キム・チャンス「微妙なオフサイドでも最後まで追う」
マイデイリー




※要旨

キム・チャンスが開催国オーストラリアのホームアドバンテージを警戒した。

キム・チャンスは29日、韓国代表チームの公式練習の前の取材陣とのインタビューで「あと1試合残っている。選手たち全員でミーティングのときに優勝しようと意思を確かめ合った。選手団の雰囲気はとても良い」と語った。

オーストラリアとのリターンマッチだ。
キム・チャンスはグループリーグでオーストラリア戦にフルタイムプレーし、オーストラリアに対する予防注射を打った。
彼は「1回試合をしたことが役に立つだろう」と言った。

韓国は今大会、無失点行進をしている。
決勝戦まで無失点で勝てば、1976年のイラン以降歴代2回目の無失点優勝をすることになる。

キム・チャンスは「大会が始まってから何とか無失点で上がってきた。だが無失点に対する負担はない。最後まで無失点で大会を終えたい気持ちはある」と力説した。

相手はホームチームのオーストラリアだ。
審判の判定に敏感になるしかない理由である。
キム・チャンスは「選手もその点を留意している。オフサイドやペナルティボックス内でのファールに気をつけるつもりだ。微妙でも最後までついていこうとDF同士で話をした」と強調した。



【関連記事】
韓国ネチズン反応…アジア杯決勝はイラン審判、ライバル韓国が優勝する方がより気まずいのは事実だ


韓国-オーストラリア待望の決勝戦、イラン主審に確定
OSEN




※一部要約

イランメディア"テヘランタイムズ"の報道によると、AFCは31日に行われる韓国対オーストラリアの決勝戦にイラン審判のグループを割り当てたという。

アジアカップでイランのグループは日本対UAEを含む7試合で審判をした。
あいにく優勝候補の両チームはどちらも脱落した。
ファガニー主審は去年のACL決勝戦を引き受けたこともある。
当時はウェスタン・シドニーが優勝した。

審判が試合に影響を及ぼしてはならない。
ただし、イランの立場ではライバル韓国が優勝する方がより気まずいのは事実だ。
韓国が55年ぶりにアジアカップを取れば、イラン・サウジアラビアとともに3回の優勝で最多優勝国2位になる。
最多優勝国は4回の日本である。
決勝戦で審判問題が膨らまない、正々堂々とした勝負が繰り広げられることを期待する。




UAEが3位=アジア杯サッカー
時事通信

 【ニューカッスル(オーストラリア)AFP=時事】サッカーのアジア・カップは30日、オーストラリアのニューカッスルで3位決定戦が行われ、アラブ首長国連邦(UAE)がイラクに3―2で勝った。準々決勝で日本をPK戦の末に破ったUAEは、前半を1―2で折り返したが、後半2得点を奪って逆転した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000147-jij-spo




[イラク・アラブ首長国連邦] UAE、イラクに3-2で勝利・・・3位で大会締め切り
インターフットボール




※一部要約

UAEは30日、ニューカッスルスタジアムで行われたイラクとの2015オーストラリアアジアカップ3・4位戦に3-2で勝利した。
この日勝利をおさめたUAEは、3位で今大会を終えた。




[イン:ファクト] 日サッカーの現実、とてつもない取材陣と"アイドル"選手
フットボールリスト




※要旨

ディフェンディングチャンピオン日本は8強戦でUAEの激しい追撃を撥ね退けることができずに帰った。
最も強力な優勝候補だった日本は、荷物をまとめて帰国してからも長い余韻を残している。

日本は今大会で最も多くの取材陣を送った国である。
日本記者は150人あまりの取材陣がオーストラリアに来たと推算される。
実際、日本の試合が終わった後に記者会見やミックスゾーンに行くと、数多くの日本記者が選手に質問をするシーンを見ることができた。
共同通信をはじめとする大手メディアから派遣された記者から、企画書を出版社や雑誌社に送って採用されたフリーランサー記者も多かった。

UAEに敗れて最も変わった風景のうちの一つは日本記者が顕著に与えたものである。
ケンタロウ・ツチヤ"共同通信"記者は「日本が脱落した後、150人中100人くらいが帰国したとみられる。私をはじめ、50人クリアは決勝戦や3・4位戦まで取材してから帰る予定」と言った。
多くの記者は日本に帰ったが、相変わらず韓国取材陣くらいの規模を維持している。
サッカーそのものが日本で持つ象徴性や興行性が韓国より大きいことは明らかである。

日本は今大会で大きな反響を呼び起こすことができなかった。
特有の試合方式を固持してい試合を支配したが、決定力に問題を見せた。
日本取材陣の間では「どれだけボールを多く持っていても何をしていたのか、結局ゴールを炸裂させることができなかった」という批判が出たりしていた。
UAEとの8強戦はこのような不満が頂点に達した試合だった。
日本はたった10分をUAEに譲っただけで敗れた。
追い込みながらもUAEの守備を越えることができなかった。



FIFAのマドリー調査は12歳以下が中心? 『アス』が中井くんのケースを詳報
GOAL

『アス』は26日にFIFAの調査開始を報道。マドリーはこれを受けて同日に公式声明を出し、FIFAの調査に協力する姿勢を示すとともに、FIFAが情報を求めた51名の選手に関して違反はないと主張していた。

声明の中でマドリーは、調査対象のうち12歳以下の未成年4選手に関しては「初の選手登録であり、スペインサッカー協会とFIFAの選手移籍規定19条の除外にあたる」として問題ないと主張。中井くんもその4名に含まれると見られた。

『アス』はFIFAがこの4名に関する調査に特に力を入れているとして、「日本出身のT.N.」として中井くんのケースを紹介。マドリー加入に至った経緯などを伝え、FIFAの規定に沿えば両親がともにスペインに在住し、少なくともどちらかが在住資格およびサッカーに関係ない仕事を持つ必要があるとしている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00000014-goal-socc




レアルのFIFA規定違反、11歳"日神童"のため?
スポーツ朝鮮




※一部要約

FIFAがバルセロナに続いてレアル・マドリードの"ユース独占"にもブレーキをかける構えだ。
このようなFIFAの動きは、レアル・マドリードが保有している"日本の神童"のためだという主張が提起された。

中井は2013年9月、9歳の年齢で"サッカーの天才"という賛辞と祝福の中でレアル・マドリードのアレビンB(12歳以下)チームに入団した。
2004年生まれの中井はレアル・マドリードのユースチームで急成長していることがわかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング