「ヒディンク監督を望む」…青瓦台に請願+ロウソク集会の動きが出現
スポーツソウル




※一部要約

フース・ヒディンク元サッカー代表監督の指令塔復帰説が提起された中、彼の選任を要請する青瓦台請願まであらわれた。
ネット掲示板には9月9日にロウソク集会までしようという主張が出てきた。

6日、青瓦台HPの"国民の請願および提案"に上ってきた「ヒディンク監督が韓国を望んでます!ワールドカップ代表を引き受けてください」というタイトルの請願に、7日午後8時現在で1300人を超える人が署名した。

オンライン請願をはじめた人は「中国クラブの巨額年俸も拒否したヒディンク監督が、我が国の代表監督について肯定的な意志を表明した理由は、金よりも情緒的な理由が大きいとみられる。絶対にヒディンクを代表の指令塔に迎えなければならない」と主張した。
その文章の他にも、ヒディンク監督の就任を要請する文章が青瓦台の掲示板に多数ある。

ヒディンク監督の国内代理人は6日、「ヒディンク監督は国民が望めば代表監督を再び引き受ける意志がある」と報道、オンラインを中心に世論が沸き立っている。
大韓サッカー協会は「ヒディンク監督が選任される可能性はゼロ」と一蹴した。

一方、いくつかのポータルサイトや有名な掲示板には「9月9日にヒディンク監督を迎えるためのロウソク集会を開こう。赤い悪魔Tシャツを来てきてほしい」という文章まで出てきて話題を呼んでいる。


スポンサーリンク
楽天





シン・テヨン、ヒディンク監督説に「気分はかなり良くない」
アジア経済




※一部要約

シン・テヨンサッカー代表監督が、最近膨らんでいる"ヒディンク監督再就任説"について「(気分は)かなり良くない」と不満をあらわした。

シン監督は7日、JTBCの"ニュースルーム"に出演し、ソン・ソクヒアンカーがヒディンク元監督を再び選任しようという世論がネットを中心に出てきていることについて尋ねると、すぐに「あまり意に介していないが、ワールドカップ本戦進出に成功した帰り道で聞くことになって息苦しかった」と語った。

シン監督はそれとともに「ヒディンク監督は我が国のサッカーの英雄だ。その方の口から出た言葉とは思わない」と語った。

シン監督は続けて「サッカーファン、国民の目には(※試合内容が)息苦しかったことを認める」と率直に語った。
それとともに「勝敗を離れてワールドカップ9回連続進出が目標だった。内容的に残念であっても、本戦進出を優先に考えた。競技力の論難については認める」と語った。

また、シン監督は「もう本戦に進出したので、これまで苦しいと感じてきた部分をスッキリできるよう攻撃的にして、強豪チームとしても闘争力があるようにする」と強調した。

シン監督は"闘争力"について「細かなパスサッカーをして、バックパスより前進パスをメインにした攻撃サッカー」を駆使すると語った。

シン監督は9ヶ月先に迫った来年のワールドカップについては「グループリーグを突破できるよう準備している」と明かした。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:ヒディンク監督、韓国国民が望むなら代表監督を引き受ける用意がある
韓国サッカー人がヒディンク監督側の発言に激怒「礼儀がない」「タダで来ると言っても使うつもりはない」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...