[チェ・ホヨンのサッカー行政] AFCテュビズの事例に見る韓国サッカーの閉鎖性克服のための道
ゴールドットコム



※一部要約

2014年8月、国内屈指のスポーツマーケティング代理店のスポーティズンがベルギー2部リーグAFCテュビズの買収を発表した。
現在、レアル・マドリードでプレーしているベルギー代表エデン・アザールのユース時代のクラブとしても有名なAFCテュビズを韓国のスポーツ専門企業が買収することになり、大きな期待感を持たせた。

大田シチズンのレジェンドであり元代表のキム・ウンジュンが現役引退後にすぐテュビズのコーチとなり、ファン・ジンソンやファン・ギウクらのプロ選手が1シーズンほど活動した。
続けて様々な有望株がテュビズに渡っていったが、良い事例を残せなくて復帰した。
日本やインドネシア、中国などの青少年代表選手もテュビズの門を叩いた。
その中で中国出身の選手はクラブに結構な移籍金を残して中国に復帰し、青少年代表にも選抜された。

AFCテュビズは韓国サッカーファンに、KBSのサッカーオーディションプログラムである青春FCで名前が知られた。
アン・ジョンファン、イ・ウリョン、イ・ウンジェら2002韓日ワールドカップの英雄が指導者として出て、プロサッカー選手になるのを失敗した若い選手にチャンスを与えるプログラムだった。
青春FCに選抜された選手は一つのチームを組んで練習し、練習試合もして技量を向上させた。
このとき、キャンプでベルギーに行ってテュビズの選手団と親善試合をした。
それを通じて韓国人が運営するベルギーのプロサッカー団として良いイメージを印象づけた。



キム・ハクボム号の運命は…21日東京オリンピック組み合わせ抽選
NEWSIS



※一部要約

2012ロンドンオリンピックの銅メダル以降、再び入賞を狙う韓国サッカーの運命を21日に占うことができる。

FIFAが21日にスイス・チューリッヒで2020東京オリンピックの組み合わせ抽選を行う。

16ヶ国が出場する男子サッカーでは開催国の日本、南米の強豪ブラジルとアルゼンチンが1番ポットに属した。

合計4つのポットに分けられてグループを割り当てるので、ひとまず日本・ブラジル・アルゼンチンとはグループリーグで会わない。

グループ編成の原則によると、同大陸連盟の所属国とは同組に入れない。

韓国サッカーはホン・ミョンボ監督が指揮棒を取ったロンドンオリンピックで開催国の英国や日本などを制圧し、オリンピック史上初の銅メダルを首にかけた。



女子サッカーPOで衝撃の防疫を披露した中国、「敗者韓国の難癖悔しい」
ニュース1



※一部要約

中国メディアが中国の女子サッカープレーオフを行っている間の新型コロナウイルス感染症の防疫管理は成功的だったとして、韓国メディアがいらぬ難癖をつけていると報じた。

コリン・ベル監督が率いる韓国女子サッカー代表は13日、中国の蘇州スタジアムで行われた中国との東京オリンピックプレーオフ2次戦で90分を2-1でリードして延長に入ったが、延長戦で同点ゴールを許して2-2で引き分けた。
1次戦を1-2で敗れていた韓国は1・2次戦合計3-4で東京行きのチケットを取るのに失敗した。

韓国にとって脱落と同じくらい悔しかったのは中国の粗末な防疫体系だった。
中国はコロナ19時代にもかかわらず1万人を越える大観衆が集まり、距離を置くのはもちろんマスク着用といった基本的な規則の遵守もまったく守られていない様子だった。
コロナ19の発源地である中国でこのような姿を見せたため、惜しさがさらに大きかった。

韓国メディアは中国の粗末な防疫体系を指摘したが、中国メディアはむしろ韓国の批判を難癖だとして悔しいという反応だ。



「サッカーが上手ければ兄」アン・ジョンファン「フンミンが兄、ワールドカップで本田の記録破ってくれ」
フットボールリスト



※一部要約

「サッカーが上手ければ兄だ」
アン・ジョンファンがソン・フンミンに"兄"の呼称をつけて、カタールワールドカップでアジア選手最多ゴール記録を更新してほしいと頼んだ。

アン・ジョンファンは現役時代に攻撃型MFやストライカーなどのポジションでプレーし、FIFAワールドカップだけで3ゴールを記録した。
そのうちの2ゴールは2002韓日ワールドカップ当時のグループリーグのアメリカ戦、16強のイタリア戦で炸裂させた。
その後、2006ドイツワールドカップのグループリーグのトーゴ戦で右足ミドルシュートで決勝ゴールを決め、3ゴールでアジア選手のワールドカップ最多得点記録の保有者になったりもした。

当該の記録は2018年に日本の本田圭佑が破った。
ロシアワールドカップのグループリーグのセネガル戦で4ゴール目を成功させ、アン・ジョンファンとパク・チソンの3ゴールを越えた。



「マルディーニの頭を蹴ったイ・チョンスは悪党、ふてぶてしい」中・日ひっくるめて2002の韓成果を非難
スポータルコリア



※一部要約

アジアワールドカップ予選すら手に負えない中国が、大韓民国の2002韓日ワールドカップの成果を非難した。

日本のサッカーダイジェストは20日、中国・新浪スポーツを引用、「元韓国代表FWの発言が近隣国で少なくない話題を呼び起こしている。コメントのターゲットは2002ワールドカップ4強神話の主役でレアル・ソシエダやフェイエノールト、大宮で活躍したイ・チョンス」と光を当てた。

メディアによると、中国の多くのメディアは現在39歳のレジェンドであるイ・チョンスが韓国のバラエティプログラムに出演し、19年前のシーンを振り返った。
イタリアとの韓日ワールドカップ16強戦でシュートを試みて、パオロ・マルディーニの頭を故意に蹴飛ばしたと明かした。

イ・チョンスのコメントも掲載された。
「イタリアの選手は傲慢だったし、韓国人を軽く見ている感じがした。マルディーニは韓国で言えばホン・ミョンボのような選手だった。全員のキャプテンだ。だがマルディーニだから蹴ったのではない。偶然そこにいた」と打ち明けた。

中国ファンの反応も載せられた。
「ふてぶてしい」、「悪党だ」、「イタリアだけでなく全世界が軽蔑する」と書かれていた。
日本もやはり同腹だった。
中国の発言が痛快だったかのようにメディアは「イタリアの選手とファンはこの発言(中国)にどう思うのか」と疑問を提起した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング