開催国中国とライバル日本、北韓の最終エントリーの構図は?
スポーツ朝鮮




※一部要約

2番目の相手である日本はまだ最終名簿を公開してない。
今大会は2014ブラジルワールドカップで韓国に恥辱をもたらしたハリルホジッチ元アルジェリア監督が日本の指揮棒をとって行う最初の公式大会である。
50人の予備名簿を除いてみると、ハリルホジッチ監督の改革指向がそのままあらわれている。
50人中26人はAマッチ経験の一度もない選手たちだ。
国内ファンに馴染みの人物は今野泰幸と大久保嘉人くらいである。
50人の予備名簿は多様な年齢帯が含まれている。
世代交代よりは、ハリルホジッチ監督のスタイルに合った選手を探すことに注力するものとみられる。
結果よりも内容を見るという意味だ。
シュティーリケ監督は「日本がこの大会を重要だと考えているなら、29日にJリーグをしてないだろう。日本はおそらく今大会を準備する時間が最も足りないだろう」と分析した。


スポンサーリンク
楽天





5日の韓日戦、"宿敵"を前に韓・日の温度差
日刊スポーツ

20150721060117.jpg


※一部要約

"宿敵"。

韓国サッカーで韓日戦が持つ意味を象徴している。
歴史・政治的に絡まっている両国関係の特殊性は、"韓日戦"というコンテンツを豊かで格別にしてきた。
決して負けてはいけない日本との対決は、常に栄光と傷を残す。
勝利がもたらす栄光は大きいが、反対給付で敗北したときの打撃も計り知れない。
東アジアカップで2年ぶりに実現する韓日戦に視線が集まる理由だ。
だが韓日戦を控えた両国の雰囲気はまったく違う。

韓国は意欲が溢れている。
東アジアカップが話題に上がるたびに、フォーカスは韓日戦に集中する。
シュティーリケ監督が最も多く受けた質問も、韓日戦に関することなどだった。
"韓日戦の意味を分かっているか"、"韓日戦をどのように準備するのか"が代表的だ。
シュティーリケ監督はそれに対して「サッカーでは過去の復讐心で試合に臨めば、チームの哲学や色を失うことになる」と強調した。

だがシュティーリケ監督も韓日戦の重要性と、それにともなう重みもよく分かっている。
最近の戦績で日本に後れを取っているだけに、今回の韓日戦の勝利で雰囲気を反転させなければならないという責任感もある。
韓国は日本との歴代戦績で40勝22分け14敗でリードしているが、2010年に埼玉で行われた評価試合以降5年間勝利がない。
最近の4試合で2分け2敗、それも引き分けのうち一つはPK戦で敗れた。
韓日戦に刃を抱えている理由である。


20150721060117a.jpg


一方の日本は静かだ。
東アジアカップを前にした日本メディアの関心は、"韓日戦"ではなくハリルホジッチ監督に集中している。
就任後、徹底して苛酷な練習で日本代表チームを建て直しているハリルホジッチ監督が、23日の最終名簿発表でどんな選手を抜擢するのかが最大の関心事である。
"ハリルジャパン"の構成に神経を集中している日本は、全体的に韓日戦に大きな関心がない雰囲気だ。

むしろ韓国が日本を過度に警戒しているとして、"ハリルホジッチ効果"に注目している。
東京スポーツは17日、「韓国は2015アジアカップ準優勝以降無敗行進を走っていて、東アジアカップにも意欲的だ。だが意外にハリルホジッチとの初対決に怖気づいている様子」だと報じ、その理由をハリルホジッチ監督に求めた。
2014ブラジルワールドカップ当時、アルジェリア監督として韓国に完敗をもたらしたハリルホジッチ監督の存在感のためだということである。
それでも東京スポーツは「韓国は"最強のライバル"だ」と警戒を緩めていない雰囲気だ。


【関連記事】
【東アジア杯】初めての韓日戦に臨む韓国シュティーリケ監督「日本はどのチームよりも準備期間が足りないだろう」
【東アジア杯】韓国ネチズン反応…韓国代表の23人を発表、キム・シヌク初抜擢・Jリーガー6人

ハリルホジッチ 勝利のスパイラルハリルホジッチ 勝利のスパイラル
ローラン・ジャウィ,リオネル・ロッソ,楜澤美香

日本文芸社 2015-07-29
売り上げランキング : 219190

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...