日本メディア「鎌田大地、ヨーロッパ優勝の歴史作る…チャ・ボングンの伝説を継ぐ」
OSEN



※一部要約

鎌田大地がチャブームの伝説に挑戦する。

フランクフルトは6日、ドイツ・フランクフルトで開催された"ヨーロッパリーグ4強2次戦"でウェストハムに1-0で勝った。
1次戦に2-1で勝っていたフランクフルトは、2勝で決勝に進出した。

日本人アタッカーの鎌田はフルタイムを消化してチームの勝利に貢献した。
もう一人の日本人DF長谷部誠は交代リストにいたが出場機会はなかった。

フランクフルトがヨーロッパ対抗戦で決勝に進出したのは何と42年ぶりだ。
フランクフルトはチャ・ボングンがプレーしていた1979-80シーズン、ヨーロッパリーグの前身であるUEFAカップの決勝戦に上がり、メンヘングラッドバッハを退けて優勝した。

試合後、鎌田は自身のSNSに「この素晴らしいファンと一緒に歴史を作る」として優勝を誓った。

ゲキサカなどの日本メディアは「鎌田は威嚇的だった。彼がチャ・ボングンの伝説を継ぐ機会」として優勝を望んだ。



"チャ・ボングンの伝説"以来初の決勝進出に向かって…フランクフルト、ヨーロッパリーグ4強1次戦勝利
フットボールリスト



※一部要約

2021-2022シーズンUEFAヨーロッパリーグ4強で、アイントラハト・フランクフルトが1次戦の勝利をおさめて決勝行きに近づいた。

29日、ヨーロッパリーグ4強1次戦が一斉に行われた。
英国ロンドンのロンドンスタジアムでは、フランクフルトがウェストハム・ユナイテッドを2-1で下した。
5月6日にホームのドイツ・バンク・パルクで2次戦を行う。

フランクフルトが決勝に行けば、1980年以来42年ぶりである。
フランクフルトは1979-80シーズンのUEFAカップで、クラブ史上唯一のヨーロッパ対抗戦で優勝を達成した。
ブンデスリーガの伝説チャ・ボングンが主戦として大活躍した時期だ。
当時、準決勝でバイエルン・ミュンヘンを捉えて上がったフランクフルトは、決勝戦でボルシア・メンヘングラッドバッハを捉えて頂点に上がった。
その後、30年を越えてヨーロッパリーグの8強以上に上がれなかった。
2018-2019シーズンに4強に進出したが、当時は優勝チームのチェルシーと2分けの血戦の末に惜しくも脱落したことがある。

42年前と同じく"ドイツ対ドイツ"の決勝戦が有力である。
29日、他の4強1次戦でRBライプツィヒがレンジャーズに1-0の勝利をおさめたからである。
アジア選手も大活躍している。
フランクフルトは2014-2015シーズンから着実に活躍中の長谷部誠がクラブ史に一線を引いたし、2019-2020シーズンから攻撃型MF鎌田大地が攻撃の一軸を担っている。
4強で老将の長谷部は欠場したが、鎌田は決勝ゴールを炸裂させた。



久保の切実なアピール「レアル・マドリードがチャンスをくれるなら」
スポータルコリア



※一部要約

日本サッカーの有望株・久保建英はレアル・マドリードが元の所属チームだが、3シーズンでレンタルだけしている。
久保の目標は今やレアル・マドリードの堂々たる一員になることだ。

久保はレアル・マドリードが期待するカードである。
スペイン・ラ・リーガ適応のためにマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェにレンタルされてプレーできるようにして、今シーズンに再びマジョルカで過ごしている。
競技力もしばしば発揮する。
現在、マジョルカで20試合プレーして2ゴールを決めている。

久保の身分はレンタル選手であり、そろそろ来シーズンの計画を伺わなければならない。
実際、レアル・マドリードと久保のエージェントは、近いうちに会談して将来の話をすると発表された。

(※ヴィニシウスが二重国籍になるとみられ)状況は久保に有利に流れているが、シーズンで2ゴールの成績はやや惜しい。
そのためなのか、久保が1試合もプレーできずにレアル・マドリードを去ってボルシア・ドルトムントにレンタルされたブラジル選手ヘイニエルと一席をかけて争うだろうという否定的な予想もある。

久保もそれをわかっているのか、「私の目標はいつもレアル・マドリードの一員になることだった」として、「レアル・マドリードが私にチャンスをくれるならすべてを見せる」と意志を固めた。

折しも15日にレアル・マドリードを敵として相手にする。
これまで5回レアル・マドリードを相手にした久保は残念ながら攻撃ポイントがない。
久保は「全試合が重要だけど、レアル・マドリードを相手にするのはさらに特別」と覚悟を固めた。



4連敗に虚しい久保、「3ゴール決めても4失点で敗北…凄惨な結果」
インターフットボール



※一部要約

久保建英がチームの不振に失望感をあらわした。

レアル・マジョルカは7日午前2時30分、バライドス競技場で行われた2021-22シーズン・スペイン・ラ・リーガ27ラウンドで、セルタ・デ・ビーゴに3-4で敗れた。
この日の敗北でマジョルカは4連敗の不振に陥り、勝ち点26に留まって16位を維持した。

4連敗したマジョルカは降格圏の18位カディスと勝ち点2差しかない。
次のラウンドの結果によっては降格圏に墜落しかねない、絶体絶命に陥ったマジョルカだ。
弱り目に祟り目で、次の試合の相手は"1位"レアル・マドリードである。

試合後、インタビューに出た久保は心残りを隠さなかった。
久保は負傷からの復帰後、ガルシア監督がフォーメーションを変えてから着実に主戦で出ているが、明確な活躍をできずにいる。
今回の対戦でも大きな印象を残せないまま後半12分に交代させられた。

久保は「3ゴールを決めたが、4失点してとても複雑な心境になった。不可能な状況になり、結局我々は試合をダメにした」と語った。
続けて「成績はかなり良くないけど、進み続けなければならない。倒れることはできない。ファンのために早く頭を上げて、これから前進する必要がある。我々はもうレアル戦を準備する」と付け加えた。



"日レジェンド"長谷部、フランクフルトと再契約…39歳までドイツでプレー
フットボールリスト



※一部要約

長谷部誠がフランクフルトとの契約延長にサインし、クラブ史にもう1人のアジア出身レジェンドとして名前を残すことになった。

フランクフルトは18日、クラブ公式HPで「長谷部と2027年までの新契約を結んだ。さらに1シーズン選手として活躍し、その後はコーチングスタッフに合流する」と公式に伝えた。
当初、長谷部とフランクフルトの契約は今夏に満了する予定だった。

ドイツの舞台での弛まぬ活躍を基に、日本代表でも着実に機会を掴んだ。
長谷部はAマッチ114試合に出場して2ゴールを記録した。
これは日本代表のAマッチ出場順位で6位に該当する記録である。

先月38歳になった長谷部は、依然としてフランクフルトで重要な役割を担っている。
今シーズンも先発と交代を行き来し、全大会を合わせて19試合に出ている。
以前よりも明らかに出場時間が減っているのは事実だが、相変わらずローテーションメンバーとしてチームに貢献している。
フランクフルトの副主将も担っている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング