[オフィシャル] "負傷の列"衝撃的なレアルの招集リスト、"韓国系"マルビン・パク入る
インターフットボール



※一部要約

衝撃的な招集リストだ。
エデン・アザールやセルヒオ・ラモスら核心選手が負傷で離脱したレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、17人の選手しか招集しなかった。
韓国系選手として知られるマルビン・パクも入った。

レアル・マドリードは7日午前0時15分、スペイン・ウエスカにあるエスタディオ・エル・アルコラズで2020-21シーズンのスペイン・プリメーラリーガ22ラウンドのウエスカとの対決を繰り広げる。
現在、レアルは勝ち点40でリーグ3位に留まっていて、首位追撃のために必ず勝ち点3を取らなければならない。

だがレアルの雰囲気は良くない。
レアルはアザール、ラモス、カルバハル、バスケス、バルベルデ、ロドリゴら核心選手が負傷で離脱している状態だ。
成績も最悪である。
最近5試合で1勝1分け3敗を記録し、リーグの順位争いで優位を占められずにいる。

特に"食い逃げ"アザールがまた倒れたのが惜しい。
レアルは最近、公式チャンネルで「アザールの体の状態を精密診断した結果、左前方の直筋部位に負傷があることが見つかった」と発表した。
これでアザールは最低4~6週間試合に出られない見通しだ。



"EPLに挑戦する韓国DFに…"マンUの鉄壁リンデロフのアドバイスは?
SPOTVニュース



※一部要約

ヴィクトル・リンデロフがプレミアリーグ入りを夢見る韓国およびアジアのDFにアドバイスした。
"鋭いワンポイント"アドバイスとまではいかなかったが、マンチェスター・ユナイテッドで屈曲があったので響きがあった。

プレミアリーグには全世界のトップクラス選手が集まる。
アジア選手もプレミアリーグに挑戦して足跡を残している。
パク・チソンとイ・ヨンピョがマンチェスター・ユナイテッドとトッテナム・ホットスパーに入団してプレミアリーグに立ったし、キ・ソンヨンやイ・チョンヨン、キム・ボギョンらが後に続いて活躍した。

最近ではソン・フンミンがプレミアリーグで歴史を作っている。
2015年にトッテナムに入団してからUEFAチャンピオンズリーグ決勝進出の一等功臣になったし、去年からジョゼ・モウリーニョ監督の下でハリー・ケインとプレミアリーグで歴代最高のデュオに浮上した。
プレミアリーグの伝説は「ワールドクラス」という評価を惜しまない。

DFで足跡を残した選手もいる。
先述したイ・ヨンピョがトッテナムでSBとして活躍し、2012年には日本出身のCB吉田麻也がサウサンプトンに入団してプレミアリーグのアタッカーと肩をぶつけ合った。



「パク・チュヨンがアーセナルで失敗した理由は…」ついに口を開いたベンゲル
スターニュース



※一部要約

アーセン・ベンゲル元アーセナル監督が、自分が直接獲得したパク・チュヨンについて言及した。

英国のフットボールロンドンが31日に報じたところによると、ベンゲルは最近自分の自叙伝でパク・チュヨンについて説明した。

パク・チュヨンは2011年8月、ASモナコでベンゲル監督の招請を受けてアーセナルのユニフォームを着た。
当時、リール移籍を控えていたパク・チュヨンをひったくったという秘話は、すでによく知られている事実だ。

だがパク・チュヨンは2011年から2014年まで、アーセナルでカップ大会を含めて7試合しか出られなかった。
通算のイングリッシュ・プレミアリーグの出場はわずか1試合である。
2011~2012シーズンのリーグカップ大会で決めた1ゴールが唯一の得点記録だ。

パク・チュヨンは出場機会を得るため、スペインのセルタやワトフォード(当時2部リーグ所属)にレンタルで行ったりもした。
そのため英国メディアがアーセナルで最悪の獲得を取り上げるときは、パク・チュヨンの名前がしばしば登場する。



トッテナム、フェルトンゲンの席にウェールズ代表ロドン獲得
ノーカットニュース



※一部要約

トッテナム・ホットスパーがCBを補強した。

トッテナムは17日、HPで「スウォンジー・シティからジョー・ロドンを獲得した。ウェールズ出身のCBで2025年まで14番のユニフォームを着てプレーする」と伝えた。

2018年8月にチャンピオンシップ(2部)のプレストン戦でプロデビューし、28試合に出場した。
昨シーズンも21試合に出た。
その後、スウォンジー・シティとともにプレミアリーグに上がり、2020-2021シーズンに5試合(リーグ4試合)を消化した。

2019年9月にアゼルバイジャンを相手にAマッチデビュー戦を行い、Aマッチ休息期に行われたイングランド、アイルランド、ブルガリア戦にすべて先発出場した。
Aマッチ通算7試合出場。

ロドンは「とても光栄だ。トッテナムは素晴らしいクラブだ。幼い頃から夢見ていたこと」として、「ベン・デイビスとギャレス・ベイルはウェールズ最高の選手だ。私が早く適応できるように助けてくれるだろう」と語った。



"獲得ゼロ"バレンシア、降格圏に近い攻撃力 [キム・ヒョンミンのフースバル・リベロ]
ゴールドットコム



※一部要約

スペイン・プリメーラリーガで指折りの名門に該当するバレンシアが、獲得市場で主軸選手を大挙売っても獲得しない姿を見せ、シーズン序盤の試合内容で極度の不振をあらわしている。

バレンシアはメスタージャのホームで行われたレアル・ベティスとの2020/21シーズン・ラ・リーガ5ラウンドで、拙戦の末に0-2で完敗した。

結果よりも内容がさらに凄惨なレベルだった。
バレンシアはこの試合、シュート5本がすべてだった。
これはベティスのシュート数(17本)の3割にも満たないレベルだった。
さらにベティスのエースであるナビル・フェキルは単独で5本のシュートを記録し、バレンシアのチームシュートと同じ数字を記録したほどだった。

特にバレンシアは、55分頃までシュートが2本しかなかった。
イ・ガンインが交代投入された後、3本のシュートを打てたバレンシアだった。
イ・ガンインは35分の出場に終わったが、チーム内で最多の2本のキーパス(シュートに繋がったパス)を記録した。

201004170530543a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング