チョン・ウヨン、帰国の航空機内に確診者発生で隔離措置…チュ・セジョン代替抜擢
MKスポーツ



※一部要約

サッカー代表MFチョン・ウヨンが入国の航空機内で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の確診者発生でサッカー代表の合流が不発となった。

大韓サッカー協会は30日、「チョン・ウヨンが23日に帰国した航空機の同乗客の中からコロナ19確診者が発生した」として、「チョン・ウヨンはそれに伴い来月6日まで自己隔離の措置となる」と明かした。

大韓サッカー協会はチョン・ウヨンの突然の合流不発で、チュ・セジョン(31、ガンバ大阪)を急遽代替抜擢した。

一方、サッカー代表はこの日から坡州NFCに招集され、2日にソウルワールドカップ競技場で行われるイラクとの最終予選1次戦の準備に突入する。



"このクラブは選手をタダであげます"…イ・ガンインを収益なしで送り出したバレンシア
エクスポーツニュース



※一部要約

イ・ガンインに1100億ウォンのバイアウトをつけていたバレンシアが、何の移籍金収益もなしにイ・ガンインとの契約を解除した。

イ・ガンインはバレンシアを去り、別のラ・リーガチームであるマジョルカに到着して入団する予定だ。
29日午前に彼はマジョルカに到着してメディカルを進める。

メディアによると、当初バレンシアはイ・ガンインの移籍時に移籍クラブとの契約で、今後の移籍時に移籍金の一部が支給される"セルオン"条項を入れることを望んだ。
今後の経済的な補償のための決定だった。

マジョルカがこれを受け入れて10%から20%の間でセルオン条項を入れた。
セルオン条項はイ・ガンインが10年間いたクラブを去る美しい方法だとみられた。
8000万ユーロ(約1100億ウォン)のバイアウト移籍金を回収するための条項でもあった。

だがマジョルカ側の関係者によると、バレンシアが要求したセルオン条項は交渉の過程でなくなった。
バレンシアが一方的にイ・ガンインとの契約を解除し、イ・ガンインにもうセルオン条項をつける名分がなくなった。
バレンシアは早くブラジルFWマルコス・アンドレを登録するためにイ・ガンインを放り出さなければなず、結局理解し難い決定をした。

自分がイ・ガンインを直々に育てて8000万ユーロの値段をつけたバレンシアは、わずか一銭の移籍金収益も得られずに有望な資源を逃した。
ダニ・パレホやフランシス・コクランも安値で地元のライバルのビジャレアルに渡し、別の有望株フェラン・トーレスも少ない移籍金でマンチェスター・シティに渡したバレンシアは、今度は最初からタダで有望株を渡してバレンシアファンから非常に多くの批判を受けることになった。



蔚山FWヒンテルゼーア、ドイツ復帰…ハノーファー行き迫る
スポーツ東亜



※一部要約

Kリーグ1の蔚山現代の外国人FWルーカス・ヒンテルゼーア(オーストリア)がヨーロッパの舞台に戻る。
新たな行き先はドイツ・ブンデスリーガ2のハノーファー96と伝えられた。

ホン・ミョンボ蔚山監督は29日、仁川ユナイテッドとのKリーグ1・2021の28ラウンドホーム試合に先立だって行われた事前記者会見で、「ヒンテルゼーアがドイツに戻る。クラブ間の合意は終わってメディカルテストが進行中」と状況を伝えた。

オーストリア生まれのヒンテルゼーアはインスブルック、FCルステナウ、ファースト・ヴィエナFC(以上オーストリア)を経てドイツに移動、2015~2016シーズンからブンデスリーガの舞台を走った。
特に2017~2018シーズンにはボーフムのユニフォームを着て2シーズン活躍した。



イ・スンウリスト除外…シントトロイデン、3連敗脱してシーズン2勝目
聯合ニュース



※一部要約

ベルギープロサッカーのシントトロイデンのイ・スンウがリストから除外された中で、チームは3連敗から脱した。

イ・スンウは29日、ベルギー・ブルージュのヤン・ブレイデルスタディオンで行われたセルクル・ブルージュとのジュピラーリーグ6ラウンド遠征試合のリストに含まれなかった。

今シーズンの1~2ラウンドをベンチで待機し、3~4ラウンドでリストから外れたイ・スンウはコルトレイクとの5ラウンドでも交代リストに名前を上げただけでグラウンドを踏めなかった。

そして6ラウンドでは再びリストから除外され、今シーズン開幕から1試合も出場できなかった。

シーズン6試合で2勝1分け3敗を記録したシントトロイデンは18チーム中12位(勝ち点7)に位置した。



イ・ガンイン、マジョルカに行く…29日メディカルテスト予定
ゴールドットコム



※一部要約

イ・ガンインの去就が決まった。
大きな変数がなければマジョルカのユニフォームを着ることになる。

イ・ガンインは27日、プリメーラリーガ公式HPのバレンシア選手リストから外された。
その後もマジョルカやウォルヴァーハンプトンとの交渉が続いて最後に結論が出た。
自由契約移籍であり最終的にな行き先はマジョルカだ。

バレンシアのニュースに精通しているゴルスメディアのエクトル・ゴメス記者とカデナセール・バレンシアによると、イ・ガンインは29日にマジョルカ行きの飛行機に搭乗する。
残っているのはメディカルテストと契約の仕上げである。
すべての手続が無事終わればすぐ公式発表が出るとみられる。

イ・ガンインとマジョルカの契約が完了すれば、14日のアスレチック・ビルバオとのアウェイ試合でデビュー戦を期待することができる。
すでにリーグ3ラウンドを行ったマジョルカは代表戦の間に2週間の休息を取る。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング