[Aマッチ現場レビュー] "ソン・フンミン-ムン・ソンミンゴール"韓国、ホンジュラスに2-0の完勝…ワールドカップ期待感↑
インターフットボール




※一部要約

13年ぶりにAマッチが行われた大邸で、韓国がホンジュラスを下して気持ちの良い勝戦を響かせた。

シン・テヨン監督が率いる韓国サッカー代表は28日午後8時、大邸スタジアムで行われた評価試合でホンジュラス相手に2-0で勝利した。
これで韓国は2018ロシアワールドカップ前に招集されてから行った最初の評価試合で勝利を申告し、気持ち良く第一歩を踏み出した。


20180528215321692a.jpg

20180528215321692b.jpg

20180528215321692c.jpg


[試合結果]
韓国(2):ソン・フンミン(後半14分)、ムン・ソンミン(後半27分)
ホンジュラス(0)



[単独] イ・グノが"実家"蔚山のユニフォームを着る、最終調整だけが残った
スポーツ朝鮮




※一部要約

江原FCのFWイ・グノが5年6ヶ月ぶりに実家チームの蔚山現代のユニフォームを再び着る。

28日、Kリーグの移籍市場の頼りに詳しい複数の関係者は「イ・グノが今夏の移籍市場で蔚山に巣を移す予定だ。蔚山-江原間で移籍形態の最終調整だけが残った」と耳打ちした。

蔚山はクロアチアの名門ディナモ・ザグレブに移籍したオルシャの空白を埋めるため、イ・グノを指名した。
蔚山は今年はじめにもイ・グノの獲得に乗り出していた。
だが江原が20億ウォン以下では絶対イ・グノを移籍させられないという立場を維持し、獲得が失敗に終わったことがあった。

鍵は江原が設定しているバイアウトである。
江原との契約期間が2年残っているイ・グノのバイアウトは100万ドル(約10億ウォン)だ。
江原はバイアウト金額をすべて貰いたい立場である。
一方の蔚山は移籍金交渉を望んでいる。

イ・グノは4年ぶりに再びワールドカップ出場のチャンスを掴んでいたが、予期せぬ負傷でシン・テヨン号の招集初日に落馬した。
だがKBSサッカー解説委員として惜しさを慰めたイ・グノは、今夏蔚山に5年6ヶ月ぶりに復帰、実家チームでサッカー人生の最後を過ごせるようになった。



[現場フォーカス] "ホンジュラス戦除外"キ・ソンヨン-チャン・ヒョンス、ランニングでコンディション調整
スポータルコリア




※一部要約

ホンジュラス戦に出場しないキ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)とチャン・ヒョンス(FC東京)が個人練習を消化した。

韓国は28日午後8時、大邸スタジアムでホンジュラスとKEBハナ銀行招請サッカー代表親善試合を行う。
選手団は27日19時頃、競技場を訪れて体の最終点検をした。

この日、シン・テヨン監督は公式記者会見で「負傷中のキ・ソンヨン、チャン・ヒョンス、キム・ジンス、コンディション乱調を見せたイ・ジェソンはホンジュラス戦のエントリーから外れる」と明かした。

予告した通り、キム・ジンスとイ・ジェソンは練習場に姿をあらわさなかった。
キ・ソンヨン、チャン・ヒョンスは無理しないラインでランニングをした。
ボールを扱う練習からも除外された。

キ・ソンヨン、チャン・ヒョンスはシン・テヨン号の核心だ。
迫る最終23人の乗船が有力である。
より大きな負傷を予防するため、十分な休息で体を作っている。



"アーセナル退任"ベンゲル監督、22年ぶりにJリーグ復帰するか
スポータルコリア




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が日本Jリーグ復帰を悩んでいる。

27日の英国"デイリー・メール"によると、ベンゲル監督はJリーグで指導者生活を続ける方案を考えている。

今シーズンを最後にアーセナルの指揮棒を下ろしたベンゲル監督は、指導者を引退しないと決めた状態である。
なので彼はパリ・サンジェルマンの団長も断り、指揮棒を取る新チームを探している。
ヨーロッパ、アメリカの様々なチームが彼に関心を持っているという話も出てきた。

そんな中でJリーグが浮上した。
Jリーグはベンゲル監督の有力な次期行き先の一つになった。
ベンゲル監督とJリーグとの過去の縁のためである。

"デイリー・メール"はベンゲル監督が適切なオファーを受ければ、Jリーグ行きを決めると予想した。
去年ルーカス・ポドルスキ、そして最近ではアンドレス・イニエスタがJリーグ行きを決めたことも、ベンゲル監督の心を掴む要因にあるという分析だ。
22年前にベンゲル監督が名古屋を率いたときも、ギャリー・リネカーら世界的選手がJリーグで走っていた。



イニエスタ、日神戸ファンに初対面の挨拶…「アジアを征服する」
聯合ニュース




※一部要約

日本Jリーグ・ヴィッセル神戸のユニフォームを着たスペインサッカーのスターであるアンドレス・イニエスタが、日本神戸を訪れてファンに初対面の挨拶をした。

イニエスタは26日、背番号8が書かれた新たなユニフォームを着て、ヴィッセル神戸のホームである神戸ノエビアスタジアムで行われた歓迎式に参加したと日本共同通信などが伝えた。

競技場には8000人以上のファンが訪れ、"レジェンド"の神戸入りを歓迎した。

イニエスタは「(日本進出は)私にとって大きな挑戦」として、「最善を尽くしてチームに貢献する」と語った。

彼はヴィッセル神戸がJリーグで優勝し、可能であればアジアまで征服することを望むと付け加えた。

現在ヴィッセル神戸は15ラウンドが終わったJリーグで6位を走っている。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング