約束を破る海外組、Kリーグユースシステムの根幹が揺らぐ
ベストイレブン



※一部要約

ドイツ2.ブンデスリーガのダルムシュタットで活躍するペク・スンホの国内復帰推進でKリーグが騒がしい。
全北現代と交渉を進めている間に、水原三星がユース時代にペク・スンホ側と作った合意書が公開されたからだ。
この合意書の内容によると、ペク・スンホは国内の舞台に進出するとき、水原所属だけで復帰ができる。

ペク・スンホは2010年、水原U-15ユースのメタン中学入学を前に海外進出を打診した。
スペイン留学をするペク・スンホに、水原はクラブ次元で1年に1億ウォン、3年間で総額3億ウォンを支援して成長を手助けした。
支援を受けると同時に、その後のメタン高進学を約束したが、ペク・スンホがバルセロナユースに入団してそれも実現しなかった。
このときに作った合意書に"Kリーグ進出時の水原入団"という内容が含まれている。

2021シーズンにKリーグリターンを推進したペク・スンホは全北と接触した。
伝えられた通り、水原との事前協議や調整はなかった。
契約書の最終サインだけを残していたが、結局全北は一歩引いて水原に優先権を渡すことにした。

法的紛争まで予告した水原も、全北が契約を事実上放棄したことにより、ペク・スンホ側とまずは対話を通じて葛藤を解くことにした。
水原の関係者は「今は法的対応をする段階ではないと見ている。全北との契約が行われたわけではなく、全北も手を引いた状態だ。まずは選手側と会ってみなければならないだろう。クラブがどのように進められるかについては内部で検討中」と現状を明かした。



水原三星、"親企業法務チーム"と手を握ってペク・スンホとの法的紛争予告
インターフットボール



※一部要約

水原三星がペク・スンホとの問題を解決するため、親企業の法務チームに諮問を求めた。

ペク・スンホはソウルテドン小6年に在学中だった2009年10月、水原三星傘下のユースであるメタン中の入団に合意した。
だが2010年3月にスペインのFCバルセロナに留学する機会が訪れると、ペク・スンホ側は水原に支援を要請した。
水原は大乗的次元で3年間毎年1億ウォンずつ、合計3億ウォンを支援すると答えた。
ただしその条件は▲2012年12月31日以降にメタン高進学▲違反時に支援金の全額返還だった。
両者は合意書を作り、ペク・スンホはスペイン行きの飛行機に乗った。

水原はペク・スンホがスペイン現地にしっかり適応できるよう、現地の言語(カタルーニャ語)を勉強できるように支援した。
同時にバルセロナユースの練習場近くに家と車も与えた。
ペク・スンホの両親には生活費の名目で支援金も渡した。
当時、水原側は「韓国サッカー発展のため」という大きな絵を描いた。

現地に上手く定着したペク・スンホはバルセロナユースと5年契約を結んだ。
つまりメタン高進学が難しくなったのだ。
ペク・スンホ側と水原は2次合意書を作った。
"Kリーグ復帰時に形態と方法、時期を問わず無条件で水原入団を約束する"という条件だった。



マンシティのタックルで"右足首出血"…ソン・フンミン負傷はしなかった
SPOTVニュース

210214052642483.jpg

※一部要約

トッテナムは14日午前2時30分、英国マンチェスターのエティハド・スタジアムで行われた2020-21シーズン・イングランド・プレミアリーグ24ラウンドでマンチェスター・シティに会った。
9ラウンドではカウンター2回で勝ち点3を手にしたので自信はあった。

ソン・フンミンは左サイドアタッカーとして出場した。
だがマンチェスター・シティは前半期とは違った。
ケビン・デ・ブライネを長期負傷で失ったが、イルカイ・ギュンドアンで空白を埋めた。
ギュンドアンが0トップで躍動的に攻守のバランスを維持した。
序盤から主導権を渡さず、3列目を除いた全員が戦闘的に侵入した。

ソン・フンミンは左サイドから右サイドに移動し、スイッチングプレーをした。
後半も誠実に守備加担したが、カンセロのタックルがソン・フンミンの足首を強打した。
主審が担架を要請したりもした。
負傷が憂慮され得るシーンだった。

ソン・フンミンはパンパンと払ってグラウンドに戻ってきたが、右足首に出血があった。
もしカンセロのタックルが負傷に繋がっていれば、トッテナムは本当にクラっとしていた。
現地のファンはマンチェスター・シティ戦を見た後、「ソン・フンミンとケインがいなければ降格圏に落ちるつもりか」と苦しい競技力に怒った。

210214052642483a.jpg



"エージェントと認証ショット"イ・スンウ、ポルトガルにレンタル確定
デイリアン



※一部要約

ベルギーリーグを去ったイ・スンウがポルトガル1部リーグのポルティモネンセSC入りした。

スポーツエージェントのウンベルト・リバは7日、自身のインスタグラムにイ・スンウのポルティモネンセレンタルの便りを伝え、一緒に撮った写真を公開した。

これでベルギーのシントトロイデン所属であるイ・スンウは、今シーズンが終わるまでポルティモネンセにレンタルされる。
まだクラブの公式発表は出ていない。

先にイ・スンウは韓国に帰ってKリーグクラブに入団するという噂が広がったが、彼の行き先はポルトガルだった。

イ・スンウが身を置くことになるポルティモネンセは、今シーズンのポルトガルリーグで18チーム中15位を走っている。



兵役忌避嫌疑のソク・ヒョンジュン、兵務庁相手の行政訴訟で敗訴
NEWSIS



※一部要約

兵役忌避嫌疑で告発されたサッカー代表出身ソク・ヒョンジュンが、兵務庁を相手にした行政訴訟で敗訴した。

5日、兵務庁によると水原地裁第3行政府が4日、ソク・ヒョンジュンが京仁兵務庁長を相手にした"国外旅行期間延長許可の拒否処分取り消し訴訟"宣告期日で、原告に請求棄却の判決を下した。

ソク・ヒョンジュンは国外旅行期間延長の申請を受け入れなかった兵務庁の決定を取り消すよう、去年6月に訴訟を起こしたが、1審の裁判所はこれを受け入れなかった。

ソク・ヒョンジュンは兵務庁の決定に従わず、2018年と2019年に行政審判を請求したが棄却され、今回の行政訴訟でも敗訴したことがわかった。

ヨーロッパの舞台で活動してきたソク・ヒョンジュンは、国外旅行許可期間が過ぎたにもかかわらず帰国せず、去年12月17日に京仁地方兵務庁により兵役法違反の嫌疑で告発された。

ソク・ヒョンジュンは現在、フランスプロサッカー・リーグ2(2部リーグ)のトロワ所属で試合に出場していて、起訴中止の状態である。
ソク・ヒョンジュンが帰国すれば捜査が行われる予定だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング