[ウズベク戦ライブ] 峠を越えた"正答マン"キム・ジンヒョンも「優勝したい」
フットボールリスト




※要旨

「3・4位戦の気分を感じたくない」

大きな峠を越えるとすぐに選手が率直に吐露した。
22日、メルボルンで行われたウズベキスタンとの2015アジアカップ8強戦に延長の末に2-0で勝利した韓国選手の言葉だ。

この日、延長前半14分に相手DFのボールを奪ってソン・フンミンの決勝ゴールをアシストしたキム・ジンスは、ニューカッスルには行きたくないと断固として言った。
ニューカッスルに行くというのは3・4位戦を行うという意味である。
韓国は4強戦をシドニーで行うが、ここで勝てば再びシドニーで決勝戦を行う。

「こういう大きな大会で3・4位戦をしたことはないが、学生時代にそのような試合をしたことがある。そのときは物足りなさが大きく押し寄せてきた。この大会の主人公になるために来た。脇役になるためではない」


スポンサーリンク
楽天





サイド攻撃手として競技場全体を走ったイ・グノも同じ考えだった。
4強で会うかもしれない強豪イランについても特別な意味を与えなかった。
自信である。
彼は「イランに会うときが来た」と笑い、「決勝に行かなければならない」と言った。

粘り強い守備で韓国のアジアカップ4試合連続無失点を牽引しているクァク・テフィは「こうして勝つほどチームは強くなる」と自信を見せた。
試合のMVPに選ばれたクァク・テフィは「ずっとこうして行けば優勝まで行けると思う」と語った。

できるだけ本音を出さないGKキム・ジンヒョンも率直に明かした。
彼は「高校以降で優勝したことはただの1度もない」として、「本当に優勝したい。優勝するために努力する」と淡い笑顔を見せた。

負ければ家に帰らなければならないトーナメントラウンドを前にかなり緊張していた選手は、峠を越えるとすぐに心の荷物を減らして少し正直になった。
結果である程度認められたので、胸にしまっていたことを話すことができた。

選手は普段とは異なり長いインタビューも拒まなかった。
先にバスに乗ったシン・テヨンコーチが「もう行こう」と大声を出すまでインタビューに応じた。
勝利に対する喜びをあえて隠さなかった。



【関連記事】
国ネチズン「チャ・ドゥリ最高!」…韓国が延長の死闘の末にウズベクを下して4強進出

正直売れたい。-BLマンガ家天城れのの必死屋DAYS正直売れたい。-BLマンガ家天城れのの必死屋DAYS
天城 れの

リブレ出版

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...