[オフィシャル] ケイロス-ハリルホジッチ、アルジェリア監督不発…ベルマディ公式選任
スポータルコリア




※一部要約

アルジェリア代表がジャメル・ベルマディを次期指令塔に座らせた。
アルジェリアの監督候補に挙がっていたケイロス、ハリルホジッチらは公式にアルジェリアの指揮棒を取らない。

アルジェリアサッカー協会は2日、公式HPで2022カタールワールドカップまでアルジェリアを指揮する監督を発表した。
アルジェリアサッカー協会の選択はケイロスでもハリルホジッチでもなく、代表の元主将ベルマディだった。

これまでアルジェリアの監督が国内メディアの紙面を熱くしてきた。
2018FIFAロシアワールドカップ直前に日本代表を更迭されたハリルホジッチが、韓国とアルジェリアで悩んでいるとうい現地報道が流れていた。
ハリルホジッチはアルジェリアの監督職を全面的に否認したが、関連の内容は続けて提起されていた。

ケイロス監督も候補の1人だった。
現地メディアはケイロスがイランを去ってアルジェリアの指揮棒を取ると予想した。

だがアルジェリアサッカー協会の選択はベルマディだった。
公式チャンネルでベルマディ監督と握手する写真を掲載し、ベルマディがまもなくアルジェリア代表に合流すると発表してすべての話を終わらせた。


スポンサーリンク
楽天





[単独] ハリルホジッチ、韓監督職を望む…"年俸調整可能"
スポータルコリア




※一部要約

ハリルホジッチ監督が大韓民国サッカー代表の監督職を望むという意志をあらわした。
彼が直接意志を明かしたのは今回が初めてである。

サッカー界に詳しい関係者は2日、「ハリルホジッチ監督が韓国の監督職を望んでいると伝えた。大韓サッカー協会が定めた韓国の監督基準を尋ねた。ハリルホジッチ監督は自分がその基準に符合していると判断している」と伝えた。

ハリルホジッチ監督が韓国の監督職に直接関心をあらわしたのは今回が初めてである。
これまで数え切れないほど彼の名前が取り上げられたが、すべてボスニア、アルジェリア、エジプトなど外信から流れた話だった。
この関係者は「ハリルホジッチ監督の言葉によると、これまで数多くの韓国人代理人が連絡を試みて、現在も毎日10通以上の電話で監督交渉の委任権を要請したが、たった一度も受け入れたことがない」と説明した。

協会は監督選任委員会が選別した候補との交渉を進行中である。
交渉の対象者が誰なのかは明かさないと言った。
だがその過程は順調でないとみられる。
協会の関係者も先月31日、「監督の交渉過程は手強い。様々な詳細内容を駆け引きする過程が進行中」として、「監督選任と発表はもう少し遅延されるだろう。キム・パンゴン委員長も努力している」と語った。

ハリルホジッチ監督がその最終候補3人に入っているか、あるいは最初のリストに入っているかはわからない。
ただし、ハリルホジッチ監督の言葉によると、韓国側の関係者などから何度も監督職のオファーを受けたことはあるが、交渉のテーブルに座ったことはなく、ただ可能性はいつでも開いているという意を伝えた。

現在日本サッカー協会と契約解除の紛争中という懸念もある。
それについては、日本代表を引き受けてからワールドカップ直前までの評価試合で好成績をおさめたのに、日本サッカー協会の一方的な解任と名誉失墜が理性的に受け入れられなかったという主張だ。
東アジアカップの韓国戦の大敗で韓国サッカーの魅力について言及して以降、葛藤が深まったものと判断されるが、韓国選手と韓国サッカーのスタイルが魅力的なのは隠せない事実であり、本人の色を加えたいことを強調した。

関係者によると、監督とコーチングスタッフの年俸条件も、協会の予算の範囲内で交渉が可能だと伝えられた。


【関連記事】
韓国メディア:日本が見放したハリルホジッチ監督、韓国代表候補のリストにはない…自尊心や両国の友好関係のため
韓国メディア:ロシアW杯でスペインを率いたフェルナンド・イエロが韓国代表の次期監督候補に急浮上



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...