キム・ヨングォン、日ガンバ大阪と決別確定…Kリーグ行き可視化
マニアタイムズ



※一部要約

サッカー代表のCBキム・ヨングォンが現所属チームの日本J1リーグ・ガンバ大阪との再契約をせず、Kリーグ行きが表面化している。

ガンバ大阪は3日、クラブHPで「キム・ヨングォンが契約満了で2021シーズンを最後にチームを去ることになった」と伝えた。

ガンバ大阪との決別が確定し、自由契約選手(FA)になるキム・ヨングォンがKリーグでプレーする姿を見られるだろうという期待感も膨らんでいる。

先月、日本メディアはKリーグ1の蔚山現代がキム・ヨングォンを獲得するために大型オファーをしたと伝えた。

キム・ヨングォンはAマッチで85試合(4ゴール)もプレーした韓国代表の主軸DFである。



水原FC、バルセロナ出身イ・スンウ獲得 [オフィシャル]
MKスポーツ



※一部要約

韓国プロサッカーKリーグ1の水原FCが元代表イ・スンウと契約したと3日に発表した。

イ・スンウは2011年にスペイン・ラ・リーガのバルセロナ傘下のユースに入団した。
バルセロナU-15時代に29試合38得点で、クラブの大先輩リオネル・メッシの30試合37得点を凌駕して世界的な注目を浴びた。

19歳以下のチャンピオンズリーグに該当するUEFAユースリーグでも9試合2得点2アシストで可能性を示したが、成人Aチームに昇格できず2017年夏にバルセロナのキャリアを終えた。

イ・スンウは2017~2019にエラス・ヴェローナ(イタリア)、2021年にポルティモネンセ(ポルトガル)、2019~2021年にシントトロイデン(ベルギー)を経てイタリア・セリエA14試合1得点とセリエB26試合1得点3アシスト、ベルギー1部リーグ17試合2得点、ポルトガル・プリメーラリーガ4試合を記録した。



"新たな挑戦"イ・スンウ、Kリーグ1水原FCと移籍交渉仕上げ [単独]
OSEN

211202172205108.jpg

※一部要約

新たな舞台への挑戦を準備中のイ・スンウの寄着地が故郷の水原FCになる雰囲気だ。

水原FCの関係者は2日、「これまでイ・スンウと熾烈な交渉をしてきた。その結果、イ・スンウ獲得に大枠で合意を終えた。シントトロイデンと契約を解除したイ・スンウ獲得の作業を仕上げている。大きな問題がなければ水原FCに合流する」と明かした。

イ・スンウは23日にシントトロイデンと契約を解除した。
新たな出発をする機会を掴んだ。

イ・スンウに様々なリーグが関心を示した。
MLSや日本Jリーグの複数クラブがイ・スンウ獲得に努めた。
また、スペインやドイツの2部リーグからもイ・スンウ獲得を打診してきた。
だがイ・スンウは常に関心を示してきた水原FCと契約を結ぶことになった。
消息筋は「現在、水原FCとイ・スンウの契約はほぼ終わった状況だ。イ・スンウもキム・トギュン監督をはじめとする水原FCの積極的な関心に感謝をあらわした」と説明した。



南アフリカワールドカップ"16強の主役"キム・ジョンウ、"チョ・ミングク体制"の安山コーチ選任
インターフットボール



※一部要約

2022年に安山グリナースとともにするコーチングスタッフが新たに選任された。
安山は新任のチョ・ミングク監督とともに2022シーズンのチームを導くキム・ジョンウコーチ、イム・ジョンホンコーチの選任を発表した。

キム・ジョンウコーチは選手時代にKリーグ(蔚山、城南、尚州、全北)だけでなく日本、UAE、タイなど海外の舞台で遍く活動した。
また、代表としてアジア大会、アジアカップ、オリンピック、ワールドカップなどの国際舞台で走った経験も持つ。

現役時代に守備型MF、攻撃型MF、ワントップの状況でストライカーまでできた彼は、痩せた体格にもかかわらず優れた体力やサッカー知能、視野で不利な状況を克服して多方面で優秀な活躍を見せた。
特に2010年の南アフリカワールドカップではキ・ソンヨンのパートナーとして中盤の後方を担い、遠征ワールドカップの初勝利と16強進出を牽引した。

イム・ジョンホンコーチは選手時代に城南と蔚山を経てプロの舞台で活躍した。
1997年に母校の富平高に戻ってコーチとして指導者生活を始め、高麗大のコーチを経て2003年から富平高の監督としてチームを率いた。

ハ・デソン、イ・グノら代表級選手を育てたイム・ジョンホンコーチは安山でも若手選手の育成に力を注ぐ予定だ。



[オ・ジェソクインタビュー②] 「キム・ヨングォンに仁川に来いと言ったけど」…市民クラブ最高の目標は"ACL"
スポータルコリア



※一部要約

オ・ジェソクの究極的な目標はチームのAFCチャンピオンズリーグ進出だ。
仁川のファイナルA、ACL進出のために冗談っぽく親しい同僚に移籍をオファーしたりもする。

これまでの仁川の成績や現在の選手構成を考えれば、今のところACL進出が難しいのは事実である。
だがオ・ジェソクはACL進出が漠然とした夢だとは思っていない。
市民クラブの大邸FCがやってきたように、順々に段階を踏めば可能だと見ている。

今シーズンの反転の信号弾をキッカケにファイナルAへ進出し、FAカップで優勝まですれば、競争力のあるチームになると堅く信じている。
オ・ジェソクは自分の引退前、仁川が"アジアの舞台"で走る姿を夢見ている。


─ACL進出に挫折した。サッカー専門ユーチューブチャンネルのインタビューでク・ジャチョルを誘っていると話していた。獲得はやや難しそうになったが。

最近は話をしていない。チームの反転がそんなに急激にはあり得ないとわかっている。ACLに出れば良い選手を簡単に獲得しただろう。しかし選手が今後そういう形で仁川に来れば、本人にとって仁川に来たかったのかACLに出たかったのかが混同されるのではないか。そういう部分を考えると、チームがどの部隊に向かうのかを問い詰めるより、このチームに愛情を持って戦う選手が来たほうが良いという気がしている。良い選手が来ることを待っている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング