[オフィシャル] 慶南、"インテル・ミラノ出身"ルクと契約解除
スポーツ朝鮮



※一部要約

ルクが最終的に慶南を去った。

慶南は22日、「ルクと相互合意の下で契約を解除した」と発表した。
去年Kリーグ入りしたルクは1年7ヶ月で慶南を去ることになった。

慶南は去年、中国に去ったマルコンの空席を埋めるためにルクを獲得した。
フェイエノールト、インテル・ミラノ、フランクフルト、スポルティング・リスボンなどを経た大物外国人として多くの関心を集めた。

だが期待に達することができなかった。
去年22試合に出場して3ゴール3アシストに終わったルクは、チームが2部に降格した今シーズンも8試合の出場、2ゴールに留まった。

ルクの年俸を負担に思う慶南と、ヨーロッパ復帰を狙うルクの利害関係が一致した。
22日午前に最終レターを交換し、契約解除を終えた。
ルクはオランダ復帰を試みている。


スポンサーリンク
楽天





慶南FC、"鶏肋"ルクと契約解除
慶南新聞



※一部要約

ルクはチーム内で10億ウォン台の最高年俸を受けていながら、去年22試合に出場して3ゴール3アシスト、今シーズンは8試合に出場して2ゴールに留まるなど、30試合で5ゴール3アシストと活躍が低調だった。

特にソル・ギヒョン監督は、今シーズンの海外キャンプからルクが自分の戦術に合わないとして戦力から除外すると明かすほど、信頼を与えることができずにチーム内で"鶏肋"の身分になっていた。
それによって慶南は海外移籍も推進していたが、ルクが合意しなくて失敗に終わったりもした。

ソル監督は、デリッチがヘルニアの手術で抜けてチーム成績が悪化してルクを投入したが、前半だけプレーして後半に交代するなど、半分の選手として活用した。
最近では試合を控えた練習中に具合が悪いと言い訳して外れたりもして、ソル監督の信頼を完全に失っていたという。


【関連記事】
【Kリーグ】慶南FCがオランダ出身の大物外国人FWルク・カスタイニョスを獲得…「得点王と優勝、どちらも取る」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...