[チョン・イルウォンのBox to Box] 結果はそえるだけ、感動はリメイクされる
ヘラルド経済


※一部要約

1月にオーストラリアで行われたアジアカップ大会で、大韓民国はオーストラリアに惜敗して準優勝に留まった。
相手がGLで勝ったオーストラリアだったので物足りなさのある結果だったが、ファンやメディアは代表チームを批判しなかった。
むしろ韓国サッカーの新たな可能性を見せた選手とシュティーリケ監督に向けて惜しみない声援を送った。
結果より"過程"に注目したのだ。
2002年以降、大韓民国サッカー界に充満していた鼻っ柱の高い成果主義が崩れた瞬間だった。

一ヶ月あまりの間、代表チームがオーストラリアで見せた歩みを追うほど、濃厚にオーバーラップする話があった。
火のような闘魂と劇的な勝負、過程という段階が与える胸の痛い感動のナラティヴとその叙事を引っ張る主人公まで、すべてこの話を脚色したみたいだった。
漫画というより"傑作"という表現が合っているこの話は、初めて連載された90年代から現在に至るまでバスケファン、いやスポーツファンの間で最高の作品として広く知られている。
バスケと漫画、鋭い読者ならすでに分かっただろう。
サッカーファンすらサッカーボールでレイアップシュートを練習させた、珠玉のような名台詞とメッセージのある結末まで、今でも多くの愛を受けている漫画<スラムダンク>がまさにそれだ。

手と足、5人と11人。
類似しているのは丸いボールしかない、異なる2つのジャンルの物語がいったいどうして似ているのか?
どのような連結の輪が、バスケとサッカーというまったく異なるスポーツを自然とつながるようにさせたのか?



チョン・モンジュン「ブラッターは腐敗した食人種、プラティニは操り人形」(AFPインタビュー)
エクスポーツニュース




※要旨

チョン・モンジュン元FIFA副会長が外信のインタビューでFIFA執行部に毒舌を飛ばした。

30日、AFP通信はチョン・モンジュン元FIFA副会長とのインタビューを進行した。
チョン元副会長は、ブラッターFIFA会長が各種不正スキャンダルに巻き込まれた挙句会長職を辞任すると、すぐに次期FIFA会長選挙の候補に出ると公式に出馬宣言した状態である。

AFP通信はチョン・モンジュン元FIFA副会長とのインタビュー写真を紹介し、「FIFAの元副会長であり、アジアサッカーで力を発揮しているチョン・モンジュンがAFPとインタビューをした。彼は今回のインタビューで"ゼップ・ブラッターは腐敗した食人種(cannibal)"、"ミシェル・プラティニは信頼できない操り人形"という表現を使った」だとした。


世界のEPLファンの分布

ゴッドスナル
ふふ




┗信憑性はあるのか?
 韓国はマンUの色で塗ってこそ正常なのだが


┗アーセナルの5.93M vs チェルシーの5.73M
 チェルシーも多いね;;


┗ファーガソン爺さんのせいでツイッター開設が遅れたことが分かってる


"副主将"になったチャン・ヒョンス「韓日戦ゴールにまた挑戦します」
日刊スポーツ




※一部要約

チャン・ヒョンスの野心に充ちた覚悟だ。

韓国サッカー代表チームは来月1日から9日まで、中国・武漢で行われる東アジアカップに参加する。

最大の注目を浴びている試合は断然韓日戦。

チャン・ヒョンスは中央DFと中央MFを同時に消化できるマルチ資源である。
2つのポジションはどちらも得点とは距離が遠い。
だが彼は唯一、韓日戦だけは得点に自信を見せている。
韓日戦ゴールを経験したことがあり、そのピリッとした記憶を忘れられないからだ。



UEFAプラティニ会長が来年2月のFIFA会長選出馬宣言
Soccer Magazine ZONE web

 UEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長がワールドカップ招致に関する収賄問題などに関連し、退任を発表しているゼップ・ブラッター氏の後任を決めるFIFA会長選に出馬する意向を発表した。UEFA公式サイトが発表した。

「これはとても個人的にも注意した決断だ。私自身の将来のみならずフットボールの世界の未来にも重きを置いた。多くの人たちの私に対する敬意とサポートと激励に導かれたものである」


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150729-00010017-soccermzw-socc




プラティニFIFA会長出馬宣言・・・「慎重に悩んだ末に決定」
スポータルコリア




※一部要約

UEFA会長のミシェル・プラティニがFIFA次期会長選挙の出馬を公式発表した。

プラティニはこれまで"反ブラッター"を叫んできた人物で、過去の選挙でアル・フセインヨルダン王子の強固な勢力として活躍したことがある。
次期FIFA会長選挙に出馬すれば最も有力な候補に挙げられる。
最近、ESPNから最も影響力のあるサッカー人1位に名前を載せられたこともある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング