った。

キム・ハクボム監督と何か話したかと聞くと、ウォン・ドゥジェは「特に連絡はしてないのでわからない。チームからは負傷せずに最善を尽くして良い姿を見せてこいという言葉を貰った。そういう姿を見せなければならないだろう」と明かした。

最後に彼は「自分がやってきたことをそのまま運動場で努力して見せればアピールになるだろう。上手くやりたいというよりは、リラックスした気持ちで臨みたい」としてインタビューを終えた。


【関連記事】
先輩ファン・ウィジョに似ている城南のナ・サンホ「同じようにヨーロッパに行くことが目標」
蔚山のウォン・ドゥジェが生涯初のA代表抜擢「成長できる機会にする」「自分はキ・ソンヨンよりチョン・ウヨンに似てる」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...