"FA"イ・スンウ、ドイツ-スイス-韓国行きに関心なし…"ひとえにスペイン復帰のみ"
スポータルコリア



※一部要約

スペインメディアのスポルトは26日、「イ・スンウが最近シントトロイデンと契約解除した。様々なところからラブコールが来たが、本人はスペイン復帰を望んでいる」と伝えた。

イ・スンウは一時、バルセロナの未来に挙げられていた。
バルセロナユースの"ラ・マシア"でものすごい活躍を繰り広げ、スペイン現地ではリオネル・メッシの後継者になるという評価もあった。
だがバルセロナの幼少年獲得規定の違反による1年出場停止の懲戒で困難に陥った。
それを起点に技量が急落した。

結局、2017年夏の移籍市場でセリエAのエラス・ヴェローナに去った。
そこでも同じだった。
43試合2ゴールという記録だけを残したまま、2019年にベルギーのシントトロイデンのユニフォームを着た。
それでも反転はなく、最近相互合意の下で契約解除した。

自由契約になったイ・スンウ。
スポルトの報道によるとドイツ、スイス、韓国からラブコールがさっ到している。
さらにベトナムチームのハノイもイ・スンウを狙っているという報道が出てきた。
イ・スンウは上記のチームにまったく関心がない。
ひたすらスペイン復帰だけを目標にしている。

スポルトは「イ・スンウはドイツ、スイス、韓国からオファーを受けたが彼の望みはラ・マシアで活躍したスペインに復帰することだ。自分が成長したところに戻ることを願っている」と説明した。

だがイ・スンウに向けられたスペインチームの関心は微々たるものである。
なにしろ見せたものがないため、快く獲得するのが難しいのだ。
イ・スンウはかなり難しい選択をしなければならない状況に置かれた。



ボルドー監督「ファン・ウィジョまだ100%じゃない、無理させない」
ニュース1



※一部要約

フランスリーグアンのジロンダン・ボルドーの司令塔がFWファン・ウィジョの復帰を急がないと伝えた。

27日、フランスメディアのレキップによると、ウラジミール・ペトコビッチ監督はブレスト戦を控えて行われた記者会見で、ファン・ウィジョの体の状態に関する質問に「まだ100%じゃない」と語った。

足首とハムストリングの負傷でリーグ4試合連続で欠場したファン・ウィジョは、最近コンディションを引き上げてチーム練習に合流した。

ファン・ウィジョは負傷の余波で3週近く離脱し、"ベント号"の2022カタールワールドカップアジア地区最終予選の6・7次戦リストからも除外されていた。



新チームを探す"コリアンメッシ"イ・スンウ、Kリーグクラブは「関心なし」
インサイト



※一部要約

"コリアンメッシ"イ・スンウがシントトロイデンVVと契約解除した。
自然と国内復帰への可能性も再び提起されている。

伝えられたところによると、イ・スンウの今後の行き先はMLS、Jリーグ、Kリーグ、中東などが予想されている。

最大のイシューはイ・スンウの国内復帰の可否だ。
先だってイ・スンウは今年はじめにも水原三星や全北現代など、Kリーグの一部のチームの獲得考慮対象に上がったと伝えられた。

だが状況は変わった。
イ・スンウの年俸条件などに合わせられるクラブは現在、イ・スンウ獲得にあまり関心を示していないという。

全北のペク・スングォン団長は「イ・スンウ獲得の計画はない。イ・スンウ側から連絡もなかった」とメディアに伝えた。
蔚山現代の関係者もやはり「まったく関心がない」と答えた。

水原三星の関係者は「まだ具体的なことはない。イ・スンウ側からオファーすれば交渉に応じるつもりはある。だが我々が先にオファーしたことはない」とメディアに答えたという。

一方、イ・スンウの年俸はシントトロイデン移籍当時に80万ユーロ(約10億6700万ウォン)相当である。
高年俸者という点もイ・スンウのKリーグ行きの障害物として作用している。





チャン・ヒョンス、海外チーム所属でACL2回優勝…キム・ヨングォン以降で初めて
スポーツ朝鮮



※一部要約

元代表DFチャン・ヒョンス(30、アル・ヒラル)がキム・ヨングォン(31、ガンバ大阪)以降で初めて海外チーム所属でアジアチャンピオンズリーグを2回優勝した韓国選手に登極した。

チャン・ヒョンスが導くアル・ヒラルは24日、サウジアラビア・リヤドのキング・ファハド国立競技場で行われたKリーグの浦項スティーラーズとの2021ACL決勝戦に2対0で勝利し、2019年に続いて2年ぶりに優勝した。

浦項と最多優勝で同率だったアル・ヒラルは、今回の優勝でアジアサッカー初の4回優勝チームに名前を上げた。

2019年夏にFC東京を去ってアル・ヒラルに巣を作ったチャン・ヒョンスは、入団初年度にチームが浦和レッズを破って優勝する一助となった。

そして今年再びアジアのトロフィーを手にして、個人通算ACL優勝回数を2回に増やした。

AFCによると、海外チーム所属で2回の優勝を記録した韓国選手はキム・ヨングォン以降でチャン・ヒョンスが初めてである。



[オフィシャル] イ・スンウ、シントトロイデンと契約解除…"FAで新チームを探す"
マイデイリー



※一部要約

イ・スンウが自由契約(FA)になった。

ベルギープロサッカーチームのシントトロイデン(STVV)は23日、「我がクラブとイ・スンウ側は双方合意の下で契約解除をすることに決めた。韓国人MFのイ・スンウは2020年8月に我々のチームに入団し、17試合プレーして2ゴールを決めた。今後のイ・スンウの人生に幸運が多くあることを願う」と決別の辞を残した。

イ・スンウ側の関係者は「イ・スンウは現所属チームのシントトロイデンと契約を終えて国内にしばらく帰ってくる計画だ。これから新チームを探す予定」として、「KリーグやJリーグ、アメリカメジャーリーグサッカー(MLS)などを調べている」と耳打ちした。

イ・スンウはスペインのバルセロナユースを皮切りにイタリアのエラス・ヴェローナでイタリアの舞台を踏んだ。
そしてベルギーの舞台を経て、今年上半期にはしばらくポルトガルのポルティモネンセでレンタル生活もした。
このようにヨーロッパの様々な国を経験した彼が、どのリーグを新たな舞台として選ぶのか関心が集まっている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング