"レアル・マドリードのレジェンド"ラウル、亜舞台攻略のため"久保"指導
OSEN




※一部要約

レアル・マドリードのレジェンドのラウルがアジア舞台攻略のため、久保建英を育てる。

レアル・マドリードは20日、クラブ公式HPで「ラウル・ゴンサレス監督がレアル・マドリード2軍のカスティージャを指導する」と発表した。
ラウル監督は2019-2020シーズンから3部に所属するカスティージャを率いる予定だ。

1994年にレアル・マドリードでデビューしたラウルは、2009-2010シーズンまでレアル・マドリードだけでプレーした。
レアル・マドリードのユニフォームを着て741試合に出場、323ゴールを記録した。
クリスティアーノ・ロナウドより多くプレーした。

レアル・マドリードのレジェンドであるラウルは、特に久保に大きな関心を見せる見通しだ。
アジア舞台進出を狙うレアル・マドリードは、久保を野心的に獲得した。
18歳の年齢だが久保は120万ユーロ(13億ウォン)の年俸を受ける。

マルカは26日、「レアル・マドリードはアジア市場で優れた選手を探している。その選手がまさに久保」として、「まだ正確に決まったことではないが、彼を1軍でプレーできる選手にすることが最も重要なこと」と報じた。

続けて「久保は来夏に行われる東京オリンピックに出て技量を証明する予定」と伝えた。



[現場から] 浦和ファンに占領された蔚山
日刊スポーツ




※一部要約

蔚山現代が日本Jリーグの"名家"浦和レッズに占領された。

蔚山は26日、蔚山文殊サッカー競技場で繰り広げられた2019AFCチャンピオンズリーグ16強2次戦の浦和との試合で、0-3の完敗を喫した。

遠征1次戦で2-1の勝利をおさめていた蔚山だったが、2次戦に0-3で崩れて8強進出に失敗した。

後ろには浦和の遠征ファンがいた。
Jリーグ最高の人気チームらしく、数百人の遠征ファンが蔚山まで訪れた。
試合開始1時間前から狂気じみた応援をして浦和の選手に力を加えた。
彼らは90分ずっと叫び声を止めなかった。
浦和の選手とともに8強進出の喜びも享受した。






[現場REVIEW] 蔚山、ACL16強で脱落…浦和に0-3の衝撃負け
スポTVニュース




※一部要約

浦和遠征で勝利した蔚山現代が、ホームの衝撃負けでAFCチャンピオンズリーグ8強進出に失敗した。

蔚山現代は26日夜、蔚山文殊サッカー競技場で行われた2019AFCチャンピオンズリーグ16強2次戦で、浦和レッドダイヤモンズ(レッズ)に0-3で完敗した。

1次戦の遠征試合に2-1で勝利していた蔚山は、合計1勝1敗の2-4で押されて2018シーズンに続いて16強で苦杯をなめた。




"浦和の勝利に感激"日メディア、「奇跡的な逆転勝ち、2年ぶり8強進出」
OSEN




※一部要約

日本の"スポーツ報知"は「浦和が奇跡の逆転勝ちで突破、2年ぶりに8強進出に成功した」として、「ACLトーナメントで1勝5分け4敗と苦戦していた浦和が、遠征で奇跡的な逆転勝ちを成し遂げた」と感激した。

"サッカーダイジェスト"は「浦和が韓日対決で逆転勝ちを繰り広げ、2年ぶりにACL8強に進出した」と伝え、"フットボールゾーン"は「浦和が韓日戦を制圧して8強に進出した」と強調した。
"スポーツニッポン"は「遠征の3ゴールで逆転しACL8強を成し遂げた」と伝え、"フットボールチャンネル"は「逆転でACL8強行きを成し遂げた」と喜んだ。



監督が電話までして説明…イ・ガンイン、レバンテ移籍有力(西メディア)
インターフットボール




※一部要約

スペイン・バレンシアの地元紙"デポルテ・バレンシア"は25日、"カデナ・コペ"を引用して「イ・ガンインのレバンテ移籍は間もなく実現することもあり得る。移籍の形式はレンタル移籍になるだろう」と報じた。

続けて「レバンテのパコ・ロペス監督がイ・ガンインに直接電話をかけ、来シーズンにイ・ガンインが担う役割について説明したと推定される。イ・ガンインがレバンテに移籍すれば、都市を替える必要もなく家族とずっと暮らせる。また、プレシーズン前に移籍して新しいチームと練習を始めることができる。レバンテ移籍は最高のオプションになるだろう」と付け加えた。

イ・ガンインは今シーズンにバレンシアと1軍契約を結び、U-20ワールドカップに出場して大活躍し、ゴールデンボールまで受賞した。
そのため来シーズンのイ・ガンインの去就が話題に浮上した。

すでに様々なチームがイ・ガンインの獲得を望んでいるというニュースが伝えられた。
このメディアによるとレバンテ、エスパニョール、グラナダ、オサスナなど、多くのチームがイ・ガンインの獲得を問い合わせた。
特にレバンテがイ・ガンインの獲得に強い関心を見せた。

バレンシアもやはり、イ・ガンインの出場時間が保証されるならレンタル移籍にオープンである。
また、別の地元メディアの"プラサ・デポルティーボ"は「バレンシアはレンタルの条件に20試合から25試合を保証することを要求している」と伝えた。



[コパC組③] 日本、エクアドルと1-1で引き分けて脱落…パラグアイ8強行き
スポータルコリア




※一部要約

遅れて発動がかかった日本が、エクアドルと引き分けて8強進出に失敗した。

日本は25日午前8時、ブラジル・ベロ・オリゾンテのミネイロン競技場で行われた2019コパ・アメリカC組3次戦で、中島翔哉の先制ゴールにもかかわらずエクアドルと1-1の引き分けに終わった。
これで2分け1敗の勝ち点2でグループ3位に留まった。
B組3位のパラグアイに得失点差で遅れを取り、8強行きのチケットを逃した。
エクアドルは1分け2敗の勝ち点1で最下位を記録した。


190625100413723a.jpg

190625100413723b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング