オ・ヒョンギュを狙うセルティック、"JリーグMVP"岩田智輝獲得
ニュース1



※一部要約

オ・ヒョンギュ(水原三星)に移籍をオファーしたセルティクが、J1リーグ最優秀選手受賞者の岩田智輝を獲得した。

セルティックは30日、クラブHPで横浜FマリノスのJ1リーグ優勝を導き、MVPを授かった岩田とレンタル後に完全移籍の条件で契約したと明かした。

2016年に3部リーグでプレーしていた岩田は、大分トリニータを1部リーグにまで昇格させ、2021年に横浜に移籍した。
当時の横浜の司令塔が、現在セルティックの指揮棒を手にしているアンジェ・ポステコグルー監督である。

彼は2019年に日本代表に抜擢されてコパ・アメリカにも参加したが、2022FIFAカタールワールドカップの最終リストからは外れた。

岩田の合流でセルティックは合計5人の日本人選手がプレーすることになった。
先だって前田大然や古橋亨梧、井手口陽介、旗手怜央らがセルティックのユニフォームを着た。

一方、セルティックは2022シーズンのKリーグ1で13ゴールを炸裂させたオ・ヒョンギュの獲得も推進している。



日ヴィッセル神戸に移籍したムゴシャ、仁川カムバック有力
中部日報



※一部要約

クラブ史上初のACL出場権を手にした仁川ユナイテッドが、7月に日本のヴィッセル神戸に移籍した"ステファン・ムゴシャ"復帰を推進している。

チョン・ダルス仁川ユナイテッド代表理事は「最近ワールドカップの試合に招待されて行き、モンテネグロで行われたムゴシャの結婚式に参加した。クラブとの思い出が多い家族が特に歓迎してくれ、ムゴシャが仁川を懐かしんでいることを確認してきた」として、「ムゴシャの復帰を推進中なのは正しい」と語った。

ムゴシャは仁川で4シーズン半プレーして、クラブの歴代最多得点者として記録された。

仁川に来る前までのキャリアが優れていなかった彼は、仁川で4シーズン連続二桁得点に成功してチーム内の核心選手になり、5年間で129試合68ゴールを担ってクラブの歴代最多得点者として記録された。



プロサッカー蔚山、日本出身MF江坂任獲得
マニアタイムズ



※一部要約

昨シーズンのKリーグ1チャンピオン蔚山現代が、日本出身の攻撃型MF江坂任を獲得したと26日に明かした。

蔚山は去年、レンタル移籍をしてきてリーグ優勝に貢献したMF天野純(日本)との契約が満了したあと、新たなアジアクォーター選手を探していた。

天野は蔚山のライバル全北現代への入団を控えている。

江坂は2013年、2014年の日王杯全日本大学サッカー大会で2年連続得点王を手にし、プロ入団前から頭角を現していた。

2015年に大学卒業と同時に日本J2リーグのザスパクサツ群馬に合流、プロデビューシーズンから正規リーグ42試合に出場して13ゴール3アシストを記録した。

翌年、J1リーグの大宮アルディージャに移籍し、1部リーグで合計65試合15得点3アシストを上げる活躍をした。
2017シーズンにはキャプテンマークもつけた。

その後、柏レイソルに移り、4シーズンでリーグ119試合プレーした。

2018シーズンにはリーグ33試合で9ゴール6アシストを記録したが、チームは惜しくも2部リーグに降格した。

切歯腐心した江坂は2019シーズン、リーグ38試合で11ゴール6アシストを記録して柏の1部復帰に大きな力を与えた。

2021シーズン夏にJ1リーグ伝統の強豪・浦和レッドダイヤモンズに移籍した江坂は、リーグ16試合で5得点1アシストを上げるなど、即座に自分のポジションを見出した。

2022シーズンにはリーグとカップ大会を合わせて40試合に出場し、チームの主軸として活躍した。



青少年代表出身ペ・スンジン、サッカーシューズ脱ぐ…現役引退
モンスタージム



※一部要約

2007年の青少年代表出身で、2019年から4年間慶南の赤いユニフォームを着てフィールドを走ったDFペ・スンジンが、公式に引退を明かした。

ペ・スンジンは2007年に横浜FCに入団してから日本で選手生活を始めた後、2014年に軍服務のために仁川でKリーグ生活を続けた。
2019年に慶南に入団した後、チームの2部降格の痛みをともにして、チーム昇格のために選手団内で長兄として選手団とともに生活を続けた。

今シーズンのペ・スンジンのKリーグ2出場試合は1試合に終わった。
3月20日に安山との試合でフルタイムを消化したペ・スンジンは今年、大小の負傷で競技場よりもリハビリだけに邁進する時間が長かった。
ふくらはぎと太ももの筋肉の負傷が続き、選手生活維持の岐路に立ち、新たなサッカー人生を設計することで方向性を固めた。

引退を決めることでたくさん悩んだが、負傷再発の頻度が増えたことで、馴染みのサッカー場を去るという意向を明かした。
その過程で現役時代にともに選手生活をしていたソル・ギヒョン慶南FC監督から多くのアドバイスを受けた。



全北、ソウルを3-1で下してFAカップの頂点…MVPは"マルチゴール"チョ・ギュソン
ニュース1



※一部要約

プロサッカーKリーグ1の全北現代が、FCソウルを下して2年ぶりにFAカップの頂点を奪還した。

全北は30日、全州ワールドカップ競技場で行われたハナワンキューFAカップ2022決勝2次戦でソウルに3-1で勝った。

1次戦を2-2で引き分けていた全北は、1・2次戦合計5-3でリードして優勝した。
全北はFAカップ通算5回目(2000・2003・2005・2020・2022年)の優勝を記録、水原三星と大会最多優勝タイ記録を打ち立てた。

決勝戦でマルチゴールを記録、優勝の大きく貢献したチョ・ギュソンが大会最優秀選手(MVP)に選ばれた。
キム・サンシク監督は指導者賞を授かった。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング