"負傷"チ・ドンウォン「2週間後に復帰の見通し」・・1軍デビュー戦を行うだろうか?
スターニュース




※要旨

"韓半島フスキ"チ・ドンウォンが約半月後にはグラウンドに復帰できる見通しだ。

チ・ドンウォンのエージェント社であるC2グローバルのチュ・ヨング理事は25日、「チ・ドンウォンは現在負傷の治療中だ。約1~2週間後には試合に出られるものとみられる。リハビリに集中している」と明かした。

チ・ドンウォンはブラジルワールドカップ後の7月にドルトムントに合流した。
背番号23とともに夢に描いてきた"蜜蜂のユニフォーム"を受けた。
その後彼はチームに順調に適応し始めた。

8月に行われたラッパーズウィル-ジョナ(スイス4部リーグ)とのプレシーズンでは2ゴールを放ってクロップ監督への挨拶の実績を受けた。
続けてリバプールでの親善試合でも後半に交代投入されてアンフィールドを踏んだ。
だが開幕戦を前にして影が迫ってきた。


スポンサーリンク
楽天





8月中旬の練習中に左のハムストリングを負傷したのだ。
当時、治療に4週間かかると診断された。
結局彼はリーグ開幕戦とチャンピオンズリーグのエントリーに名前を載せることもできなかった。

その後治療に専念していたチ・ドンウォンは9月末から再び2軍の試合に出て試合勘を引き上げた。
だが再び不運が彼に押し寄せてきた。
先月26日、23歳以下のチームの試合中に膝を負傷した。
当時、現地メディアでは回復に最低3週間ほどかかると報じた。
だが負傷の回復に少し時間がかかっている状況だ。

チ・ドンウォンはまだドルトムントで公式デビュー戦を行えていない。
だがコンディションさえ上げれば明らかにチャンスはある。

ドルトムントは12ラウンドを行った現在、3勝2分け7敗と振るわない。
18チーム中16位である。
また、ロイスが右足首の負傷で今年はもうプレーできない。
オーバメヤンが4ゴールを決めてチーム内得点1位となっている。
チャンスを最大限に与えることで知られているクロップ監督の指向を見たとき、チ・ドンウォンにもチャンスは来るだろう。

また、チ・ドンウォンの復活は最近ストライカー資源が不足している韓国代表チームにとっても必要だ。
チ・ドンウォンがブンデスリーガの冬の休息期前に黄色いユニフォームを着て1軍の舞台を踏むことはできるだろうか。



合理的なのに愚かな戦略合理的なのに愚かな戦略
ルディー和子

日本実業出版社
売り上げランキング : 315

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...