メキシコに強い韓国、韓日戦を避けたのは幸い
エクスポーツニュース



※一部要約

大韓民国オリンピックサッカー代表は28日、横浜国際総合競技場で行われたホンジュラスとの2020東京オリンピック男子サッカーB組最終戦に6-0で大勝した。

キム・ハクボム号は1次戦でニュージーランドに衝撃負けを喫した余波をすぐに鎮めて2次戦のルーマニア戦に4-0勝ち、そして6-0の完勝を導いて3試合で10ゴールの得点力を誇示した。
得点力の発揮に成功した代表は8強でB組2位(※A組の間違い)になったメキシコを相手にする。

メキシコは韓国と今回で何と6回目の出会いだ。
1948ロンドンオリンピックでメキシコと初めて会った代表は1996アトランタ、2004アテネ、2012ロンドン、2016リオに続いて東京で6回目のオリンピックの対決を行う。
特に今回の対決は最初のオリンピックトーナメントの舞台での対決である。



現在の状態なら日本よりメキシコのほうが良い相手だ。
現在の日本は南アフリカとの初戦を除けばメキシコ戦で2-1勝ち、フランスに4-0で完勝して雰囲気をさらに引き上げている。

開催国として自国内で受ける期待や少しの利点を考慮すれば、むしろ韓日戦で今会わないことは幸いかもしれない。
我々が4強に進出すればブラジル・エジプト戦の勝者と会うことになり、日本はスペイン・コートジボワール戦の勝者と会う。



男子サッカー8強で韓日戦はない…日本、フランスに勝ってA組1位で8強行き
スポーツ京郷



※一部要約

8強で韓日戦はない。
韓国の8強の相手はメキシコに決まった。

日本は28日、日本の横浜国際競技場で行われた2020東京オリンピックのグループリーグB組最終戦のフランス戦に3-0(※4-0の間違い)の完勝をおさめ、3連勝のグループ1位で8強に進出した。
日本がグループ1位で進出し、韓国は31日午後8時に8強でA組2位と一勝負を繰り広げることになった。
メキシコはこの日、南アフリカを4-0(※3-0の間違い)で制圧して2勝1敗、グループ2位で8強に進出した。

前半27分に久保建英が先制ゴールを炸裂させて機先を制した。
その後、フランスを圧倒し始めた日本は前半34分に酒井宏樹の追加ゴールまで炸裂して勝機を掴んだ。

前半を2-0で終えた日本は後半に入って安定的に試合を運営し、フランスに反撃の機会を与えなかった。

日本の次の相手はB組2位のニュージーランドだ。
日本とニュージーランドの8強戦は31日午後6時にカシマスタジアムで繰り広げられる。



"3ゴール爆発"ファン・ウィジョ、ソン・フンミン泣かせたホンジュラスに痛快な復讐劇
MKスポーツ



※一部要約

オリンピックサッカー代表のFWファン・ウィジョが5年前に親しいソン・フンミンに大きな痛みを与えたホンジュラスにゴール爆竹とともに仕返しした。

キム・ハクボム監督が率いる大韓民国オリンピックサッカー代表は28日、日本インターナショナル横浜スタジアムで行われた2020東京オリンピックサッカーのグループリーグB組3次戦のホンジュラスとの試合で6-0の完勝をおさめた。

韓国はこの日の試合でグループリーグ2勝1敗を記録、B組1位で8強進出に成功した。
2012ロンドンオリンピック、2016リオオリンピックに続いて3大会連続でトーナメント進出だ。

韓国は2016リオオリンピック8強でホンジュラスと会って0-1で敗れた辛い記憶がある。
一貫して試合を圧倒したがカウンター一発に崩れて頭を下げた。
当時、ワイルドカードでリオオリンピックに参加したソン・フンミンは準決勝進出失敗後に涙を流して多くのサッカーファンの胸を痛ませた。

韓国は5年ぶりに訪れた雪辱の機会を逃さなかった。
ファン・ウィジョは同年齢の友人ソン・フンミンを泣かせたホンジュラスに敗北の痛みを数倍にして返した。



キム・ハクボム号、グループ1位で8強行き…31日8時に横浜で試合
ニュース1



※一部要約

2020東京オリンピック男子サッカーのグループリーグを1位で突破したキム・ハクボム号は、31日夜8時に横浜で8強戦を行う。
相手は北中米の強豪メキシコが有力だ。

キム・ハクボム監督が率いる韓国サッカー代表は28日午後、横浜国際総合競技場で行われた東京オリンピックB組最終戦のホンジュラスとの3試合目を6-0で勝った。

2勝1敗になった韓国は同組の他チームの結果に関係なくB組1位となり、8強のパートナーはA組2位に決まった。

A組はこの日の夜8時30分に一斉に3次戦を行う。
日本-フランス、メキシコ-南アフリカの試合が残っている。
現在、開催国の日本が勝ち点6でA組1位に上がっている。

もし韓日戦が実現すれば2012年のロンドンオリンピック大会以降、9年ぶりにオリンピックサッカー代表の対決が繰り広げられる。
韓国は当時、銅メダル決定戦で実現した韓日戦でパク・チュヨンとク・ジャチョルの連続ゴールによって2-0で勝った。



[シン・テヨン神の一手] "リオの復讐決戦"ホンジュラスを手荒く扱え
中央日報



※一部要約

雰囲気は変えた。
韓国サッカー代表が25日、東京オリンピックのグループリーグB組2次戦でルーマニアを4-0で大破した。
大勝のおかげで選手は自信がついたはずだ。

先の1次戦(ニュージーランドに0-1負け)では、相手が5バックで引いてくるとは予測できていなかったようだ。
2次戦ではしっかり準備した。
キム・ハクボム号が最も上手くやるプレスとサイドのスピードを見せた。

ルーマニアは足が遅い方だったし、サイドアタッカーのイ・ドンジュンが速い突破でオウンゴールを引き出した。
左右のSBの攻撃加担も良かった。
ソル・ヨンウはPKを取ったし、カン・ユンソンはアシストを記録した。
現代サッカーでは左右のSBが高い位置まで上がってこそ数的争いで勝てる。
MFのチョン・スンウォンは狂ったように走り回って活力を吹き込んだ。

監督にとってはグループリーグ1次戦の敗北が最も苦しい。
キム・ハクボム監督には2次戦を前に平然としていてほしいと思っていた。
選手は食事のときも監督の顔をまず見る。
写真を見ると経験豊富な監督らしく明るく笑っておられた。
そのような努力が流れを変えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング