プロ連盟「観客がコロナ19確診受けてもリーグ中断なし」
フットボールリスト



※一部要約

Kリーグが制限的な有観客に切り替える中で、競技場を訪れた観客がコロナ19の確診を受けてリーグ中断はない。

韓国プロサッカー連盟は、8月1日から始まる制限的観客入場を前に配布した、新型コロナウイルス感染症対応マニュアルに関するブリーフィングを28日に開催した。

連盟はアウェイ応援席を運営しない条件で、競技場全体の観客収容人員の10%以内で観客入場を許容すると発表した。
これに関して連盟は「公式にはアウェイ席を運営しない。だがアウェイのファンが認められた座席に個人的に入場して、アウェイチームを応援することまで防ぐのは不可能だ。アウェイ席を開放しないのは、集団行動を防ぐため」と説明した。

連盟は「入場時やトイレを利用するときも1メートル以上の間隔維持が必須である。底面に印をつける予定だ。10%の観客を狭いスペースに密集させていれば意味がない。アウェイ席を除き、できるだけ広いスペースを活用して観客を分散させてほしいとクラブ側に要請した」と語った。

連盟はKリーグ開幕前に"Kリーグコロナ19対応マニュアル"で、選手団に有症状者および確診者発生時の対応方法などが入った事項を案内したことがある。
選手の中から有症状者が出てくれば直ちに隔離措置の後で診断検査を受けることになり、検査結果で陰性なら隔離解除され、陽性なら確定患者との接触者は最低2週間の自宅隔離となる。
接触者の範囲に当たるチームの試合は最低2週以上順延され、疫学調査官の調査結果によって連盟が日程再開時を決めることになる。
ただし、観客がコロナ19の確診を受けた場合は、中断措置が取られない。
連盟は「競技場を訪れた観客がコロナ19の確診を受けても、リーグは中断されない」と明かした。



[単独] キ・ソンヨンのエージェント"詐称"摘発…告訴直前のハプニングで終わりそう
スポーツ朝鮮



※一部要約

"エージェント詐称に騙されないでください"

最近、キ・ソンヨンのエージェントを詐称する"事件"が起きたことが明らかとなった。

この件は刑事告発直前に真相が確認され、ハプニングで終わる見通しだ。
キ・ソンヨンのエージェント社側が、大乗的な次元で詐称行為者をひとまず善処することにしたためである。

だが、あるサッカーファンの詐称行為で"フェイクニュース"が広がり、多くのサッカーファンとサッカー界の市場秩序が混乱に陥ったという点で苦さを残した。

事件の顛末はこうだ。
キ・ソンヨンのエージェント社であるシーツーグローバルは最近、偶然に偽エージェントS氏のオンライン詐称行為を知ることになった。
キ・ソンヨンが大きな関心の中で、FCソウル復帰入団を終える頃だった。
オンライン上でキ・ソンヨンの契約条件に関するフェイクニュースが広がっており、周囲の知人からフェイクニュースの真偽を尋ねる問い合わせが相次いだりもした。
当初は単なるイタズラだと思ったという。

だがS氏が自身の個人SNSなどに残したメッセージや各種オンライン活動を点検した結果、事態の深刻性に驚いた。



"ナルガンド(※「ロナウド+強盗or厚かましい人」の合成語)ノーショー事件もう1年"非好感の代名詞となったロナウド
OSEN



※一部要約

クリスティアーノ・ロナウドのノーショー(※No Show)事件はすでに1年が過ぎた。

ロナウドは去年7月26日にソウルワールドカップ競技場で行われた、ユベントスと"ハナワンキュー・チームKリーグ"オールスターとの親善試合に欠場してファンの公憤を買った。
当初、契約書には"ロナウドが45分以上出場する"という条項があったが、ロナウドはそれを破って違約金を払うことを選んだ。

ロナウドの姿を見るために上岩を満杯に埋めた韓国ファンは、「ロナウド」を叫んで彼の出場を最後まで期待した。
チームメイトのゴンサロ・イグアインが韓国の観客を見ろとして、ロナウドの出場を薦めたが無視した。
韓国に来る2日前、中国・南京で行った試合で90分のフルタイムをプレーしてきたロナウドは、ついに韓国ファンを無視して欺いた。



"チュ・セジョントレード説"ソウル-水原、「初めて聞きました」
OSEN



※一部要約

「初めて聞きました」-「進めてません」

22日にKリーグは夏の移籍市場を終えた。
移籍市場が締め切られた状況で、22人が登録を済ませた。

自由契約が8人、(※完全)移籍が4人、レンタルが7人、準プロ契約が2人、レンタル復帰が1人である。
22人のうち国内選手は19人、外国人選手は3人である。

移籍市場が締め切られた状況で、思いがけない便りが伝えられた。
FCソウルのMFチュ・セジョンと水原三星の外国人FWクルピッチのトレードが失敗に終わったという便りだった。



"185億"イ・ガンインの市場価値、"411億"久保の半分以下に下落
スポータルコリア



※一部要約

イ・ガンインが久保建英の市場価値の半分にも及ばない状況となった。

"トランスファーマーケット"は23日、一部の選手の市場価値を再調整した。
再調整の対象選手の中には久保もいた。
"トランスファーマーケット"は久保の市場価値を2700万ポンド(約411億ウォン)に上方修正した。
4月8日にコロナ19の影響で1215万ポンド(約185億ウォン)に下落した後、2ヶ月で2倍以上跳ね上がった。

"トランスファーマーケット"による久保の市場価値の再調整は、今シーズンの活躍が反映された結果だった。
久保はマジョルカでシーズン36試合に出て4ゴール5アシストを記録した。
マジョルカは降格したが、久保はレンタル選手の身分でも"エース級"の活躍を繰り広げた。

一方、イ・ガンインは1215万ポンドの市場価値を維持した。
だが今シーズンは低調な活躍で、価値上昇の機会を作れなかった。
また、久保との市場価値も半分に満たなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング