東アジアカップで"若い日本"に会う…「日、ワールドカップ経験のベテラン除外」
スポータルコリア



※一部要約

日本が7月に自国で開かれる東アジアサッカー連盟(EAFF) E-1チャンピオンシップ(東アジアカップ)でベテランを外すことにした。

21日、日本メディアのスポニチアネックスによると、オンラインインタビューを行った森保一日本サッカー代表監督は、東アジアカップにこれまでワールドカップに参加してきた選手を招集しないと宣言した。

東アジアカップは7月19日から27日まで日本で開催される。
当初は中国で開かれる予定だったが、自国内のコロナ19再拡散により放棄し、日本が代替開催する。
男子部は韓国・中国・日本・香港の4ヶ国が出場し、女子部は韓国・中国・日本・台湾が争う。

東アジアカップはFIFAが主管する大会ではなく、アジアリーグ所属の選手がメインとなる。
日本も今大会をJリーグでプレーする選手を中心に選手団を構成する。
代わりに長友佑都(FC東京)、大迫勇也(ヴィッセル神戸)、酒井宏樹(浦和レッズ)ら2022カタールワールドカップ出場が有力なベテランは外す。

最近開かれたAFC U-23チャンピオンシップで3位を記録した21歳以下の選手も一部リストに上がっているという。

この大会の歴代最多優勝(5回)記録を持つ韓国は、ベント号が出場して国内組の玉石選びの最後の機会にする計画だ。



"誤審論難"2002スペイン戦の主審、口を開いた…「判定素晴らしかった」
エクスポーツニュース



※一部要約

誤審論難で今まで語られている2002韓日ワールドカップ8強戦の大韓民国とスペインの試合について、主審を引き受けた審判が直接反論した。

20年前の今日である2002年6月22日は、大韓民国がスペインを下して史上初の4強進出を達成した日だった。
大韓民国にとっては歴史に残る日だったが、スペインにとっては怒り心頭の日だった。

当時、大韓民国は無得点で延長戦まで終えてからPK戦でスペインを下した。
問題はスペインの決定的得点チャンスが審判の判定で霧散したという点だった。
代表的なシーンが延長戦の序盤に出た、ホアキン・サンチェスの突破からのクロスをモリエンテスがヘッダーで決めたものだった。
ホアキンがクロスを上げる直前、ボールがラインを越えたという判定が出て得点を認めらなかったが、リプレイのシーンを見ればボールはピッチ内にあった。

そのため波紋は想像以上に大きく、多くのスペイン人が結果に怒りをぶちまけた。
また、大韓民国とスペインの試合はワールドカップ史上で最悪の誤審が出た試合の3位に選ばれたりもした。

20年が過ぎた現在、当時の試合の主審を引き受けた審判が直接現れて誤審論難に反論した。
エジプト出身のアフメド・アル・ガンドゥール審判はスペインのマルカとのインタビューで「私の判定は素晴らしかった」と主張した。



"早くも牽制開始"…ガーナ、ベント号の6月の評価試合に戦力分析官派遣
ニュース1



※一部要約

ベント号の2022FIFAカタールワールドカップ本戦の2番目の相手であるガーナが、来月に韓国の戦力を把握するため戦力分析官を派遣する。

ガーナメディアのガーナサッカーネットは7日、「ガーナサッカー協会が韓国の6月の評価試合に協会の戦力分析官を送る」と報じた。

韓国は2022カタールワールドカップ本戦でポルトガル、ウルグアイ、ガーナとH組に属している。





「ビルドアップ使えない」ワールドカップ3回プレーしたアン・ジョンファン、ベント号を叩く指摘
デイリアン



※一部要約

2002ワールドツアー4強神話の主役アン・ジョンファン解説委員が、ベント号のビルドアップ戦術を指摘した。

アン委員は25日、自身のユーチューブチャンネルで"2022FIFAカタールワールドカップ"に出る大韓民国サッカー代表の戦術を評価した。

2002韓日ワールドカップをはじめとして2006ドイツワールドカップ、2010南アフリカワールドカップに出場したアン委員は、H組に属するチーム戦力を点検して「ポルトガル-ウルグアイを相手にビルドアップはできない」と語った。

客観的な戦力で優位を占めるアジア予選では通用するが、強いチームが並ぶワールドカップではビルドアップを前面に出すことはできないというのがアン委員の考えである。

続けて「ワールドカップでポルトガルとウルグアイを相手にどうビルドアップするのか。(当該チームは)ボールコントロールができ、技術の良い選手が多い。ベント監督は戦術を変えると思う。ワールドカップには様々な戦術プランを持っていかなければならない」として、実利的なサッカーを強調した。

アン委員の言葉通り、両チームはワールドカップのグループリーグ突破が有力な強いチームだ。
ベント監督もやはり、組み合わせ抽選の後で「H組は決して容易ではない」とポルトガル-ウルグアイの戦力を警戒した。



「韓国に良い選手が1~2人」ガーナ代表出身MFの評価
スターニュース



※一部要約

2022カタールワールドカップ本戦で韓国と同組に属したガーナ代表出身MFのエマニュエル・アギェマン・バドゥ(32、青島FC)が、大韓民国サッカー代表の戦力について「良い選手が1~2人いる」と評価した。

5日、フットボールガーナによるとバドゥは「ガーナは今回のワールドカップで難しいグループに属したので、準備をしっかりして手強いチームを構築しなければならない」として韓国のチーム戦力をこのように評価した。

バドゥは「ガーナにとってウルグアイ戦は復讐戦になるし、ポルトガルは手堅いスカッドを備えているチーム」として、「韓国もやはり1~2人の良い選手を保有している。ガーナにとっては今回のワールドカップの準備をしっかりしなければならないだろう」と強調した。

ガーナは韓国とワールドカップで争ったことがなく、歴代戦績では3勝3敗で同率である。
直近の対決である2014年に親善試合では韓国が0-4で大敗したことがある。
2010年の南アフリカワールドカップのとき、8強戦で敗れたウルグアイとの対決は"復讐戦"と見ている。

バドゥはイタリアのウディネーゼやヴェローナ、トルコのブルサスポルでプレーし、去年からは中国の青島FCでプレーしている。
ガーナ代表では2008年からプレーして2017年に引退し、その過程で2014年のブラジルワールドカップにも参加した。
Aマッチ78試合の出場記録はガーナのAマッチ出場記録8位だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング