[ハン・ジュンのサッカー幻想曲] 資本は中国、基盤は日本、人物は韓国
フットボールリスト




※一部要約

スピードの差はあるが、東アジアサッカーは発展している。
この過程で必要なのは相互作用である。
韓国と日本は歴史的背景を通したライバル意識と韓日戦がその滋養分となった。
遅れていた中国もやはり歴史的なライバル意識を通じて最近背伸びしている。

三国の成功の方程式はそれぞれ異なる。
日本は1993年にJリーグをスタートしたとき、100年計画を立てるほど緻密な計画をして基盤固めに乗り出した。
ヨーロッパやプロサッカーのシステムを日本に合うように適用した。
選手育成の枠組みやクラブインフラを構築した。
日本のインフラはヨーロッパと比較しても遜色ない。

韓国は1980年代に強勢を見せていた時期からエリート育成に集中した。
激しい内部競争、長期合宿などによって、最上位段階である代表チームの競技力を最大化させる政策を展開した。
それによって傑出した選手たちを輩出した。
その結果、国際大会でアジア国家の中で最も安定して優秀な成果を出した。

ワールドカップに8回連続で本戦に上がったのは、アジア大陸を超えて国際的にもすごい成果である。
ヨーロッパの舞台で最も印象的な成果を残しているのも韓国選手だ。
日本選手も着実に進出中だが、チャ・ボングン、パク・チソン、ソン・フンミンなどの地位は、残りの数多くの日本ヨーロッパ派より一段上にある。

後発走者は中国だ。
サッカー狂として有名な習近平が主席になり、"サッカー崛起"に代表される投資が進められた。
中国経済の成長の爆発的加速と噛み合わさり、数多くの企業が政治的影響力のために中国スーパーリーグのクラブに投資し始めた。
ACL優勝を二度も占めた広州恒大の規模はすでに"脱アジア級"である。



[Kリーグ] ファン・ソンホン監督、浦項告別戦に"劇場ゴール"で勝利・・・通算99勝
ニュース1




※一部要約

今シーズンを最後に浦項の指揮棒を下ろすことに決めたファン・ソンホン監督が、告別戦でいわゆる"劇場ゴール"によってスカッとする勝利を取りまとめた。
僅かな差で2位登場には失敗したが、ファン監督と浦項の選手はまるで優勝したかのように歓喜のセレモニーを繰り広げた。

浦項は29日午後、浦項スティールヤードで行われたFCソウルとのKリーグクラシック最終38ラウンドに2-1で勝利した。
チェ・ジェス、そしてカン・サンウが去るファン・ソンホン監督に大きなプレゼントを贈った。

両チームの試合は1-1の引き分けで終わる流れだった。
ファン・ソンホン監督も浦項の選手も、様々なシーンで物足りなさが残るしかなかった。
だが追加時間に凄まじいゴールが炸裂した。

今シーズン初めて先発出場したカン・サンウが、後半45分からさらに2分過ぎた時点で決勝ゴールを炸裂させ2-1で勝利、ファン・ソンホン監督に忘れられない記憶を残すこととなった。

釜山で3年、浦項で5年と8年間Kリーグを走ったファン・ソンホン監督は、個人通算195戦99勝49分け47敗でしばらく"休止符"を打った。


バルセロナvsソシエダのフースコアードの評点



ネイゴッドマール10点満点中10点~


┗メッシが高すぎる


┗メッシは2試合連続で背番号を奪われた


┗ブスケツとイニエスタの評点があまりにも低い


┗メッシは7点台にする必要があると思うが


┗ネイマールはもう平均評点が9点台のようだ・・


[インタビュー] キム・ナミル「引退?することも、しないこともある」
スポータルコリア




※一部要約

キム・ナミルは京都と1年契約を結んだ。
12月が終わると京都の契約は満了する。
自分の将来について悩まなければならない時期だ。
彼は様々な状況を描きながら、静かにときを待っている。

現在、京都に留まっているキム・ナミルは、24日の"スポータルコリア"との電話インタビューで「引退することもあるし、しないこともある。今は待つしかない。」と明かした。


─23日の水戸ホーリーホック戦を最後に今シーズンの日程が終わりました。屈曲の激しい1年だったが、どんな気がしますか。

毎年そうです。
最近の数年はずっと底まで落ちて行って、再び上がってきます。
順調ではないが、しっかり勝ち抜いているようです。


─7月に和田昌裕監督が更迭されたことが屈曲の原因に見えます。和田監督がいなくなって3ヶ月ほどエントリーから除外されました。主席コーチをした後、後任監督になった石丸清隆監督が若い選手を好み、チーム内の年配の選手を除いたからだと聞きました。

(その方は)主席コーチから監督になったが、指導者生活を10年ほどしていたようです。
ユースチームからしていたが、プロチームの監督は数年しかしてなかったようです。
年長の選手と生活したのは初めてだと言ってました。
後で聞いた話だが、どのように対処すれば良いのか分からなかったようです。
チームには若い選手が多いので、若い選手で自ら何かやってみようとしたのでしょう。
結論的にはそれが上手く行かず、再びベテランを起用して考えもかなり変わったようです。
最初は意見の差異もあって距離も感じられたが、今は疎通もしていて大丈夫です。
監督様が変わって難しい状況になったが、私は当たり前だと思いました。
監督が変われば選手構成も変わります。
私はそれを受け入れなければならず、そうでなければ自分だけが難しくなります。
間違いなく機会は来ると思っていたし、最後は上手く終えたようです。



ヴァルブエナ、ベンゼマへの失望語る 「まさかカリムが関与していたとは」
ISM

 ヴァルブエナは『ル・モンド』紙のインタビューで「初めての聴取のときは、まさかカリムが関与していたなんて想像もしていなかった。今はもう、心の底から失望していると言うしかない。本当にがっかりしている。彼が言うほど僕らの関係は誠実なものではなかった。今、それが分かった」とコメント。フランス代表でも同僚のベンゼマが関与していたと知った際の衝撃を語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000015-ism-socc




ヴァルブエナ、「尊重心のないベンゼマ、本当に失望した」
フットボールリスト




※一部要約

警察の調査を受けたベンゼマは現在、解放されて所属チームのレアル・マドリードで正常に活動している。
だが事件が完全に終わったわけではない。
相変わらず捜査は進行中である。
ベンゼマの容疑が認められれば、懲役5年の刑に処される。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…ベンゼマがつば吐き行為によるパリテロ侮辱論難で代表退出危機


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング