異常更迭風、Kリーグの"監督求職市場"が開かれた
日刊スポーツ




※一部要約

Kリーグクラシックに更迭風が吹き、監督の"求職市場"も一緒に開かれた。
在野の候補群は辞任の噂や便りが聞こえてくるたびに、再就職のために勤しんで動いているというこぼれ話だ。

自然と今シーズンを最後に契約が終わる監督に視線が集まる。

ユン・ジョンファン蔚山現代監督とチョ・ジンホ尚州尚武監督、ナム・ギイル光州FC監督、ノ・サンレ監督らがそれぞれ所属クラブと2年契約を結んでいて、2016シーズンを最後に満了する。
リーグ3位を走っている蔚山のユン・ジョンファン監督は、その中で最も心安らかなグループにいる。
スポーツニッポンは27日、「J2のセレッソ大阪がユン監督招聘のために会った」と報じた。

セレッソ大阪は2015年にもユン監督招聘に乗り出したことがある。
そのとき契約されそうだったが、ユン監督が選んだのは蔚山だった。
今年蔚山が好成績を出し、ユン監督は幸せな悩みに陥った。
現在、蔚山クラブは契約を1年延長できるオプションを持っているので、再契約の有無もユン監督の意向によって決まる見通しである。


20160928060108a.jpg



日メディア「セレッソ大阪、ユン・ジョンファン監督招聘を水面下で作業中
聯合ニュース




※一部要約

日本のスポーツ専門メディア・スポニチは26日、インターネット版の記事で「ユン・ジョンファン監督が大阪の新任監督の有力候補に浮上した」として、「大阪がユン・ジョンファン監督に監督職のオファーをするなど、水面下で足早に動いている」と報じた。

このメディアは「大阪は去年もユン・ジョンファン監督招聘に力を入れた。今回が2回目のラブコール」と付け加えた。

当時、ユン・ジョンファン監督は大阪のオファーを差し置いて蔚山を選んだが、大阪はユン・ジョンファンカードを簡単には諦めてないことが分かった。

スポニチは「ユン・ジョンファン監督はサガン鳥栖時代に選手育成能力を活かして首位圏争いを繰り広げ、大阪はユン監督のリーダーシップを高く評価している」と説明した。

大阪との縁についても言及した。
このメディアは「ユン監督は2000年から2002年まで大阪で選手としてプレーし、2001年にチームが降格した後も残留して2002年の1部リーグ復帰に貢献した」と明かした。

大阪は今シーズン、J2リーグ33試合で19勝6分け8敗の勝ち点63で3位を走っている。
残り9試合で1部リーグ昇格を狙っている。



ヒディンク監督「成功の繰り返しは難しい・・・もう一度韓国を引き受けたくはない」
SBSニュース




※一部要約

2002韓日ワールドカップサッカー大会で韓国の4強神話を導いたフース・ヒディンク監督が、「成功を繰り返すのは難しいのでもう一度韓国チームを引き受けたくはない」と率直に明かした。

ヒディンク監督はソウル・グランドハイアットホテルでサッカーファンと面会時間を持ち、韓国監督職をもう一度引き受ける可能性について「2002年のワールドカップのときは本当に大成功を成し遂げた」としながらも、「同じことをもう一度したくはない」と語った。

ヒディンク監督は「当時の成功はあまりのも大きいので、同じ成功を再現するのは難しい」として、「今の選手の実力が落ちるから嫌なのではない」と付け加えた。




ヒディンク「4強神話の再現難しい・・・韓国チームをもう一度引き受けたくはない」
聯合ニュース




※一部要約

韓国プロサッカーとKリーグの発展の方向については「韓国が中国のように多くの選手を獲得するのはどうかと思う」として、「クラブと連盟が青少年教育プログラムを支援し、良い選手を育ててスターに発展させなければならない」と忠告した。

25日から翌月6日までの日程で訪韓しているヒディンク監督は、フース・ヒディンク財団の今後の事業方向について議論し、2002ワールドカップの出場選手が安城市に寄贈したフットサルドーム球場を訪れる。



[映像] 華麗な足技+果敢なシュート!"日メッシ"久保"飛び級のクラス"
ザ・ファクト




※一部要約

FCバルセロナユースチームに入団して"日本のメッシ"と言われた久保建英が、若い年齢でJリーグプロデビューを控えている。

久保は2011年にバルセロナユースチームと契約して日本列島を揺るがした。
左利きとしては速いスピードと華麗なドリブル、そして果敢なシュート力を持っていて、"日本のメッシ"と言われた。
アジア選手としてイ・スンウ、チャン・ギョルフィ、ペク・スンホとともに大きな注目を浴びたりした。
バルセロナユースチームで激しい競争を勝ち抜き、ヨーロッパでも脚光を浴びていたが、去年4月にFIFAの懲戒によって試合でプレーできずに日本に復帰した。
当時14歳であり、懲戒解除のときである19歳まで多くの時間が残っていたためである。
久保は東京FC18歳以下チームに合流した。

久保は日本の17歳、18歳以下代表チームで3歳差の年齢を克服して主軸として活動している。
成長期の若い年代で3年の飛び級は、簡単に見られることではない。
久保は3歳上の同僚の中でも断然目につく足技とシュート力を見せた。
虚を突くドリブルで相手の協力守備を一気に崩し、CKでは定規で測ったかのような"宅配クロス"を上げ、FKとPKでは自信あふれるシュートでGKまで弄んだ。

https://youtu.be/V7lx54HebyI



シュティーリケの苦言「ソン・フンミンの不遜な態度は問題がある」
スポTVニュース




※一部要約

シュティーリケ監督がソン・フンミンら海外派選手の態度を指摘した。

シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー代表は26日、ソウル新門路のサッカー会館で2018ロシアワールドカップ最終予選3・4次戦に出る"太極戦士"23人のリストを発表した。
リストにはキム・シヌク、ソク・ヒョンジュン、キム・ボギョン、カク・テヒなど9月に招集されなかった選手8人が招集された。

シュティーリケ監督は「今の競技力だとソン・フンミンは十分上手くやっていると思う」としながらも、「試合の外的な部分では問題があると見ている」と言った。

続けて「不遜な態度が変わらなければ、監督はチームを考えなければならない部分もあるので、選手がその部分について理解しなければならないと思う」と厳しい忠告を与えた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング