マラドーナを蹴飛ばしたホ・ジョンム…"テコンサッカー"新造語誕生
文化日報



※一部要約

ディエゴ・マラドーナは韓国と特別な縁を結んでいる。

マラドーナは1986年のメキシコワールドカップA組1次戦で、主将としてアルゼンチンを陣頭指揮して韓国を3-1で下した。
当時、ワールドスターだったマラドーナを防ぐために、韓国はホ・ジョンム(大田ハナシチズン理事長)を専門担当のマークマンとして投じ、ホ・ジョンムは激烈にマラドーナを扱った。
特にホ・ジョンムがボールをクリアしようとしてマラドーナの太ももを蹴飛ばし、いわゆる"テコンサッカー"という新造語が誕生した。
マラドーナはメキシコワールドカップでアルゼンチンに優勝カップをもたらしてゴールデンボール(最優秀選手)に選ばれた。

24年後の2010年にマラドーナとホ・ジョンムはまた会った。
南アフリカワールドカップでマラドーナはアルゼンチン、ホ・ジョンムは韓国代表の監督として再会した。
当時、B組2次戦でアルゼンチンが韓国を4-1で退けた。
そこでマラドーナはそのときタッチラインまで出てきて、大声で叫んで韓国を刺激した。
マラドーナは選手の激しい競り合いが出るたびに韓国ベンチに向けて大声を上げ、ホ・ジョンムはマラドーナに静かにしろというジェスチャーをすると同時に、待機審を呼んでマラドーナを静止しろと要請した。

マラドーナは2017年にホ・ジョンムとの古い悪縁を晴らした。
マラドーナは2017年3月にFIFA20歳以下ワールドカップの組み合わせ抽選のために訪韓、ホ・ジョンムと会って和解した。
マラドーナは組み合わせ抽選の前に行われたイベント、ミニサッカーゲームでホ・ジョンムと抱擁した。
特にマラドーナは、メキシコワールドカップ当時のホ・ジョンムの深いタックルシーンが入った写真を渡されて豪快に笑った。
マラドーナは「ホ・ジョンムはすべての面で立派な方」として、「(タックルの状況は)世界的な舞台のワールドカップで出たので覚えている」と明かした。



チョン・ウヨン、「WC予選のホーム3連戦、韓首位確定の有利な要因」
ベストイレブン



※一部要約

チョン・ウヨンは9日、外信<ゴール>で「迫る3試合(トルクメニスタン戦、レバノン戦、北韓戦)はすべてホームで行われる。そのような事実は、私たちが2次予選を首位で終えて最終予選に進出するのに有利さをもたらす」と伝えた。

パウロ・ベント監督が率いる韓国は、3月に予定されていたトルクメニスタンとの2022ワールドカップ2次予選H組のトルクメニスタンを10月に高陽総合運動場で行うことになった。
6月の試合は11月にする見通しだ。

韓国はトルクメニスタンに勝ってこそグループ首位に上がる。
残りの4チームより1試合消化が少ない韓国は、2勝2分け(勝ち点8)でグループ2位を走っている。
トルクメニスタンが3勝2敗の勝ち点9で首位である。

だが韓国は1試合行っていないので、トルクメニスタンを捉えれば最終予選行きの7部稜線を越えられる。
韓国が属するH組は、レバノンと北韓までの総4チームが勝ち点1差でもつれている。

だがチョン・ウヨンは自信をあらわした。
チョン・ウヨンは「私たちはワールドカップで長い伝統を持つチームだ。予選はもちろん簡単ではないが、私たちを相手にする国々も、私たちが最終予選に相応しいチームであるのを否定することはできないだろう。現在はグループ2位だが、私たちは1試合行ってないという点を知るべき」と言及した。



プジョル「2002の韓国-スペイン戦、審判の判定問題…ゴール盗まれた」
スポータルコリア



※一部要約

スペインとバルセロナのレジェンド、カルレス・プジョルは18年前の韓国戦の敗北を認めなかった。

プジョルは5日、スペイン"アス"とのインタビューで、スペイン代表時代を振り返る時間を作った。

プジョルは2000年11月のオランダとの試合でAマッチデビュー戦を行った。
その後、2000年のシドニーオリンピック、2002韓日ワールドカップ、2010南アフリカワールドカップなど、数多くの国際大会で活躍してスペイン代表の黄金期を導いた。
彼は13年間でAマッチ100試合を消化してから代表のユニフォームを脱いだ。



"WC最悪の試合"ポーランド戦を飾る日メディア、「西野は勝負師」
ベストイレブン



※一部要約

2018FIFAロシアワールドカップでは、"歴代最悪の試合"に挙げられるほどの勝負が繰り広げられた。
H組3ラウンドの日本-ポーランド戦だ。
当時、西野朗監督が率いていた日本は、0-1で負けているにもかかわらず、後方でボールを回して時間を稼いだ。
そのまま試合が終われば、フェアプレールールでセネガルを抜いてグループ2位で16強に進出できたからである。

結論から言えば、日本は志を成した。
スタジアムの全員がブーイングを浴びせる中でも、屈せずに黙々とボールを回して、試合を"無意味"にさせた。
迫力溢れるワールドカップの一戦を観戦したかった観客は、まともに戦う意志すらない日本選手団を見ることが複雑で、癪に障るしかなかった。
高価なワールドカップのチケットを購入したのが惜しかったのだ。

一方、日本メディア<東京スポーツ>はその事件から2年が経った現在、あのときのあの試合を"再評価"した。
まともに戦っていれば日本は負けていたとして、結局はトーナメント進出のための西野監督の決断は正しかったと擁護した。



やはりパク・チソン!アジアのワールドカップ英雄"総合1位"…ケーヒル2位
スポータルコリア

200416142115195.jpg


※一部要約

"韓国サッカーの伝説"パク・チソンが、AFCが選定した歴代ワールドカップを輝かせたアジアの英雄1位に選ばれた。

AFCは16日、公式HPでワールドカップの舞台で最も光ったアジアの選手5人について、専門家の評価とファン投票を合わせた最終結果を公開した。

パク・チソンは2002韓日ワールドカップを皮切りに2006ドイツ、2010南アフリカ大会まで総3回ワールドカップの舞台を踏み、すべてでヨーロッパ相手にゴールを奪った。
韓日ワールドカップのポルトガル戦の得点で4強神話の主役になったパク・チソンは、ドイツワールドカップのフランス戦で同点ゴール、南アフリカワールドカップのギリシャ戦で楔のゴールを記録した。

パク・チソンはAFCのHPで実施したファン投票では4位に留まったが、フィリップ・トルシエ元日本代表監督やアフシン・ゴトビ元韓国代表コーチおよびイラン監督、スティーブ・ダービー元ラオス監督など、アジアの舞台で経験豊富な専門家の評価で堂々と1位に上がった。


200416142115195a.jpg


─専門家の評価
1.パク・チソン
2.ティム・ケーヒル
3.サーミー・アル・ジャービル
4.本田圭佑
5.アリ・レザ・ビランヴァンド

─ファン投票
1.アリ・レザ・ビランヴァンド
2.本田圭佑
3.サーミー・アル・ジャービル
4.パク・チソン
5.ティム・ケーヒル

─総合順位
1.パク・チソン
2.ティム・ケーヒル
3.サーミー・アル・ジャービル
4.アリ・レザ・ビランヴァンド、本田圭佑



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング