[オフィシャル] パク・チュホ、BVBで背番号なし…UCLメンバーも除外
スポータルコリア




※一部要約

パク・チュホの立場が大幅に下がった。
2017/2018シーズンのドルトムントで背番号も割り当てられず、チャンピオンズリーグのメンバーでも除外された。

UEFAは6日、チャンピオンズリーグに参加するクラブのスカッド登録を発表した。
ドルトムントは死のH組に属してレアル・マドリード、トッテナム・ホットスパー、アポエルと激突する。

発表されたメンバーにパク・チュホの名前はなかった。
チャンピオンズリーグでメンバー外なのはある程度予想されたことだった。

ピーター・ボス監督の構想からも完全に外れた。
ドルトムントが公式HPで発表した今シーズンの1軍選手団で、パク・チュホは背番号を割り当てられなかった。
さらにドイツの移籍専門メディア"トランスファーマルクト"は、パク・チュホをドルトムント2軍に分類した。





スポンサーリンク
楽天





パク・チュホ移籍、まだ終わってない
フットボールリスト




※一部要約

パク・チュホはヨーロッパの移籍市場が閉まった9月1日までに、ボルシア・ドルトムントを去らなかった。
ヨーロッパ内の移籍を念頭に置いて様々なチームと交渉したが、合意には至らなかったことがわかった。
だがまだすべての可能性が閉じられたわけではない。

残留を念頭に置いてないことはないが、まだ移籍する可能性も開かれている。
中東の移籍市場は9月も開かれている。
アジアの移籍市場い詳しいあるエージェントは「中東にもパク・チュホに関心を示したチームがあった」と語った。

パク・チュホは自ら要望して2軍に降りて試合をプレーするなど、出場に喉が渇いていた。
試合感覚をできるだけ引き上げて別の行き先を見つけるという意志が強かった。
なので中東から好条件を提示するチームがあれば、移籍する可能性もある。

2018年6月にはロシアワールドカップが行われる。
パク・チュホはこの大会に参加することが目標だ。
新チームを探すために積極的になるしかない。

残留する可能性もある。
パク・チュホの契約は来年5月までである。
12月になればより良い条件で交渉することもできる。
中東が以前ほどの好条件を提示できない可能性もある。
アジアクォーターを廃止する国が増えている。

ヨーロッパの夏の移籍上は閉まったが、パク・チュホは引き続き悩んでいる。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:ドルトムント監督がパク・チュホの存在すら知らないことが判明して話題に
韓国メディア「ドルトムント監督がパク・チュホの存在すら知らないのはあり得ない」「Jリーグも獲得の計画があった」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...