[GOAL LIVE] ポーランドのナバウカ監督「大韓民国、予想通り良い試合をした」
ゴールドットコム




※一部要約

大韓民国代表との評価試合で3-2の勝利をおさめたポーランドのアダム・ナバウカ監督が試合後、記者会見で大韓民国代表に対する意見を出した。

ナバウカ監督は27日の両チームの試合後、現場で行われた記者会見で大韓民国代表に対する本記者の質問に「私たちは最近それぞれ異なる2チームのスタイルと会ったが、ナイジェリアと大韓民国はスタイルがまったく違っていたと思う」と口を開いた。

彼は続けて「今日の試合は私たちにとって良い練習資料になるだろうし、間違いなく日本との試合を準備するのに役立つだろう」と語った。

続けて「韓国は非常の良い試合をした」として、「特にチームワークが良かったし、その部分はすでに予想していたので驚きはない」と語った。

ナバウカ監督はポーランド自身の競技力については「勝ったこと自体が重要だと思う」として、「親善試合を通じてワールドカップを準備する過程だと考えていて、(決勝ゴールの主人公である)ジエリンスキ選手がずっと発展している姿を見せていて嬉しい」と語った。


スポンサーリンク
楽天





ポーランドのレバンドフスキ「私たちは欠点が多い」
Newsen




※一部要約

レバンドフスキは韓国戦の勝利に満足しなかった。

ポーランドの看板スター、ロベルト・レバンドフスキはこの日の試合に先発出場して、前半32分にヘッダーで先制ゴールを作った。
レバンドフスキは前半を消化しただけで競技場を出て、後半のポーランドは攻撃の作業で困難を経験した。
ヨーロッパ地区予選の得点王で、チームの28得点中16ゴールを1人で決めたレバンドフスキの存在感があらわれていた。

レバンドフスキは"onetスポット"に「平和な時間は多くなかった。私たちは相手をあまりに長く放置していた。韓国はチャンスを作り始めたし、2つ決めた」とこの日の試合後半の競技力を評価した。

続けて「サイドも中央も補強しなければならない部分が多く見えた」として、「私たちがさらに集中し、ワールドカップではより良い姿を見せられるよう願っている」と語った。

レバンドフスキはもう一度「特に攻撃の状況で強化すべき部分が多い。逆に言えば私たちは欠点が多い。そのような短所を取り除いていけば、より威嚇的なチームになるだろう。もちろんこの2試合では問題点より肯定的な面が多かった」と語った。


【関連記事】
ポーランド代表監督「韓国は日本と違うスタイルだが似ているという感じもある」
韓国ネチズン反応:韓国代表がヨーロッパ遠征2連敗…ポーランドメディア「韓国は日本より弱いチーム」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...