"誤審論難"2002スペイン戦の主審、口を開いた…「判定素晴らしかった」
エクスポーツニュース



※一部要約

誤審論難で今まで語られている2002韓日ワールドカップ8強戦の大韓民国とスペインの試合について、主審を引き受けた審判が直接反論した。

20年前の今日である2002年6月22日は、大韓民国がスペインを下して史上初の4強進出を達成した日だった。
大韓民国にとっては歴史に残る日だったが、スペインにとっては怒り心頭の日だった。

当時、大韓民国は無得点で延長戦まで終えてからPK戦でスペインを下した。
問題はスペインの決定的得点チャンスが審判の判定で霧散したという点だった。
代表的なシーンが延長戦の序盤に出た、ホアキン・サンチェスの突破からのクロスをモリエンテスがヘッダーで決めたものだった。
ホアキンがクロスを上げる直前、ボールがラインを越えたという判定が出て得点を認めらなかったが、リプレイのシーンを見ればボールはピッチ内にあった。

そのため波紋は想像以上に大きく、多くのスペイン人が結果に怒りをぶちまけた。
また、大韓民国とスペインの試合はワールドカップ史上で最悪の誤審が出た試合の3位に選ばれたりもした。

20年が過ぎた現在、当時の試合の主審を引き受けた審判が直接現れて誤審論難に反論した。
エジプト出身のアフメド・アル・ガンドゥール審判はスペインのマルカとのインタビューで「私の判定は素晴らしかった」と主張した。



ベント号と会うガーナ出身パーテイ、ヤクブに改名…イスラム教に改宗
ニュース1



※一部要約

英国メディアの"ギブミースポーツ"は9日、「パーテイがイスラム教に改宗して名前を変更した。彼の新しい名前はヤクブ」と報じた。

パーテイは2012年、スペインのレガネスユースでサッカーを始め、自然とキリスト教徒に成長した。

しかし3月、モロッコ国籍の彼女サラ・ベエラの勧めでイスラム教に改宗し、その後イスラム教に献身するという意味で名前まで変更した。

韓国は2022FIFAカタールワールドカップでガーナ、ウルグアイ、ポルトガルとH組に属した。
特にガーナは韓国が16強進出のために絶対に捉えなければならない相手であり、パーテイは最も警戒すべき選手の1人である。

ただし、実際にユニフォームのマーキングもヤクブに変更されるかは確かではない。

英国メディアの"イブニング・スタンダード"は「彼が公式的な名前にヤクブを使うかはまだわからない。ひとまずアーセナルでは引き続き"パーテイ"という名前がマーキングされるだろう」と伝えた。



CSLも代表も開店休業、中国サッカーの時計が完全に止まった
ベストイレブン



※一部要約

中国サッカーの時計が完全に止まった。
中国サッカー代表の日程はもちろん、5月に入った現在、中国スーパーリーグもやはりいつ始まるのか未知数だ。

中国メディアの體壇周報によると、中国サッカー協会(CFA)は2022シーズンの中国スーパーリーグ開幕に関する日程の発表についてまだ明確な見解の発表がなく、さらには6月のAマッチ期間にしなければならないAマッチ開催の可否もかなり不透明だという。

理由はコロナ19のためである。
現在、上海などの大都市に強力な隔離措置を施行している中国内部の事情で、スーパーリーグとAマッチを正常に開催するのが難しい状況だ。

海外遠征でAマッチを行うとしても、かなり複雑な行政手順を踏まなければならないばかりか、中国スーパーリーグが開幕できない状況なので、選手のコンディションもやはり非常に良くないのが自明だという点も負担である。

中国スーパーリーグ開幕の日程がまだ確定していない点は、中国スーパーリーグでプレーするソン・ジュンホやカン・サンウら韓国サッカー代表選手にも良くない影響を及ぼす公算がかなり濃厚だ。
もう最終エントリー争いに本格的に火がついた状況であり、選手はKリーグや海外に関係なく、身を置く所属チームで最善を尽くしている。
だがこれら2人の選手はこのままなら開店休業状態に置かれる公算が大きい。
カタールワールドカップ出場を切実に夢見ている両選手にとって、中国の事情はひたすら息詰まるほかない。



[オフィシャル] ソン・フンミン、Kリーグと激突…7月13日のイベントマッチ確定
エクスポーツニュース



※一部要約

クーパンプレイがピーチインターナショナルとともに、英国の名門"トッテナム・ホットスパーFC"を招待してチームKリーグとの親善試合を主催し、国内でデジタル単独生中継に乗り出す。

クーパンプレイは"クーパンプレイシリーズ"の最初のマッチとして、チームKリーグ対トッテナム・ホットスパーの試合を進行し、試合は7月13日にソウルワールドカップ競技場で行われる。
特に今回の対戦はKリーグを代表する選手と、代表の主将でありトッテナム・ホットスパー所属のソン・フンミン選手との対決であるため、多くの国内サッカーファンの耳目が集まる見通しだ。
試合時間とチケット情報は今後公示される予定で、試合の細部事項は防疫指針によって確定する。

アントニオ・コンテ監督が指揮するトッテナム・ホットスパーは今回の訪韓期間で、クーパンプレイとピーチインターナショナルが主管する"クーパンプレイシリーズ"を通じて、2つの親善試合を行う予定である。
その他にもトッテナム・ホットスパーは韓国のファンとコミュニケーションして社会貢献活動、韓国文化体験、トッテナムのサッカートレーニングプログラムなどの様々なイベントに参加する計画だ。

ソン・フンミンはクーパンプレイとのインタビューで「今夏、同僚と一緒に故国を訪れることになってすごく興奮している」として、「国内ファンの前で直接所属チームで活躍する姿をお見せすることができワクワクする」と訪韓への期待感をあらわした。

クーパンプレイは代表のサッカー戦やNFLなど、多様なスポーツ競技を中継している。
特に海外組のサッカー選手であるソン・フンミン、イ・ガンイン、ファン・ウィジョ、キム・ミンジェの所属チームの試合をデジタル生中継している唯一のプラットフォームである。
クーパンプレイはまた、韓国プロサッカー連盟とのパートナーシップを通じて、5月5日のKリーグ1・10ラウンドからKリーグの全試合生中継を開始する。



日本が"死の組"に選ばれた瞬間、イ・チョンスが見せた激しい反応
ウィキツリー



※一部要約

元サッカー選手イ・チョンスが日本の"死の組"編成の瞬間に見せた反応が目を引いている。

イ・チョンスは2日、ユーチューブチャンネルでワールドカップ組み合わせライブ放送を行った。
この日、カタール・ドーハの展示コンベンションセンターではカタールワールドカップ本戦組み合わせ抽選が進行された。

イ・チョンスはリアルタイムで組み合わせ抽選を見守り、いらだちを隠せなかった。
スペインとドイツが属する、いわゆる"死の組"の抽選順になるとイ・チョンスは「(死の組に入る確率は)33%だ。他チームの話はしない。わけもなくそう思った」と抽選結果に注目した。

"死の組"に日本が呼ばれるやいなや、イ・チョンスか歓呼して喜びをあらわした。
彼は拍手をして拳をギュッと握り、激しい反応を見せた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング