東アジアカップで"若い日本"に会う…「日、ワールドカップ経験のベテラン除外」
スポータルコリア



※一部要約

日本が7月に自国で開かれる東アジアサッカー連盟(EAFF) E-1チャンピオンシップ(東アジアカップ)でベテランを外すことにした。

21日、日本メディアのスポニチアネックスによると、オンラインインタビューを行った森保一日本サッカー代表監督は、東アジアカップにこれまでワールドカップに参加してきた選手を招集しないと宣言した。

東アジアカップは7月19日から27日まで日本で開催される。
当初は中国で開かれる予定だったが、自国内のコロナ19再拡散により放棄し、日本が代替開催する。
男子部は韓国・中国・日本・香港の4ヶ国が出場し、女子部は韓国・中国・日本・台湾が争う。

東アジアカップはFIFAが主管する大会ではなく、アジアリーグ所属の選手がメインとなる。
日本も今大会をJリーグでプレーする選手を中心に選手団を構成する。
代わりに長友佑都(FC東京)、大迫勇也(ヴィッセル神戸)、酒井宏樹(浦和レッズ)ら2022カタールワールドカップ出場が有力なベテランは外す。

最近開かれたAFC U-23チャンピオンシップで3位を記録した21歳以下の選手も一部リストに上がっているという。

この大会の歴代最多優勝(5回)記録を持つ韓国は、ベント号が出場して国内組の玉石選びの最後の機会にする計画だ。



韓日戦3G連続0-3大敗…韓日サッカーの格差広がったのか
スポーツ韓国



※一部要約

1年余りの間で年代別代表からA代表まで。
韓国サッカーが日本サッカーを相手に次々と敗れている。
負けはしなくとも、評価試合の相手を交代で会っても完全に違う結果が出たりもした。

韓国と日本のサッカー格差は完全に広がってしまったのか。

ファン・ソンホン監督が率いる韓国U23サッカー代表は12日午後10時、ウズベキスタン・タシュケントのパフタコール・スタジアムで行われた2022AFC U23アジアンカップの日本との8強戦で衝撃の0-3大敗を喫した。

2021年から1年半の間、韓国と日本のA代表から年代別代表の対戦結果を調べてみよう。
2021年3月に韓国と日本のA代表が日本で対決し、韓国は0-3で惨敗した。
そして6月、日本で韓国と日本のU-16代表の試合があったが、この試合も韓国が0-3で敗れた。
そして今回の韓国U-23代表と日本U-21代表の対決で、韓国の0-3大敗まで。
1年余りの間で成人から年代別まで、合計3回の対決があったがすべて0-3で完敗した。



"久保ゴール"日本、"ベント号の相手"ガーナにゴール祭り…4-1の大勝
スポータルコリア



※一部要約

日本がベント号のワールドカップの相手ガーナを容易に制圧した。

日本は10日午後6時55分、日本東京の国立競技場(※ノエビアスタジアム神戸の間違い)で行われたキリンカップの試合でガーナを4-1で撃破した。
この日、ガーナは核心戦力が大挙外れた。
2軍あるいは2軍にも満たない戦力で日本戦に出た。
もちろん日本もベストメンバーではなかった。

220610204901358a.jpg

220610204901358b.jpg



ファン・ソンホン号、U23アジアカップ8強で"日本"と会う・・・"韓日戦ビッグマッチ実現"
OSEN



※一部要約

"韓日戦"が実現した。

日本U21サッカー代表は9日午後10時、ウズベキスタン・タシュケントにあるブニョドコル・スタジアムでタジキスタンと"2022AFC23歳以下アジアカップ"グループリーグD組3次戦を行い、3-0で勝利した。

同時刻にともにD組に属していたサウジアラビアも勝報を伝えた。
UAEを2-0で制圧した。

この日の結果により、サウジアラビアがグループ1位で8強を確定させた。
日本も2勝1分けで同率を記録したが、ゴール得失の差で押され2位で8強に上がった。

C組1位で8強に上がった韓国はD組2位になった日本と4強行きのチケットをかけて争う。

韓国と日本は12日午後10時、ウズベキスタン・タシュケントにあるパフタコール・スタジアムで8強戦を行う。

もし韓国が8強戦を突破すれば、勢いの良いホームのウズベキスタン-イラク戦の勝者と4強戦で会う。



韓国を5対1で撃破したブラジル、日本には1対0の勝利
国民日報



※一部要約

我々のサッカー代表を5対1で圧倒したFIFAランキング1位のブラジルが、日本を相手に1対0の勝利をおさめた。
ブラジルはAマッチ5連勝を記録した。

ブラジルは6日午後7時20分、日本の東京国立競技場で行われた日本とのサッカー代表評価試合で、ネイマールのPKゴールに支えられて1対0で勝った。

FIFAランキング23位の日本は子の日の敗北により、Aマッチ8試合無敗(7勝1分け)行進を締め括った。

この日にAマッチ74回目のゴールを記録したネイマールは、ペレが持つブラジルの歴代Aマッチ最多ゴール(77ゴール)との差を3ゴールに縮めた。
ネイマールは日本相手だけに9ゴールを炸裂させた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング