[DFB杯]ドルトムントが死闘制し決勝へ、バイエルンはPK戦4人連続失敗で3冠夢散…
ゲキサカ

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は28日、準決勝を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でバイエルンと対戦し、1-1のまま突入したPK戦の末、PK2-0で勝った。香川はトップ下で先発したが、得点に絡めず、0-1の後半25分に交代。チームはその後、同点に追いつき、PK戦にもつれ込む死闘を制した。ドルトムントは2年連続の決勝進出で、3シーズンぶりとなる優勝に王手をかけた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00481288-gekisaka-socc




[ポカールカップ4強] ドルトムント、PK戦の末にB.ミュンヘンを2-0で下す・・・無冠脱出の機会
スポータルコリア




※一部要約

ボルシア・ドルトムントがバイエルン・ミュンヘンをPK戦の末に下してポカールカップ決勝に上がり、シーズン無冠の危機から脱する機会を得た。

ドルトムントは29日、ミュンヘンのアリアンツ・アレーナで行われたバイエルンとのDFBポカールカップ4強戦で、PK戦の末に2-0で勝利をおさめた。






イラン代表監督ケイロス氏、辞任から一転続投へ
AFP=時事

 イラン国内で人気を誇るケイロス氏は、昨年のW杯ブラジル大会(2014 World Cup)を前に、ベースキャンプ地やその他必要不可欠な準備に関してスポーツ省から十分なサポートがないと語っていた。そして、連盟のアリ・カファシアン(Ali Kafashian)会長は3月20日、4年間指揮を執ったケイロス氏との関係に終止符が打たれたと発表していた。

 しかしながら英字紙テヘラン・タイムス(Tehran Times)は、数週間にわたり行き違いを解決するための話し合いが行われ、25日には最後の和解のための話し合いが行われたと伝えた。

 カファシアン会長は26日付の同紙で、「幸運なことにすべてが解決し、ケイロス氏が2018年のW杯に向けて代表チームのために準備をすることになった。目標は16強入りだ」と語った。

 また、連盟側が支払いを行っていると思われていたケイロス氏の税金問題について同会長は、「この問題については、高官の支援を受けながら全力で解決していく」と述べた。

 一方でケイロス氏は、「非常に前向きな話し合いだった。すべてのファンが次のW杯出場を望んでいる。今われわれが必要としているのは、ビッグイベントでの準備に向けた連盟とスポーツ省のサポートだ」とコメントしている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150427-00000043-jij_afp-socc




ケイロス、イランサッカー代表チーム司令塔に"Uターン"
聯合ニュース




※一部要約

3月に選手選抜をめぐってイランサッカー協会と対立した末、イランサッカー代表チームの指揮棒を下ろしたカルロス・ケイロス監督が、1ヶ月ぶりに"Uターン"を宣言して2018ロシアワールドカップ予選を指揮することになった。



【関連記事】
韓国ネチズン「お前は私たちに」…イラン代表監督辞任のケイロス「イランサッカー協会は私に侮辱感を与えた」


[今日のMLB] (4.28)チュ・シンス打率.096、メジャーリーグ最下位
イ・チャンソプコラム




※一部要約

チュ・シンスは今日も無安打で退いた。
シーズン打率はついに1割台を割った(.096)。
規定打席を満たしているメジャーリーグ打者の中でチュ・シンスより低い打率を記録中の打者はいない。




パク・チュホ、ビルト選定ブンデスリーガ30Rベスト11"マインツの核心"
スポーツ朝鮮




※要旨

パク・チュホが海外メディアが選定したブンデスリーガ30ラウンドのベスト11に相次いで選ばれ価値を証明した。

パク・チュホは28日にビルトが公開したこの週のベスト11に堂々と左SB選手に入った。
その他にもマインツはシャルケ戦で2ゴールを炸裂させたベルをはじめとしてGKカリウス、ブンガード、ガイスまで5人の選手がベスト11に名を上げた。
ドルトムントも香川真司、ドゥルム、ムヒタリアン、オーバメヤンなど4人の選手が名を上げた。



ミラン本田 今夏にも放出か
東スポWeb

 日本サッカー協会の公認選手代理人は、こう指摘する。「貴重な外国人枠を使って、結果を出せていない。ミランも低迷しているし、選手もダブついているから早く売却(移籍)して、金にすることを考えても不思議ではない。今夏にもチームから出される可能性は十分にあるだろう」

 本田の加入でミランは複数の日本企業とスポンサー契約を結び、総額10億円以上の収入を得ている。このため、10番がプロテクトされる可能性を指摘する声もあるが「スポンサーの存在があるからといっても、もう関係ない。(マンチェスター・ユナイテッドにいた)香川だって出されている。やっぱり戦力にならなければ(クラブは)出す」(同代理人)。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150427-00000025-tospoweb-socc




"存在感消えた"本田、今夏のミラン放出説提起
スポータルコリア




※一部要約

"日本サッカーのアイコン"本田圭佑のACミラン内での立場が狭くなった。

日本のスポーツ紙"東京スポーツ"は本田のミラン放出説を提起した。
ミランの成績不振の原因の一つに本田が挙げられているということだ。




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング