"2位を守らなければならない"不安な2位の日、大陸間POで南米対決に緊張
スポーツ朝鮮



※一部要約

"2位を守らなければならない"

FIFAは27日、スイス・チューリッヒで2022年カタールワールドカップPO対戦抽選を行った。
その結果、大陸間POの対戦はアジア-南米、北中米-オセアニアに決まった。
アジアのグループ3位間の対決の勝者が大陸間POに進出する。
南米予選の5位チームとカタール行きの最後の対決をする。
大陸間POは中立国で6月13日か14日に行われる。

7回連続ワールドカップ進出を狙う日本がピンと緊張した。
森保一監督が率いる日本はアジア最終予選B組6試合で4勝2敗を記録している。
日本は序盤3試合で1勝2敗と振るわなかった。
最近3連勝して2位まで上がってきた。
だが日本とオーストラリアの差はわずか勝ち点1。
いつにも増して熾烈な2位争いが繰り広げられている。

日本メディアのデイリー・スターは「南米の難敵との試合を避けるためにも2位以内の座を死守してワールドカップチケットを手にしなければならない。現在、南米は4位コロンビア、5位ペルー、6位チリ、7位ウルグアイ、8位ボリビアがレースしている」と警戒した。

日本テレビもやはり「日本は現在2位を走っているが、3位になればPOに出なければならない。南米では4位コロンビアから8位ボリビアまで大激戦だ。ワールドカップ常連進出チームのチリ、ウルグアイもPO争いに加勢している」と心配した。



"ワールドカップは監督の墓!"アドフォカート監督も辞任…日本も"ぐらり"
スポーツ朝鮮



※一部要約

2006年のドイツワールドカップで韓国代表を指揮したディック・アドフォカートイラク監督が24日に途中下車した。
韓国とともにA組に属するイラクはわずか1勝も取れずに勝ち点4(4分け2敗)で5位に留まっている。

イラクの前にA組最下位のシリアも最近監督を交代した。
成績不振の責任を問うてニザール・マフルース監督を更迭し、ルーマニア出身のヴァレリウ・ティータ監督を新たに選任した。

B組では森保一日本代表監督の去就が大きな関心だ。
日本は3連勝を疾走して順位を2位まで上げたが、競技力については依然として疑問符がついた。
日本サッカー協会は森保監督を信任しているが、ファンの叱責は留まることを知らない。

一方、パウロ・ベント韓国代表監督には"薫風"が吹いている。
わずか2ヶ月あまり前、最終予選1ラウンドでイラクと無得点で引き分けたときには揺れていた。
だが11月のAマッチ2連戦で勝ち点6を確保してからは賛辞が続いている。

韓国は2006年のドイツ、2014年のブラジル、2018年のロシアワールドカップ予選と本戦の過程で監督をすべて替えた。
ところが10回連続ワールドカップ本戦進出に挑戦するベント監督は、日が経つにつれて位置づけが堅くなっている。



日本サッカー「もう我々も希望が見える」…最終予選4勝2敗、B組2位登極
ニュース1



※一部要約

日本は17日、オマーンのスルタンスポーツアリーナで行われたオマーンとの2022FIFAカタールワールドカップアジア最終予選B組6次戦に1-0で勝った。
日本は1次戦でオマーンに衝撃負けを喫した痛みを拭い、4勝2敗にしてグループ2位まで打って上がった。

日本サッカー代表は大会序盤にオマーンとサウジアラビアに敗れ、内外からの多くの非難に苦しめられた。

日本メディアはワールドカップ進出のために森保一日本監督を更迭すべきだとして、新監督の候補を提示したりもした。

もう雰囲気は変わった。
同ラウンドでオーストラリアが中国と1-1の引き分けをおさめて3勝2分け1敗に留まり、日本の本戦進出直行の可能性がさらに高まった。

日本メディアも今は希望が見えたとして態度を変えた。
日本メディアの"サッカーキング"は18日、「もう日本は自力でワールドカップに行く希望が生まれた。挫折する理由のない成績表」とB組の勢力図を肯定的に分析した。

続けて「Aマッチ経験のなかった三笘薫(ユニオン)を投入してチーム全体に新たな風を起こした監督の選択は正しかった」と森保監督を讃えた。

また、別メディアの"サッカーダイジェスト"は「一時は本戦進出を心配していたが、今は明確に安定傾向」として、「A組で良い姿を見せている韓国と比べれば依然として惜しいが、ワールドカップが行われる2022年の最終予選では今よりさらに良くなる」と希望を歌った。



"歴代級の放送事故"…日サッカー代表に"太極旗"入れた
韓国経済



※一部要約

tvNが日本とオマーンの2022カタールワールドカップアジア地区最終予選を中継する間、日本国旗の代わりに太極旗を出す失敗をおかして謝罪した。

日本代表は17日午前1時、オマーン・マスカットのスルタン・カーブース・スポーツコンプレックスでオマーンサッカー代表と試合をした。
当該の試合はtvN SHOWで生中継された。

この日の中継中にtvN側は両代表を紹介する過程で、日本代表の国旗に日章旗ではなく太極旗を入れた。
太極旗の送出は約25秒間維持されたという。

これに関してtvN側は「この日の午前1時にtvN SHOWで中継された2022カタールワールドカップアジア地区最終予選のオマーン-日本戦の画像にグラフィックのミスがあった」として、「ご迷惑をおかけした点に頭を下げて謝罪を申し上げる。今後の制作にさらなる注意を注ぐ」として謝罪した。



日本がオマーンを捉えて3連勝…ベトナム6戦全敗、事実上脱落
SPOTVニュース

211117080202378.jpg

※一部要約

日本が2連敗の後に3連勝してワールドカップ進出の可能性を上げた反面、ベトナムは6連敗に陥った。

日本は17日、オマーン・マスカットのスルタン・カブース総合運動場で行われた2022カタールワールドカップアジア地区予選B組6次戦で、後半36分の伊東純也の決勝ゴールのおかげでオマーンに1-0で勝った。

9月にホームでオマーンに喫した0-1の衝撃負けを雪辱して2021年の日程を終えた。

一方、パク・ハンソ監督が率いるベトナムはサウジアラビアを乗り越えられずにグループ予選6連敗に陥った。

史上初の最終予選に上がったベトナムは現在までに6戦全敗、勝ち点0でB組最下位である。

2位の日本が勝ち点12、プレーオフ可能圏である3位のオーストラリアが勝ち点11で、ベトナムとしては残り4試合をすべて取っても予選突破を期待しにくい状況である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング