キム・ハクボム号が6月"韓日戦"の可能性…日メディア「最終調整」
スターニュース



※一部要約

オリンピックサッカー代表の間で"韓日戦"評価試合が6月に行われそうだと日本メディアが伝えた。

日本の"スポニチアネックス"は18日、「6月12日の評価試合の相手に韓国が急浮上している」と日本サッカー協会の関係者を引用して報じた。

このメディアは「6月5日のガーナとの評価試合はすでに確定し、韓国戦も最後の調整中だという」として、「もし韓日戦が実現すれば互いの自尊心をかけた対決になるだろう」と説明した。

続けて「韓日戦は3月にA代表で評価試合(韓国の0-3負け)が繰り広げられたことがある」として、「オリンピック代表は東京オリンピックでトーナメントに並んで進出すれば8強戦で会うこともあり得るので、"前哨戦"の意味もある」と付け加えた。

U-23代表が行った韓日戦は2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会の決勝戦が最後だった。
当時、韓国は延長戦の末にイ・スンウとファン・ヒチャンの連続ゴールにより2-1で勝利、金メダルを獲ったことがある。
U-23代表が行った歴代戦績は16戦7勝4分け5敗で韓国が僅かにリードしている。



「アジア最高の男が来るって?」キム・ハクボムの"サプライズ発言"に日ビクッ
スターニュース



※一部要約

キム・ハクボムオリンピックサッカー代表監督がソン・フンミンの東京オリンピックワイルドカード抜擢の可能性に言及すると、日本メディアもビクッと驚いて関連ニュースを伝えた。

日本"サッカーダイジェスト"は29日、「韓国のメダル獲得の期待感を高める驚きの発言が出てきた」として、「キム・ハクボム監督は記者会見で"国民的英雄"ソン・フンミンのワイルドカード招集の可能性を言及した」と報じた。

このメディアは「キム監督は11人のワイルドカード候補を選び、その中にソン・フンミンが含まれていると明かした」として、「韓国ではソン・フンミンだけでなくファン・ウィジョのワイルドカード抜擢の可能性が高いという見解も多い」と付け加えた。

別の日本メディア"フットボールチャンネル"は「ソン・フンミンのワイルドカード出場の可能性が浮上した」として、「彼は日本だけでなく各国が警戒しなければならない選手」と言及した。
続けて「ソン・フンミンの特徴はドリブルと高いゴール決定力」として、「主に左サイドでプレーするが、両足の精度が高くてどちらのサイドでもゴールを炸裂させることができる。パスなどでチームメイトを活かすよりは、自らシュートでゴールを狙うスタイル」と説明した。

それとともに「ワールドカップ予選の日程と重なるだけにどうなるかわからないが、もしアジア最高の男がオリンピックに出場するなら皆が警戒しなければならない。今後の動向に関心が集まる」と伝えた。



"依然として選抜に難関"代表、6月のワールドカップ予選は"完全体"可能か
フットボールリスト



※一部要約

コロナ19時局で選手の選抜が難しいというのは3月の韓日戦でしっかり確認した。
最高の戦力を稼働させなければならない6月のワールドカップ予選でもやはり難関が残っている。

代表は6月3日から15日まで2022カタールワールドカップアジア2次予選H組の4試合を行う。
グループ1位になってこそ安定的にワールドカップ3次予選進出とアジアカップ本戦進出を同時に達成できるが、韓国は現在グループ2位である。
グループ1位のトルクメニスタンより1試合消化していないので1位登極を憂慮する状況ではないが、最上のメンバー構成が必要だ。
実戦を4試合も行うという点で選出メンバーが組織力を大きく引き上げる機会であるため、戦力強化の側面でも主戦をほぼ選出する必要がある。

大韓サッカー協会はやや性急に推進した3月25日の韓日戦で、主戦級選手の選抜を日本よりも少なくして0-3の惨敗を喫した。
負傷で外れた選手を除いてもファン・ヒチャンやファン・ウィジョらヨーロッパ組FWや、キム・ミンジェらアジアでプレーする守備資源が離脱しているチームだった。



キム・ハクボム号、最上の組分け…ホンジュラス-ニュージーランド-ルーマニアとB組
イーデイリー



※一部要約

キム・ハクボム監督が率いるオリンピックサッカー代表が東京オリンピック本戦で最高の組分けになった。

韓国は21日、スイス・チューリッヒにあるFIFA本部で行われた2020東京オリンピックサッカーの組分け抽選の結果、ホンジュラス・ニュージーランド・ルーマニアとB組みに属した。
当初に期待していた最上の組分けと言っても過言ではない。





"不通論難"ベント、現場訪問再開・・・韓日戦は謝罪で終わりですか?
SPOTVニュース



※一部要約

パウロ・ベント大韓民国男子サッカー代表監督は先週末、Kリーグの試合現場を続けて訪れた。
だが韓日戦惨敗と不通論難への明確な立場表明が行われていない状況のため、現場訪問はありがたいばかりではない。

3月25日は韓国サッカーにとって恥辱の日だった。
紆余曲折の末に行われた日本との親善試合で韓国は0-3の惨敗を喫した。
2011年8月に0-3で敗れた札幌惨事に続く、もう一つの惨事として記録される試合だった。

韓日戦成立のときから歓迎される気流ではなかった。
コロナ19のリスクの中で無理に日本遠征を強行しているという批判が溢れた。
経済論理を代入するとしても、2020東京オリンピックの成功開催の雰囲気を盛り上げようとしている日本政府の戦略に利用されるだけという憂慮もあった。
結果的に韓国は日本に脇役となった。

代表自身も問題を大きくさせた。
選手招集の過程でベント監督の不通が論難となった。
まずリスト発表で蔚山現代所属の選手6人(最終7人)を抜擢したのが発端だったが、リーグでコンディション乱調を見せていたホン・チョルを選んだのが問題になった。
この前まで大韓サッカー協会専務理事をしていたホン・ミョンボ蔚山監督も、ベント監督のコンディション確認のチェックに心残りを表した。

最大の問題は不通だった。
ベント監督とコーチングスタッフは就任から約2年半の時間、Kリーグの現場を地道に訪れるほど勤しんで動いた。
だが肝心の選手リスト発表時には各クラブおよび監督とのコミュニケーションがまともに成り立っていなかった。

結果論的だが、今回の韓日戦はやはり、コンディションが最上の選手が選ばれたのかについての疑問を消すことができなかった。
結果はもちろん、内容でも惨敗だった。
過去の韓日戦で出ていた代表の闘志がまったく見られなかったほど、選手一人ひとりのコンディションは正常ではなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング