リッピの一針「中国サッカーのレベル、ワールドカップに出たり開催するには程遠い」
ニュース1



※一部要約

マルチェロ・リッピ元中国サッカー代表監督が、現在の中国サッカーのレベルはワールドカップ本戦に進出したり開催するには程遠いと厳しい忠告をした。

イタリア代表をはじめとしてセリエAのユベントス、インテル・ミラノなどビッグチームを指揮した名将リッピ監督は、2012年に中国スーパーリーグの広州恒大の指揮棒を手にして中国サッカーを縁を結び、2016年から3年間中国代表まで引き受けたことがある。

中国サッカーについてよく知るリッピ監督は5日、イタリアメディア"ナシオナル・イタリア"とのインタビューで現在の中国サッカーについて評価した。

リッピ監督は「私が初めて中国に着いたとき、中国にはユースシステムを備えているクラブが一つもなかった。そのときと比較すれば今は多くの発展を成し遂げた」と中国サッカーの成長について言及し、中国サッカーは高い潜在力を持っている。だが潜在力は文字通り潜在力でしかない。まだ中国はワールドカップ本戦に進出したりワールドカップ開催をするレベルに達することができていない」と評価した。



[パク・コンウォンのサッカー現場] 日本がヨーロッパに専用の練習センターを作る
ベストイレブン



※一部要約

最近、日本メディアがかなり興味深いイシューを紹介した。
日本サッカー協会(JFA)がドイツに日本サッカー代表のための専用練習場を作るというのだ。
これは爆発的に増加したヨーロッパ組の選手を協会次元で持続的に管理すると同時に、高レベルの実力を持つヨーロッパチームを相手に継続的な評価試合を行えるベースを作るためだとみられる。

過去にJリーグを研修した際、担当者がこれに関する計画を発表したこともあった。
しばしば日本サッカー界が目標をワールドカップ優勝だと声を高めたとき、韓国ではとんでもないという反応が多かったが、それが実現するかどうかはともかく、実現できるように努力しているという印象を受けた。

日本の計画はこうである。
▲Jリーグで着実にユースシステムを定着させて、それにより優秀な有望株を発掘してプロデビューさせ、▲その選手がJリーグで頭角を現せば無条件に海外に送り出し、▲その選手がヨーロッパで経験を積んでから再び日本に戻ってサッカー界に貢献できるようにするサイクルを作っている。
日本サッカー協会やJリーグ事務局は選手流出を憂慮するJリーグクラブを励ますために奨励金制度を用意している。
挙国的な視覚から日本サッカー発展のため、積極的に選手のヨーロッパ進出を助けられるように背景を用意しているのだ。



「韓国は必ず楽な組に入る」 宿敵の優位性に“闘将節”炸裂「偶然じゃないと…」

「闘莉王TV」でU-24代表を特集、東京五輪本大会の組分けに言及

 東京五輪を見据えてオーバーエイジ枠3人を招集する男子U-24日本代表。本大会での躍進に期待が集まる中、元日本代表の田中マルクス闘莉王氏はグループステージB組に入った韓国の組み合わせ結果のあまりの優位性に注目。「韓国はワールドカップ、五輪で必ず楽な組に入る」と持論を展開している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b74f503b8f16f68187aa0d41f0a19f5776027bff




"日レジェンド"闘莉王、「韓国はワールドカップ、オリンピックで必ず楽な組に入る」
スポータルコリア



※一部要約

日本サッカーのレジェンド、田中マルクス闘莉王が根拠のない疑惑の提起で顰蹙を買った。

22日、日本の"フットボールゾーン"によると、闘莉王は自身のユーチューブである"闘莉王TV"で韓国と日本の2020東京オリンピックサッカーのグループ編成について自分の考えを伝えた。

韓国はB組に編成されてニュージーランド、ホンジュラス、ルーマニアを相手にする。
一方、開催国の日本は南アフリカ、メキシコ、フランスとともにA組に編成された。
韓国が属するB組は最強チームとは呼べないが、ニュージーランドを除く3チームの戦力が似ている。
一方、日本はフランス、メキシコと実力差が存在する。



「サッカーが上手ければ兄」アン・ジョンファン「フンミンが兄、ワールドカップで本田の記録破ってくれ」
フットボールリスト



※一部要約

「サッカーが上手ければ兄だ」
アン・ジョンファンがソン・フンミンに"兄"の呼称をつけて、カタールワールドカップでアジア選手最多ゴール記録を更新してほしいと頼んだ。

アン・ジョンファンは現役時代に攻撃型MFやストライカーなどのポジションでプレーし、FIFAワールドカップだけで3ゴールを記録した。
そのうちの2ゴールは2002韓日ワールドカップ当時のグループリーグのアメリカ戦、16強のイタリア戦で炸裂させた。
その後、2006ドイツワールドカップのグループリーグのトーゴ戦で右足ミドルシュートで決勝ゴールを決め、3ゴールでアジア選手のワールドカップ最多得点記録の保有者になったりもした。

当該の記録は2018年に日本の本田圭佑が破った。
ロシアワールドカップのグループリーグのセネガル戦で4ゴール目を成功させ、アン・ジョンファンとパク・チソンの3ゴールを越えた。



「マルディーニの頭を蹴ったイ・チョンスは悪党、ふてぶてしい」中・日ひっくるめて2002の韓成果を非難
スポータルコリア



※一部要約

アジアワールドカップ予選すら手に負えない中国が、大韓民国の2002韓日ワールドカップの成果を非難した。

日本のサッカーダイジェストは20日、中国・新浪スポーツを引用、「元韓国代表FWの発言が近隣国で少なくない話題を呼び起こしている。コメントのターゲットは2002ワールドカップ4強神話の主役でレアル・ソシエダやフェイエノールト、大宮で活躍したイ・チョンス」と光を当てた。

メディアによると、中国の多くのメディアは現在39歳のレジェンドであるイ・チョンスが韓国のバラエティプログラムに出演し、19年前のシーンを振り返った。
イタリアとの韓日ワールドカップ16強戦でシュートを試みて、パオロ・マルディーニの頭を故意に蹴飛ばしたと明かした。

イ・チョンスのコメントも掲載された。
「イタリアの選手は傲慢だったし、韓国人を軽く見ている感じがした。マルディーニは韓国で言えばホン・ミョンボのような選手だった。全員のキャプテンだ。だがマルディーニだから蹴ったのではない。偶然そこにいた」と打ち明けた。

中国ファンの反応も載せられた。
「ふてぶてしい」、「悪党だ」、「イタリアだけでなく全世界が軽蔑する」と書かれていた。
日本もやはり同腹だった。
中国の発言が痛快だったかのようにメディアは「イタリアの選手とファンはこの発言(中国)にどう思うのか」と疑問を提起した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング