元水原三星ゾリ、コロナ陽性後に心臓麻痺で死亡
デイリアン



※一部要約

水原三星が2000年代序盤にチームで活躍したDFゾリ(本名ゾルタン・サボ、セルビア)を追慕した。

水原は16日、クラブのSNSアカウントで「2000年から2002年まで水原三星でプレーし、我々に6つのトロフィーを抱かえたゾリの冥福を祈る」と記した。

また、ゾリの写真とともに掲げた優勝トロフィーの名前を羅列した。

セルビアメディアによると、ゾリは16日午前にセルビア・スレムスカ・カメニツァのある病院で心臓麻痺により息を引き取った。
享年48歳。



"選手選抜不正疑惑"コ・ジョンス元監督に執行猶予
ソウル新聞



※一部要約

プロサッカー大田シチズンの選手選抜不正疑惑で裁判にかけられたコ・ジョンス元監督に懲役刑の執行猶予が宣告された。

大田地方裁判所刑事12部は11日、業務妨害容疑で起訴されたコ元監督に懲役6ヶ月に執行猶予1年を宣告した。
コ元監督は2018年12月頃、当時市議会議長だったキム・ジョンチョン市会議員の請託を受け、キム議員の知人の息子を公開テストの合格者リストに入れる方法で、公正でなければならない選手選抜業務を妨害した嫌疑を持たれていた。

裁判所は「市民が株主として参加する市民クラブの監督であり、有名サッカー人が地域民の期待を裏切った」として、「予算審議の議決権を持つ市議長の要求を拒否できずに犯行をした点を量刑で考慮した」と明かした。



キ・ソンヨン選手の父キ・ヨンオク元光州FC団長が横領疑惑で捜査
ソウル新聞



※一部要約

代表出身サッカー選手キ・ソンヨンの父であるキ・ソンヨン元光州FC団長が横領疑惑で捜査を受けることになった。

7日、光州市によると、8月に光州FCの特定監査を始めてキ元団長の横領疑惑を確認し、最近警察に捜査を依頼した。

市監査委員会は、キ元団長が2015年から今年1月まで光州FCの団長を歴任してクラブ予算の3億3000万ウォンを引き出して私的に使った事実を摘発し、担当部署の体育新興に捜査を依頼することを求めた。

キ元団長は支出関連の書類を提出せず、理事会の議決も受けなかったことが確認された。

市はキ元団長の他にも光州FCの職員2人を横領などの疑惑で捜査を依頼した。



"コロナ19確診"サッカー代表8人が中央医療院移送…2人退院
NEWSIS



※一部要約

メキシコおよびカタールとの評価試合のためオーストリアに行き、新型コロナウイルス感染症で確診になった韓国サッカー代表の選手とスタッフが26日午前、チャーター機で入国してから国立中央医療院(NMC)に移送された。
そのうち2人は退院した。

サッカー代表は合計48人のうちコロナ19に感染した人員は、選手とスタッフを合わせて合計11人である。
選手7人、スタッフ4人だ。

確診者8人が入国直後、国立中央医療院に移送された。
スタッフは4人全員、選手は7人のうち4人だけが入国した。

選手4人はチョ・ヒョヌ(蔚山現代)、イ・ドンジュン、キム・ムンファン(以上釜山アイパーク)、ナ・サンホ(城南FC)だとわかった。
チョ・ヒョヌ選手はチャーター機に乗る前に実施したコロナ19検査で陰性判定を受けたが、国内確診者の隔離解除基準を満たしておらず他の確診者と一緒に移動したという。

クォン・チャンフン(フライブルク)、ファン・ヒチャン(ライプツィヒ)、ファン・インボム(ルビン・カザン)ら残りの選手3人は所属チームのあるドイツとロシアへ向かった。



"スーパースター"ロナウド、コロナ19確診
YTN



※一部要約

ポルトガル国籍の"スーパースター"クリスティアーノ・ロナウドがコロナ19に罹りました。

ポルトガルサッカー協会は現地時間13日に発表した声明で、ロナウドがコロナ19陽性判定を受けて現在隔離中だと明かしたとAP通信などが伝えました。




ロナウド、コロナ19確診判定を受ける
ハンギョレ

201014095035121.jpg

※一部要約

ロナウドは12日のフランスとの試合後、同僚とともに食事をする姿をあらわす写真をツイッターに上げたことがある。
協会はロナウド以外の残りの選手がその日の午前にコロナ検査を受け、全員陰性判定を受けたと伝えた。
ポルトガルの選手は陰性判定を受けたが、ロナウドと試合をしたスペインやフランスの選手もコロナの危険に晒された状態だと<ロイター>通信は伝えた。

201014095035121a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング