負傷中のキム・ヨングォン、復帰はいつ?ガンバ監督「言葉を控える」
ゴールドットコム



※一部要約

韓国代表の中心資源に挙げられるDFキム・ヨングォンが今シーズンになかなか姿をあらわしていない。

キム・ヨングォンの所属チームのガンバ大阪は、日本Jリーグのシーズンが2月に開幕してもコロナ19確診者が発生し、3月の一ヶ月間で試合を行えないなどの困難を経験した。
その渦中でキム・ヨングォンは負傷してシーズン序盤からチームの戦力から外れなければならなかった。
そのため彼はガンバ大阪が試合を行えなかった3月、パウロ・ベント監督が率いる代表に選出されて出場した日本遠征評価試合で、不振を免れることができずにチームの0-3の大敗を防げなかった。

ただ、空白期間が長そうではなかったキム・ヨングォンが試合に出場できな時間が予想より長引いている。
彼はまだ今年ガンバ大阪が行った10試合で一度も出場できなかった。

宮本恒靖ガンバ大阪監督はキム・ヨングォンの負傷について、詳しい話はできないとして慎重な姿勢をとった。
彼は12日、サンフレッチェ広島とのホーム試合を前に開かれた公式記者会見で、キム・ヨングォンの体調に関する質問を受けると「負傷中の選手についての情報を伝えるのは難しい。今は言葉を控えなければならない状況だ。申し訳ない」と即答を避けて取材陣に了解を求めた。



"キム・スンギュフルタイム"柏、福岡に0-1の敗北…公式戦4試合無勝
インターフットボール



※一部要約

代表守門将キム・スンギュがフルタイムの活躍をした中、柏レイソルが"昇格チーム"アビスパ福岡に敗北した。

柏は9日午後2時、日本福岡県にあるベスト電器スタジアムで行われた2021シーズン日本Jリーグ1・13ラウンドで福岡に0-1で敗北した。

大韓民国代表の守門将キム・スンギュは先発出場した。
柏はキム・スンギュがゴールを守る中、3-4-2-1のフォーメーションで福岡遠征に出た。

柏のこの日の敗北でリーグ2試合無勝で、4試合無勝の沼に落ちた。
突風を起こしている"昇格チーム"福岡に敗れた柏は勝ち点13(4勝1分け8敗)でリーグ14位に落ちた。



"Jリーグの全北現代"川崎の無敵艦隊、9勝1分けで1試合あたり2.6ゴールの"火攻"まで似ている
スポーツ朝鮮



※一部要約

川崎フロンターレが日本Jリーグを支配している。
去年、圧倒的な競技力でリーグ優勝した川崎は今回の2021シーズン序盤も"無敵艦隊"の威容を見せている。
リーグ10試合で9勝1分け(勝ち点28)で単独首位を疾走している。

川崎は我が国の代表守門将をしていたチョン・ソンリョンが所属するクラブだ。
川崎は2010年代中後半から優勝圏に上がり、去年から驚くべき競技力でリーグを圧倒している。
Jリーグの全北現代と見ることができる。
川崎は昨シーズン、合計34試合でわずか3敗(26勝5分け)で優勝した。
2位のガンバ多さkとの勝ち点差は何と18にもなったほどだった。

川崎の高空行進は今シーズンも続いている。
開幕からリーグ10試合で9勝1分け、勝ち点28で単独首位である。
リーグ2位の名古屋グランパスと勝ち点5差。
川崎は10試合で26得点(6失点)を記録した。
1試合あたり平均2.6ゴールで、全北の"火攻"を連想させる。
多得点の試合を日常茶飯事のようにする。
直前のFC東京遠征で4対2、浦和遠征で5対0、仙台遠征で5対1の大勝を手にした。



"国産サッカー分析プラットフォーム"ビプロ、ガンバ大阪とサービス契約締結
ゴールドットコム



※一部要約

サッカー分析プラットホームのビプロイレブン(Bepro11)がJリーグ伝統の名門クラブのガンバ大阪とともにする。

ビプロは今年から3年間、Jリーグ1のガンバ大阪に撮影システムの構築と分析サービスを提供する契約を結んだ。
1軍をはじめとしてユースチームも含まれる。

具体的にはガンバ大阪の1軍選手のすべての練習と練習試合が自動で撮影され、リアルタイムで接続/録画されるシステムを構築する。
それにより練習と練習試合をモニタリングし、チームの戦術遂行度や選手一人ひとりのフィジカルコンディションのような細かい部分まですべて把握できる。
これで実戦試合の準備過程を体系的に管理する助けとなる予定だ。



EPLのように…日、J1の上に最上位"プレミアリーグ"創設推進
OSEN



※一部要約

日本プロサッカーJリーグがプレミアリーグ創設を検討する。

30日、日本の"スポーツ報知"は関係者の言葉を引用、Jリーグが4月1日付で抜本的な改革を検討する"リプランニング推進サポートチーム"を開設することに決めたと伝えた。

木村正明Jリーグ専務理事が中心となるこの組織はプレミアリーグ創設、外国人選手の範囲撤廃、Jリーグ参加の緩和策などを検討する予定だとこのメディアは強調した。

記事によると、この新組織は既存の規定や枠組みから脱する画期的な改革案を検討する計画である。
その中で注力することの一つがプレミアリーグ創設だ。
現在のJリーグはJ1が最上位リーグだが、J1の上にプレミアリーグを新たに作るということである。

現在のJ1は18(今シーズンは20クラブ)、J2は22クラブなどで構成している。
日本プレミアリーグは10~14クラブに減らす代わりに、飽和的になったJリーグとクラブの経営規模を拡大させる方案が議論されている。
クラブの規模を大きくするのはもちろん、地域クラブの創立などを少し緩和してリーグの規模を大きくするという意である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング