イ・ガンイン、「久保、期待した通り…復帰すれば互いに助けとなる」
OSEN



※一部要約

イ・ガンインが2001年生まれの同年齢の同僚、久保建英への称賛を惜しまなかった。

11日、日本の"ゴールドットコム"は韓国代表のMFイ・ガンインがスペインの"POOVT"とのインタビューで日本代表の久保に言及したと伝えた。

イ・ガンインと久保は韓国と日本を代表する未来の才能という点でライバルの構図が形成された。
イ・ガンインは中央MFで活躍してプレーメーカー性向を持つ。
スピードのある久保は主にサイドでプレーしてもう少し攻撃的性向を持っている。

イ・ガンインは膝の負傷で9月から戦力離脱している久保について「チームメイトになる前の幼い頃から争ってきた」として、「久保はとても素晴らしい選手で、今一緒に練習してみて期待した通りの選手だった」と讃えた。

続けて彼は久保について「一対一もシュートもすべて優れた技術を持っている。今は負傷中だが復帰したら互いに助けることができるだろう」と期待感をあらわした。

マジョルカでのシーズン目標についてイ・ガンインは「できるだけ上位圏に入っていくことが目標で順位を上げているところ」として、「練習で良ければ結果にあらわれる。負傷者が戻ってくればレベルも、結果も向上するだろう」と楽観した。



久保にイ・ガンインのユニフォームを差し出した韓国ファンのサイン攻勢、反応は?
ベストイレブン



※一部要約

RCDマジョルカでイ・ガンインとともにプレーしている日本代表FW久保建英が、イ・ガンインのユニフォームを差し出してサインを求めた韓国ファンにとても親切な対応をした。

マジョルカは21日の公式ユーチューブアカウントで、チーム練習を終えた久保とある韓国人ファンの出会いが入った少し短い映像を公開した。
映像を見ると、ピッチを離れる久保にある男性が日本語で「久保選手のビッグファンです」と対話を試みていた。
マジョルカの公式ユーチューブアカウントによると、この男性は韓国人でイ・ガンインを見るためにマジョルカの練習場を訪れたとみられる。

自分のビッグファンだという男性に近づいた久保は日本語で「ありがとうございます」と応じて、この男性は写真とサインを貰っても大丈夫かと尋ねた。
久保は「もちろんです」と答え、この男性は久保と一緒に自撮りした。
そしてサインを貰うユニフォームを差し出したが、興味深いことにイ・ガンインのユニフォームだった。

この男性はきまり悪そうに「すみません。イ選手のユニフォームにできるでしょうか」と尋ね、久保は「大丈夫です」と快く答えてイ・ガンインのユニフォームの背番号の部分にサインした。
この男性は「近いうちにバレンシアに行きます。あなた(久保)のユニフォームもすぐ買います」と言い、久保は「ありがとうございます」と答えた。



[ヨンチーム分析室] アーセナル反転の秘訣は"ラムズデール→冨安のビルドアップルート"
フットボールリスト



※一部要約

冨安健洋が技術的短所を覆うほどの知能を見せている。
冨安とアーロン・ラムズデールを主戦で起用してアーセナルの上り調子が始まった。

27日、英国ロンドンのエミレーツ・スタジアムでイングランド・プレミアリーグ6ラウンドが行われ、アーセナルがトッテナムに3-1で勝利した。

アーセナルは序盤に3連敗した後、最近3連勝をおさめて最下位から10位にまで順位を上げた。
連勝が始まった4ラウンドのノリッジ・シティ戦から最も変化が大きかったのは守備陣である。
序盤の3試合にすべて欠場し、勝利した3試合だけプレーした選手はGKラムズデール、右SB冨安、CBガブリエウ・マガリャンイス、守備型MFトーマス・パーテイだ。
4人とも守備組織を新たに組み立てる過程で主戦に位置した。

