第2の"江蘇"事態?恒大、広州FCの売約を推進するか?
MHNスポーツ



※一部要約

中国の建設企業エバーグランデ(恒大)が"2兆2400億ウォン"を投じて建設した競技場を売却した。

26日、英国メディアのロイター通信は広州エバーグランデが"財務的な問題"でクラブの競技場を売却したと伝えた。

メディアは「エバーグランデ(恒大)グループは300万ドル(353兆ウォン)にあたる債務償還のため、事業を一つ二つ整理している。わずか一ヶ月前に核心事業に挙げていた電気自動車部門の一部持ち株の売却を検討しており、メディア業者であるホントンネットワークの持ち株すべて(18%)を売却した」と伝えた。

企業体を越えて今ではサッカーチームにも恒大の魔の手が伸びている。
メディアは「恒大は競技場を売却する計画であり、他に引き取り手がいなければ国有企業である広州市建設投資グループを通じて売却する方針」と伝えた。



21チームではない…来年のACL出場ライセンスを取得したKリーグチームは合計何チームか?
ベストイレブン



※一部要約

2021シーズンの成績の可否は別として、2022AFCチャンピオンズリーグ出場権を与えられる資格を備えた、つまりAFCクラブライセンスを取得したKリーグチームは全部で何チームなのか?

Kリーグ1・2を合わせて合計22チームの中で、軍チームのためAFCクラブライセンス取得が不可の金泉尚武を除いた21チームすべてが持っているというが、そうではない。
AFCが明かした来年のAFCチャンピオンズリーグ出場時間を備えているKリーグチームは合計18チームである。

AFCが発表した資料によると、基準に符合する成績を上げたときにAFCチャンピオンズリーグ出場に何の問題もないKリーグチームは大邸FC、全北現代、蔚山現代、浦項スティーラーズ、FCソウル、江原FC、光州FC、仁川ユナイテッド、水原三星、安山グリナース、釜山アイパーク、忠南牙山、大田ハナシチズン、FC安養、全南ドラゴンズの総15チームである。



そしてひとまずAFCチャンピオンズリーグ出場資格を与えるものの、注意処分を受けたチームが済州ユナイテッド、城南FC、水原FCの総3チームである。
韓国プロサッカー連盟の関係者は「注意処分は受けたが3チームもやはりAFCチャンピオンズリーグの出場に問題はない」と説明した。

これら18チームを除いた残りの4チームは、アジアの舞台に出るだけの成績を上げてもAFCチャンピオンズリーグに出場できない。
広く知られている通り、金泉尚武は軍チームという理由でAFCクラブライセンスを取得できない境遇だ。
残りのチームは慶南FC、富川FC、ソウルイーランドである。

これに関して韓国プロサッカー連盟の関係者は「これらのチームはスタジアムの照度がAFCの要求基準を満たせずにAFCクラブライセンスを申請できなかった。8月に追加申し込みの機会はあったが、当時AFCチャンピオンズリーグに出られる唯一の機会だったFAカップで早期脱落して申し込まなかった」と説明した。



中リー・ティエ監督、32分間の激情記者会見の後に激しく非難される事情
ベストイレブン



※一部要約

リー・ティエ中国サッカー代表監督は独りで10億の中国人と戦っているという気がしているのかもしれない。
オーストラリア戦後に所信発言をして中国メディアと中国ファンから十字砲火を浴びている。
いったい何があったのだろうか?

リー・ティエ監督が率いる中国は17日深夜、UAEのシャールジャ・スタジアムで行われた2022FIFAカタールワールドカップアジア最終予選Bグループ6ラウンドのオーストラリア戦に1-1で引き分けた。
中国は前半38分にオーストラリアのFWミッチェル・デュークに失点してリードされたが、後半25分にエースのウー・レイがPKを成功させて引き分けを記録した。

中国は6ラウンドが終わったBグループで1勝2分け3敗(勝ち点5)で5位にランクされている。
1位サウジアラビアと勝ち点11差、2位日本と7差である。
プレーオフ順位の3位オーストラリアにも6点も遅れを取っている。
事実上、ワールドカップ本戦行きの可能性はなくなったというのが大半の意見だ。
そうした中でリー・ティエ監督が中国内で強い批判に直面している。
オーストラリア戦直後のインタビューのためである。

リー・ティエ監督はオーストラリア戦後に何と32分も記者会見をしたという。
この席でリー・ティエ監督は今の自分がチームをどれだけしっかり把握しているのか、そしてホーム試合をまったくできずにいる中国の状況がどれだけ不利かについて声を高めた。

新浪ドットコムによるとリー・ティエ監督は「外部から私の用兵術に関していくつかの意見が出ていることについて一つ言いたいことがある。酷評や非難をされても受け入れるだろう」と言った後、「中国スーパーリーグでプレーする選手を含めて代表まで、中国サッカーについて私よりさらに知っている人物はいないと自信を持って言いたい」として、現在の起用論難の中心に立たされているシュー・シンとアロイージオについての状況について説明した。



崖っぷちの中危機"オーストラリアに負ければ本戦進出確率0.01%"
スポーツ朝鮮



※一部要約

2002年以来、20年ぶりにワールドカップ本戦を狙う中国が危機に陥った。

リー・ティエ監督が率いる中国サッカー代表は17日、オーストラリアと2022カタールワールドカップアジア最終予選B組6次戦に出る。

中国の状況は深刻である。
先の5試合で1勝1分け3敗(勝ち点4)を記録して5位に留まっている。
アジアでは各組1・2位が本戦に直行する。
各組3位はプレーオフで運命を決める。
現状で中国はPO進出の可能性も希薄だ。

中国メディアの新浪スポーツは16日に「最近、サッカー統計サイトはアジア地区予選の各チームの進出確率を分析した。イランは100%、韓国は98.6%だった。2チームはカタールワールドカップ本戦進出をほぼ確定させた。中国は0.08%に留まった。6ラウンドが終わっていない状況での計算である。オーストラリアに負ければ中国の本戦進出確率は0.01%になる」と報じた。



2025年に"アジア一流"を宣言した中国サッカー…"博打"サッカー変わるか
SBS



※一部要約

「男子サッカー代表はアジアの一流レベルに、女子サッカー代表はアジアの領先レベルに到達するため努力する」

中国の国家体育総局が25日に発表した"14次5ヵ年(2021~2025年)体育発展計画"の内容です。
計画の3章や8章などにはサッカーやバスケットボール、バレーボールなど3大球技種目の目標や実現方案が入った"振興工程"が含まれています。

体育総局は最初に代表の管理モデルを改善して男女代表がアジアの一流、トップレベルに到達するようにすると明かしました。
社会サッカー発展のため、2025年までに人口1万人あたりのサッカー場を0.9(重点都市は1)に増やすます。
アマチュアサッカークラブや学校のサッカースクールも大々的に育成し、全国の協会に登録される各種サッカークラブを5万以上に増やす計画です。
また、スポーツと教育を統合する登録システムを構築し、そこに登録された選手が150万人に達するようにして、サッカー発展の核心都市の建設も推進することにしました。

体育総局は「今回の計画が中国のサッカー分野の改革をさらに深化させ、組織を完備して効率的に管理し、現代サッカーの発展に符合するサッカー管理システムを構築するためのもの」と明かしました。
いわゆる"サッカー崛起"、"足球梦(※夢)"のために中国全域でサッカーの底辺を拡大し、全体的なサッカーの実力向上に結びつけるという構想です。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング