キム・ジンヒョン、鎖骨骨折"手術"代表チーム"不発"・・・代替は"まだ"
フットボールリスト




※一部要約

キム・ジンヒョンが鎖骨骨折の手術で"2015EAFF東アジアカップ"に合流できない。

キム・ジンヒョンは22日、大阪で行われたファジアーノ岡山とのJ2の試合で鎖骨を骨折した。
キム・ジンヒョンは23日午後に手術に入り、正確な回復時期はまだ未知数だ。


スポンサーリンク
楽天





キム・ジンヒョンのマネージメントを担当しているジースポーツのクォン・サンソンチーム長は、"フットボールリスト"との電話通話で「今(午前5時)手術をしていると聞いている。不幸中の幸いで複合骨折ではないが、手術が終わってこそ正確な状況が分かる」と語った。

大韓サッカー協会はキム・ジンヒョンの負傷のニュースを22日当日に聞いた。
大韓サッカー協会のチョ・ジュンホン広報チーム長は「合流できないという事実は認識している。まだ代替選手の選抜は決まってない。決まり次第発表する予定」と明かした。

キム・ジンヒョンの負傷は代表チームにとって悪材料だ。
キム・ジンヒョンは1月のオーストラリアアジアカップで2失点しか許さず、準優勝を牽引した選手だ。

負傷したキム・ジンヒョンはAマッチに11試合出場している。


【関連記事】
韓国ネチズン「東アジア杯は」…セレッソ大阪GKキム・ジンヒョンが鎖骨骨折か


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...