守備陣の変化の焦点はマルチポジションの消化能力とビルドアップにあった。
まずラムズデールは看板GKのドイツ代表ベルント・レノと比べて無名に近かったが、ビルドアップに関する能力だけは一枚上である。
両選手が正確に3試合ずつフルタイムを消化した現在は記録の比較が容易であり、ラムズデールがビルドアップに関するあらゆる指標で上回っている。
特にロングキック能力ではラムズデールが40%の成功率で21回を記録したのに比べ、レノは35%の成功率で15回に留まった。
ショートパスもラムズデールが46回を記録、レノの35回を上回った。

マガリャンイスと冨安は守備陣全体の構成を変えた。
CBが左利きのマガリャンイスと右利きのベン・ホワイトで固定され、右SBにはCBまで消化できる冨安が合流した。
自然と3選手が少しずつ左に移動してマガリャンイス、ホワイト、冨安の3バックを形成できる。
この場合は攻撃力の良い左SBキーラン・ティアニーがかなり前進してウインガーのようにプレーできるようになる。



ソン・フンミンを防いだ日本DF冨安、手強い守備力を見えた
OSEN



※一部要約

ソン・フンミンと冨安健洋がプレミアリーグで韓日戦を繰り広げた。

トッテナムは27日深夜、英国ロンドンのエミレーツ・スタジアムで開催された"2021-22プレミアリーグ6ラウンド"でソン・フンミンがシーズン3号ゴールを決めたが、北ロンドンのライバル・アーセナルに1-3の完敗を喫した。

トッテナムの3トップに左FWで先発出場したソン・フンミンとアーセナルの右SB冨安は試合中ずっとぶつかった。
冨安はトッテナムの攻撃の核心ソン・フンミンを阻止しなければならない特命を受けて出てきた。
ソン・フンミンにつなぐべきパスが途中で頻繁に遮られた。

冨安は要所ごとにトッテナムの攻撃の脈を上手く断ち切った。
ソン・フンミンの攻撃を阻止したシーンも出てきた。
後半15分、ケインのシュートをラムズデールGKが防いだ。
流れたボールを見てソン・フンミンが駆け寄ったが冨安が上手くカットした。

ソン・フンミンは決定的瞬間に強かった。
後半34分、レギロンがサイド突破してソン・フンミンにパスをつなげた。
ソン・フンミンが押し込んで挽回ゴールを決めた。
ソン・フンミンはミニ韓日戦で冨安に判定勝ちをおさめた。



「アーセナルの日冨安がSON+ケインを完全封鎖」日の期待感爆発
スターニュース



※一部要約

トッテナムとアーセナルの"北ロンドンダービー"を前に日本がミニ韓日戦実現の可否に神経を尖らせている。
特にアーセナルのDF冨安健洋がトッテナムのFWソン・フンミンとハリー・ケインを完全に封じ込めるかに対して大きな期待をかけている。

トッテナムは27日0時30分、イングランド・ロンドンのエミレーツ・スタジアムでアーセナルを相手に2021~22シーズン・イングリッシュ・プレミアリーグ6ラウンドのアウェイ試合を行う。

両チームには韓国と日本のサッカーを代表するエースがプレーしている。
トッテナムのFWソン・フンミンとアーセナルのDF冨安健洋だ。

日本メディアも今回の北ロンドンダービーに注目している。
日本メディアの東京スポーツは24日、「冨安が最初の北ロンドンダービーでついにソン・フンミンと対決する」として、「この対決に勝利して冨安はさらに株価を上げられるだろうか」と報じた。

東京スポーツは「冨安が右SBで出て、最近チームの2連勝に貢献した。特に1:1のシーンで強い姿を見せている。"アジア最高のストライカー"ソン・フンミンを防げるのか注目される」と伝えた。
続けて「もし冨安がソン・フンミンだけでなくイングランド代表FWハリー・ケインまで封じ込めれば、さらに高い評価を受けるのは間違いない。果たして冨安が両エースを完璧に封じ込め、名前を世界に広く知らしめられるだろうか」と期待感を隠せなかった。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング