"日イケメンDF"内田、膝の負傷により32歳で早い引退
スターニュース



※一部要約

日本サッカー代表としてよく顔を見せていた内田篤人(32、鹿島アントラーズ)が早い現役引退を宣言した。
膝の負傷に苦しめられた末に決断を下した。

日本の朝日新聞やスポニチアネックスによると、内田は23日にホームの鹿島サッカースタジアムで行われた2020Jリーグ12ラウンド・ガンバ大阪戦を最後に、現役選手生活を終えた。

この日、前半16分に同僚の負傷で交代投入された内田は74分間プレーし、後半追加時間に劇的な同点ゴールの起点となった。


スポンサーリンク
楽天







記事によると、内田は慢性的な膝の負傷で手に余る選手生活を続けていた。
ドイツ・シャルケ04でプレーしていた2015年に大怪我を負った後、フルタイムでシーズンをちゃんと行うことができなかった。

2017年9月にドイツ2部にいたウニオン・ベルリンに移籍するまで、シャルケでリハビリだけを実施して、2018年1月に古巣の鹿島に戻ってきても、2018シーズンに12試合プレーしたのが最多出場記録だった。

日本代表としてAマッチ74試合に出場して2ゴールを決めた内田は、韓国ファンにとっても有名な選手だ。
キレイな外貌で注目を浴び、特にク・ジャチョルと親しいことが広く知られていた。

試合後のインタビューで内田は「負傷後に100%ではなかった。選手として自分自身に満足できなかった。多くの人々が少し早い引退に惜しいと言っているのを知っているが、助けてくださった方々に感謝する」という所感を伝えた。
2010年から2017年まで内田がプレーしたシャルケもやはり、クラブ公式SNSで「内田が現役最後の試合をした。感謝している」というメッセージを残した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...