27対6…韓日金メダルの数字が残したもの
週刊朝鮮



※一部要約

27対6。
ハンドボールの試合のスコアではない。
8月8日に閉幕した東京オリンピックで日本と韓国が取った金メダル数だ。
韓国と日本は1988年のソウルオリンピック以降、30年以上善意の競争をしてきた。
ところがなぜ突然、今大会でハーフスコアもゆうに超えるものすごい格差が広がったのか。
韓国が記録した金6、銀4、銅10、総合16位は45年で最も悪い成績である。

もちろん東京オリンピックは日本にとってホームグラウンドの利点が大きく作用した。
日本は2013年6月に東京オリンピックの開催が確定すると"復興オリンピック"を旗印に出した。
成功的な"人類の大祭典"を完成させ、2011年の東日本大震災の痛みをきれいにそそぐためだった。

そのため日本政府は全面的な支援をした。
日本スポーツ庁は2021年度のオリンピック強化予算を103億円と2015年より40%増やした。
この予算は各競技団体に分配され、海外遠征の経費や競技力強化のための合宿に使われて代表選手の戦力は大きく向上した。

それに対して韓国の支援と準備は疎かだった。
東京オリンピックは通常のオリンピックと違った。
韓日間の歴史的な感情が深く刻まれており、金メダル数で日本に大きく押されてもならず、特に各種目の韓日対決では絶対に勝たなければならなかった。

しかしオリンピックを主管する大韓体育会は政府から特別支援を受けられなかった。
そのため傘下の競技団体や企業体の協力、そして選手一人ひとりの奮発に大いに期待するしかなかった。
"金メダル7個を取って10位以内に入る"というやや漠然とした目標が、疎かな準備をよく物語っている。
金メダル9個以上を取ってこそ10位入りが可能だというのは体育関係者の常識なのに、どうやって7個で10位になるのか理解し難い目標だった。

某大学スポーツ部の教授の言葉が響く。
「前政権の"チョン・ユラ波動"以降、現政権の体育関連の支援と企業体の協賛が絶え絶えになっている。アーチェリーや体操など、一部の種目だけがかなり前からつながっている企業体からの恩恵を受けているのが実情だ。このような雰囲気で大韓体育会がマスタープランを作るのは大変だっただろう」
政府の支援がなく、大韓体育会が手を放したわけである。



"平均身長176センチ"日本女子バスケのオリンピック銀メダル、韓国に何を示唆する? [ソ・ジョンファンの獅子吼]
OSEN



※一部要約

果敢な投資と科学的な育成が一つになってこそ国際舞台で成績を出せる。
史上初のオリンピック銀メダルを取った日本女子バスケットボールが与えた教訓だ。

日本女子バスケ代表は8日、さいたまスーパーアリーナで開催された"2020東京オリンピック女子バスケ決勝戦"でアメリカに善戦した末、75-90で敗れた。
日本は史上初のオリンピック銀メダルを獲得する快挙を達成した。

バスケは身長ではなく心臓の大きさが重要だというアレン・アイバーソンの名言が浮かぶ試合だった。
平均身長が176センチに過ぎない日本は、自分たちより10センチ大きいアメリカを正確なシュートや様々な戦術、粘り強い組織力で最後まで苦しめた。
WNBAでプレーする最長身センターの渡嘉敷来夢(192センチ)が膝十字靭帯破裂でシーズンアウトになった状況にもかかわらず、日本は持っている実力を200%発揮して世界を驚かせた。

日本代表を指揮したポイントガードの町田瑠唯はオリンピックベスト5に名前を上げた。
町田瑠唯はわずか162センチの身長で1試合あたり12.5個のアシストをした。
2位ジュリ・アレマンド(ベルギー)の7.5個より何と5個も多い数字だった。



"帰化マラソンランナー"オ・ジュハン、太ももの痛みで棄権
チャネルA



※一部要約

今日(8日)、日本北海道の札幌大通公園で行われた男子陸上マラソン競技に出場したケニア出身の帰化マラソンランナーのオ・ジュハン(33、青陽郡庁)が負傷でレースを棄権しました。

オ・ジュハンは序盤5キロ地点を15分19秒で通過して106人中17位で走り、10キロ地点までを30分53秒で過ぎて6位の記録で先頭圏に位置していました。

しかし15キロ地点を越えられずに太ももの痛みを訴え、レースを途中で棄権しました。

オ・ジュハンは2018年に韓国に帰化し、今回の東京オリンピックで初めて韓国代表選手になりました。



13歳西矢金メダル…スケートボードは10代少女の遊び場
ノーカットニュース



※一部要約

スケートボード女子ストリートは10代少女の遊び場だった。

西矢椛は26日、日本東京有明アーバンスポーツパークで行われたスケートボード女子ストリートで総合15.26で金メダルを首にかけた。

西矢は「全世界のすべての人々が知る有名人になりたい。2024年のパリオリンピックでも優勝したい」として、「他の大会も同じ。最初は緊張したが、その後は緊張しなかった。スケートボードは面白いのですべての人たちが乗ってみて欲しい」と10代の少女らしい所感を伝えた。

銀メダルと銅メダルもすべて10代がさらった。
ライッサ・レアウ(ブラジル)が14.64点で銀メダル、中山楓奈(日本)が14.49点で銅メダルを取った。
レアウの年齢は13歳203日。
金メダルを取っていればオリンピック最年少記録だった。
中山の年齢も16歳に過ぎない。

一方、日本は男子ストリートの堀米雄斗に続いて西矢が女子ストリートで金メダルを首にかけ、男女で金メダルをさらった。



拳骨、ローキック、手踏み…フットサルリーグで最悪の乱闘劇 [映像]
国民日報



※一部要約

フットサルリーグであるFKリーグの試合で相手チームの選手に拳骨やローキックなどをして物議を醸した選手3人が永久除名の懲戒を受ける。

高陽ブルズフットサルクラブと堤川FSは15日、京畿道の坡州NFCでハンファ生命2020/2021FKリーグプレーオフを行った。
試合中ずっと激しく対立した両チームの選手は、試合終了3分前に神経戦を行った。

このとき、堤川FS所属選手のA氏が高陽ブルズ所属選手の下半身を強く蹴った。
相手選手は競技場外に飛んで倒れた。
A氏は反則を認めて退場措置となった。

高陽ブルズの選手は直ちに抗議した。
この過程で堤川FSと高陽ブルズの選手が競技場に群がって相手を荒っぽく押し退けて揉み合いになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング