"依然として選抜に難関"代表、6月のワールドカップ予選は"完全体"可能か
フットボールリスト



※一部要約

コロナ19時局で選手の選抜が難しいというのは3月の韓日戦でしっかり確認した。
最高の戦力を稼働させなければならない6月のワールドカップ予選でもやはり難関が残っている。

代表は6月3日から15日まで2022カタールワールドカップアジア2次予選H組の4試合を行う。
グループ1位になってこそ安定的にワールドカップ3次予選進出とアジアカップ本戦進出を同時に達成できるが、韓国は現在グループ2位である。
グループ1位のトルクメニスタンより1試合消化していないので1位登極を憂慮する状況ではないが、最上のメンバー構成が必要だ。
実戦を4試合も行うという点で選出メンバーが組織力を大きく引き上げる機会であるため、戦力強化の側面でも主戦をほぼ選出する必要がある。

大韓サッカー協会はやや性急に推進した3月25日の韓日戦で、主戦級選手の選抜を日本よりも少なくして0-3の惨敗を喫した。
負傷で外れた選手を除いてもファン・ヒチャンやファン・ウィジョらヨーロッパ組FWや、キム・ミンジェらアジアでプレーする守備資源が離脱しているチームだった。



[単独] キ・ソンヨンの"投機疑惑"…EPLでプレーしているときに26億で農地買い入れ
韓国日報



※一部要約

プロサッカーFCソウルの主将キ・ソンヨンが2016年にイングランド・プレミアリーグの選手として活動していた当時、数十億ウォンを投じて光州のある民間公園の特例事業敷地内外の農地を大量に買い入れていることが明らかとなり、警察が捜査している。
キ・ソンヨン側は「キ・ソンヨンの名前を冠するサッカーセンターを作りために買っておいた」と釈明したが、警察は投機目的で土地を買い入れた可能性も見ている。

光州警察庁不動産投機特別捜査隊は21日、キ・ソンヨンと父親のキ・ヨンオク元光州FC団長が農地経営の計画書を偽って作成、西区金湖洞一帯の農地を取得した嫌疑(農地法違反)で捜査中だと明かした。
警察はキ・ソンヨンが買い入れた土地がクレーン車両の車庫などに不法転用され、無断で形質変更まで行われていた事実も確認した。



警察等によるとキ・ソンヨンは2016年7月~11月の4回のかけて7773㎡(約2351坪)を26億9512万ウォンで買い入れた。
キ・ソンヨンは先に2015年7月と11月にもこの一帯の4つの雑種地4661㎡(約1409坪)を18億9150万ウォンで買い入れている。
キ元団長も2015年7月に近隣の2つの田んぼ3008㎡(約909坪)を12億9015万ウォンで買った。
彼ら父子が農地などを買い入れるのに注ぎ込んだ金は58億7677万ウォンである。





キム・ハクボム号、最上の組分け…ホンジュラス-ニュージーランド-ルーマニアとB組
イーデイリー



※一部要約

キム・ハクボム監督が率いるオリンピックサッカー代表が東京オリンピック本戦で最高の組分けになった。

韓国は21日、スイス・チューリッヒにあるFIFA本部で行われた2020東京オリンピックサッカーの組分け抽選の結果、ホンジュラス・ニュージーランド・ルーマニアとB組みに属した。
当初に期待していた最上の組分けと言っても過言ではない。





「バレンシア、モウリーニョ監督と接触」西メディア…イ・ガンインと同じ釜の飯の可能性
OSEN



※一部要約

ジョゼ・モウリーニョ監督がイ・ガンインの師匠になる可能性が提起された。

チームトークは20日、「スペイン・プリメーラリーガのバレンシアがジョゼ・モウリーニョ監督と接触した。モウリーニョ監督はトッテナムから更迭されたが、すぐに現役復帰する可能性が高い」と報じた。

モウリーニョ監督は更迭された後、「私は常にサッカー界にいる。休息は必要ない」と監督生活を続けるという意志を隠さなかった。

スペイン現地メディアは「モウリーニョ監督が1年5ヶ月でトッテナムを去った。トッテナムは今シーズンのヨーロッパリーグとFAカップから脱落した。リーグでの成績もあまり良くない。だがモウリーニョ監督は近いうちに復帰できるものとみられる」として、「バレンシアのクラブオーナーであるピーター・リムがモウリーニョの合流を狙っている。ピーター・リムはモウリーニョ監督がレアル・マドリードを指導していたときから知り合いでよく付き合っているという」と説明した。

もしモウリーニョ監督がバレンシアに合流することになれば、ソン・フンミンに続いてイ・ガンインを指導することになる。
イ・ガンインはグラシア監督の不安定な出場機会付与に不満がいっぱいだ。
バレンシア残留の意志がない。
もしモウリーニョ監督が就任するなら、新たな反転の機会を持つ可能性も十分である。



キム・ハクボム号の運命は…21日東京オリンピック組み合わせ抽選
NEWSIS



※一部要約

2012ロンドンオリンピックの銅メダル以降、再び入賞を狙う韓国サッカーの運命を21日に占うことができる。

FIFAが21日にスイス・チューリッヒで2020東京オリンピックの組み合わせ抽選を行う。

16ヶ国が出場する男子サッカーでは開催国の日本、南米の強豪ブラジルとアルゼンチンが1番ポットに属した。

合計4つのポットに分けられてグループを割り当てるので、ひとまず日本・ブラジル・アルゼンチンとはグループリーグで会わない。

グループ編成の原則によると、同大陸連盟の所属国とは同組に入れない。

韓国サッカーはホン・ミョンボ監督が指揮棒を取ったロンドンオリンピックで開催国の英国や日本などを制圧し、オリンピック史上初の銅メダルを首にかけた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング