「試合は負けたが非マナーは勝った」韓日戦が恥ずかしい理由
釜山日報



※一部要約

10年ぶりに行われた韓日戦で、ベント号は試合だけでなくフェアプレーでも完敗した。

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は25日、日本横浜で行われた親善試合に0-3で敗れた。

特に結果より我々の選手の"非マナー"は最悪だった。





ネチズンは「試合に負けたのも恥ずかしいが、非マナーはもっと恥ずかしい」、「それでも非マナーでは勝った」、「試合が上手く行かないと非マナーまで。あまりに恥ずかしかった」、「サッカーをしたのではなく喧嘩をした」などの反応を見せた。



10年ぶりの韓日戦、"横浜大惨事"…ベント号0-3の完敗…枠内シュート1本だけ
マニアタイムズ



※一部要約

太極戦士が10年ぶりの歴代80回目の韓日戦で"横浜大惨事"をやられた。

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は25日、日本横浜の日産スタジアムで行われた日本との親善試合で、前半だけで2ゴールを許して0-3で崩れた。

この日の敗北で最近の韓日戦2連勝の上り調子を続けられず、歴代戦績で42勝23分け15敗を記録した。

特に通算80回目の韓日戦で、ベント号は前半にビルドアップの不在で枠内シュート1本に留まり、2011年の札幌惨事(0-3負け)に続いて10年ぶりに再び"3ゴール差の零敗"の恥辱に遭った。

ベント号は26日午後に帰国後、直ちに坡州NFCに移動して来月2日まで"隔離"しながら練習する。



[韓日戦] アジア最高DF吉田まで合流、"サムライブルー"完全体でベント号2軍を相手にする
スポーツ朝鮮



※一部要約

日本の"サムライブルー"の守備の核・吉田麻也が今回の韓日戦に出場できる見通しだ。
当初、吉田は25日午後7時20分に横浜で行われる韓日Aマッチの出場が不透明だった。

ところが吉田はイタリアから正常に日本A代表に22日復帰したと、日刊スポーツなど複数の日本メディアが報じた。
イタリアからベルギーを経由して日本に到着した。

吉田は日本A代表の守備の中心である。
すでにAマッチ104試合(4ゴール)に出場したベテランだ。
今シーズンのサンプドリアでリーグ24試合に出場した。
Jリーグの名古屋グランパス出身でフェンロ(オランダ)とサウサンプトンを経て、2020年9月からサンプドリアでプレーしている。

吉田は所属クラブの試合を終えて、正常に日本に戻ってきた。
そのため日本A代表は選出した23人で韓国戦を行うことになった。
日本の司令塔・森保監督は吉田を含めてヨーロッパ組9人を選出した。
韓国はソン・フンミンやファン・ウィジョ、ファン・ヒチャンらの中心ヨーロッパ組が大挙外れた。
今回のベント号は事実上の2軍と見ることができる。



10年ぶりのサッカー韓日評価試合、コロナ19を突破して成功するか
聯合ニュース



※一部要約

10年ぶりの韓日サッカー評価試合が新型コロナウイルス感染症の事態を突破して成功できるか。

3日、大韓サッカー協会(KFA)によると、KFAと日本サッカー協会(JFA)が3月末に韓国・日本の代表の親善試合を行う方案を推進している。
試合日は25日が有力だ。

成功すれば2011年8月に日本札幌で行われた対決(0-3韓国負け)以降、10年ぶりに韓日評価試合が行われることになる。

韓国と日本はその後、さらに4回対決したが、すべて比較的関心度の落ちる東アジアカップ大会だった。

KFAとJFAは2022カタールワールドカップアジア地区2次予選が3月のAマッチ期間に行われなくなると、空いた時間を"充実して"過ごす方案を探してきた。

JFAの実務陣が先に評価試合を行おうと提案してきて、両者は肯定的な交感を交わしてきた。
続けてJFAの正式公文書がKFAに届き、10年ぶりの評価試合の推進が公式化した状態である。

210303162035169a.jpg



"アンタクト(※untact=un+contactで韓国産英語)韓日戦"韓国の勝利?…全員ヨーロッパ組の日本、メキシコに0-2で膝
ソウル新聞



※一部要約

全員ヨーロッパ組で構成された日本サッカー代表がメキシコとの評価試合で完敗した。

日本は18日午前にオーストリア・グラーツのメルクールアリーナで行われた北中米の強豪メキシコとの評価試合で、後半にラウル・ヒメネスとイルビング・ロサノに連続ゴールを打たれて0-2で跪いた。
先にメキシコは15日、パウロ・ベント監督が率いる韓国代表に3-2で逆転勝ちしたことがある。
FIFAランキング11位のメキシコはオーストリア遠征評価試合を2勝(5得点2失点)で終えた。
14日のパナマとの試合に1-0で勝った日本(27位)は1勝1敗(1得点2失点)、前日夜にカタールを2-1で制圧した韓国(38位)も1勝1敗(4得点4失点)。




"メキシコ戦敗北"日本、韓国のように5分間で"嵐の失点"
フットボールリスト



※一部要約

メキシコの反撃は後半から行われた。
韓国戦のときと同様に強い前方プレス、早い攻撃展開で日本の守備陣を苦しめた。

韓国が連続失点して逆転された状況と似ていた。
両チームとも同じような時間帯に5分間の猛攻を凌げずに失点した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング