"FA"イ・スンウ、ドイツ-スイス-韓国行きに関心なし…"ひとえにスペイン復帰のみ"
スポータルコリア



※一部要約

スペインメディアのスポルトは26日、「イ・スンウが最近シントトロイデンと契約解除した。様々なところからラブコールが来たが、本人はスペイン復帰を望んでいる」と伝えた。

イ・スンウは一時、バルセロナの未来に挙げられていた。
バルセロナユースの"ラ・マシア"でものすごい活躍を繰り広げ、スペイン現地ではリオネル・メッシの後継者になるという評価もあった。
だがバルセロナの幼少年獲得規定の違反による1年出場停止の懲戒で困難に陥った。
それを起点に技量が急落した。

結局、2017年夏の移籍市場でセリエAのエラス・ヴェローナに去った。
そこでも同じだった。
43試合2ゴールという記録だけを残したまま、2019年にベルギーのシントトロイデンのユニフォームを着た。
それでも反転はなく、最近相互合意の下で契約解除した。

自由契約になったイ・スンウ。
スポルトの報道によるとドイツ、スイス、韓国からラブコールがさっ到している。
さらにベトナムチームのハノイもイ・スンウを狙っているという報道が出てきた。
イ・スンウは上記のチームにまったく関心がない。
ひたすらスペイン復帰だけを目標にしている。

スポルトは「イ・スンウはドイツ、スイス、韓国からオファーを受けたが彼の望みはラ・マシアで活躍したスペインに復帰することだ。自分が成長したところに戻ることを願っている」と説明した。

だがイ・スンウに向けられたスペインチームの関心は微々たるものである。
なにしろ見せたものがないため、快く獲得するのが難しいのだ。
イ・スンウはかなり難しい選択をしなければならない状況に置かれた。



ボルドー監督「ファン・ウィジョまだ100%じゃない、無理させない」
ニュース1



※一部要約

フランスリーグアンのジロンダン・ボルドーの司令塔がFWファン・ウィジョの復帰を急がないと伝えた。

27日、フランスメディアのレキップによると、ウラジミール・ペトコビッチ監督はブレスト戦を控えて行われた記者会見で、ファン・ウィジョの体の状態に関する質問に「まだ100%じゃない」と語った。

足首とハムストリングの負傷でリーグ4試合連続で欠場したファン・ウィジョは、最近コンディションを引き上げてチーム練習に合流した。

ファン・ウィジョは負傷の余波で3週近く離脱し、"ベント号"の2022カタールワールドカップアジア地区最終予選の6・7次戦リストからも除外されていた。



第2の"江蘇"事態?恒大、広州FCの売約を推進するか?
MHNスポーツ



※一部要約

中国の建設企業エバーグランデ(恒大)が"2兆2400億ウォン"を投じて建設した競技場を売却した。

26日、英国メディアのロイター通信は広州エバーグランデが"財務的な問題"でクラブの競技場を売却したと伝えた。

メディアは「エバーグランデ(恒大)グループは300万ドル(353兆ウォン)にあたる債務償還のため、事業を一つ二つ整理している。わずか一ヶ月前に核心事業に挙げていた電気自動車部門の一部持ち株の売却を検討しており、メディア業者であるホントンネットワークの持ち株すべて(18%)を売却した」と伝えた。

企業体を越えて今ではサッカーチームにも恒大の魔の手が伸びている。
メディアは「恒大は競技場を売却する計画であり、他に引き取り手がいなければ国有企業である広州市建設投資グループを通じて売却する方針」と伝えた。



新チームを探す"コリアンメッシ"イ・スンウ、Kリーグクラブは「関心なし」
インサイト



※一部要約

"コリアンメッシ"イ・スンウがシントトロイデンVVと契約解除した。
自然と国内復帰への可能性も再び提起されている。

伝えられたところによると、イ・スンウの今後の行き先はMLS、Jリーグ、Kリーグ、中東などが予想されている。

最大のイシューはイ・スンウの国内復帰の可否だ。
先だってイ・スンウは今年はじめにも水原三星や全北現代など、Kリーグの一部のチームの獲得考慮対象に上がったと伝えられた。

だが状況は変わった。
イ・スンウの年俸条件などに合わせられるクラブは現在、イ・スンウ獲得にあまり関心を示していないという。

全北のペク・スングォン団長は「イ・スンウ獲得の計画はない。イ・スンウ側から連絡もなかった」とメディアに伝えた。
蔚山現代の関係者もやはり「まったく関心がない」と答えた。

水原三星の関係者は「まだ具体的なことはない。イ・スンウ側からオファーすれば交渉に応じるつもりはある。だが我々が先にオファーしたことはない」とメディアに答えたという。

一方、イ・スンウの年俸はシントトロイデン移籍当時に80万ユーロ(約10億6700万ウォン)相当である。
高年俸者という点もイ・スンウのKリーグ行きの障害物として作用している。





[オ・ジェソクインタビュー②] 「キム・ヨングォンに仁川に来いと言ったけど」…市民クラブ最高の目標は"ACL"
スポータルコリア



※一部要約

オ・ジェソクの究極的な目標はチームのAFCチャンピオンズリーグ進出だ。
仁川のファイナルA、ACL進出のために冗談っぽく親しい同僚に移籍をオファーしたりもする。

これまでの仁川の成績や現在の選手構成を考えれば、今のところACL進出が難しいのは事実である。
だがオ・ジェソクはACL進出が漠然とした夢だとは思っていない。
市民クラブの大邸FCがやってきたように、順々に段階を踏めば可能だと見ている。

今シーズンの反転の信号弾をキッカケにファイナルAへ進出し、FAカップで優勝まですれば、競争力のあるチームになると堅く信じている。
オ・ジェソクは自分の引退前、仁川が"アジアの舞台"で走る姿を夢見ている。


─ACL進出に挫折した。サッカー専門ユーチューブチャンネルのインタビューでク・ジャチョルを誘っていると話していた。獲得はやや難しそうになったが。

最近は話をしていない。チームの反転がそんなに急激にはあり得ないとわかっている。ACLに出れば良い選手を簡単に獲得しただろう。しかし選手が今後そういう形で仁川に来れば、本人にとって仁川に来たかったのかACLに出たかったのかが混同されるのではないか。そういう部分を考えると、チームがどの部隊に向かうのかを問い詰めるより、このチームに愛情を持って戦う選手が来たほうが良いという気がしている。良い選手が来ることを待っている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング