日本メディア「鎌田大地、ヨーロッパ優勝の歴史作る…チャ・ボングンの伝説を継ぐ」
OSEN



※一部要約

鎌田大地がチャブームの伝説に挑戦する。

フランクフルトは6日、ドイツ・フランクフルトで開催された"ヨーロッパリーグ4強2次戦"でウェストハムに1-0で勝った。
1次戦に2-1で勝っていたフランクフルトは、2勝で決勝に進出した。

日本人アタッカーの鎌田はフルタイムを消化してチームの勝利に貢献した。
もう一人の日本人DF長谷部誠は交代リストにいたが出場機会はなかった。

フランクフルトがヨーロッパ対抗戦で決勝に進出したのは何と42年ぶりだ。
フランクフルトはチャ・ボングンがプレーしていた1979-80シーズン、ヨーロッパリーグの前身であるUEFAカップの決勝戦に上がり、メンヘングラッドバッハを退けて優勝した。

試合後、鎌田は自身のSNSに「この素晴らしいファンと一緒に歴史を作る」として優勝を誓った。

ゲキサカなどの日本メディアは「鎌田は威嚇的だった。彼がチャ・ボングンの伝説を継ぐ機会」として優勝を望んだ。



"チャ・ボングンの伝説"以来初の決勝進出に向かって…フランクフルト、ヨーロッパリーグ4強1次戦勝利
フットボールリスト



※一部要約

2021-2022シーズンUEFAヨーロッパリーグ4強で、アイントラハト・フランクフルトが1次戦の勝利をおさめて決勝行きに近づいた。

29日、ヨーロッパリーグ4強1次戦が一斉に行われた。
英国ロンドンのロンドンスタジアムでは、フランクフルトがウェストハム・ユナイテッドを2-1で下した。
5月6日にホームのドイツ・バンク・パルクで2次戦を行う。

フランクフルトが決勝に行けば、1980年以来42年ぶりである。
フランクフルトは1979-80シーズンのUEFAカップで、クラブ史上唯一のヨーロッパ対抗戦で優勝を達成した。
ブンデスリーガの伝説チャ・ボングンが主戦として大活躍した時期だ。
当時、準決勝でバイエルン・ミュンヘンを捉えて上がったフランクフルトは、決勝戦でボルシア・メンヘングラッドバッハを捉えて頂点に上がった。
その後、30年を越えてヨーロッパリーグの8強以上に上がれなかった。
2018-2019シーズンに4強に進出したが、当時は優勝チームのチェルシーと2分けの血戦の末に惜しくも脱落したことがある。

42年前と同じく"ドイツ対ドイツ"の決勝戦が有力である。
29日、他の4強1次戦でRBライプツィヒがレンジャーズに1-0の勝利をおさめたからである。
アジア選手も大活躍している。
フランクフルトは2014-2015シーズンから着実に活躍中の長谷部誠がクラブ史に一線を引いたし、2019-2020シーズンから攻撃型MF鎌田大地が攻撃の一軸を担っている。
4強で老将の長谷部は欠場したが、鎌田は決勝ゴールを炸裂させた。



キム・ミンジェ、8試合連続フルタイム…失点の口実提供
ノーカットニュース



※一部要約

キム・ミンジェがまたフルタイムを消化した。

キム・ミンジェは10日、トルコ・イスタンブールのシュクリュ・サラジオウル・スタジアムで行われた2021-2022シーズンUEFAヨーロッパリーグ・グループリーグのフランクフルトとのD組6次戦に先発出場して交代なしにフルタイムをプレーした。

フェネルバフチェはフランクフルトと1対1で引き分けた。
1勝3分け2敗の勝ち点6でグループリーグを終え、ヨーロッパカンファレンスリーグ16強プレーオフに降りた。

キム・ミンジェは先制失点の口実を提供した。
前半29分に鎌田大地とボールを争って奪われ、失点のシーンが始まった。
フランクフルトの速い攻撃展開で守備が崩れ、ジブリル・ソウに先制ゴールを許した。

惜しいシーンだった。
ただし、トルコ移籍後のキム・ミンジェの出場時間を見れば疲労せざるを得ない。

キム・ミンジェは最近8試合連続で先発してすべてフルタイムを消化した。
10月18日のトラブゾンスポル戦の退場で欠場する前まで10試合先発で出た。
特にフェネルバフチェがすでにD組3位を確定していた状況だったため、ローテーションも可能だった。



"キム・ミンジェフルタイム"フェネルバフチェ、バシャクシェヒルに0-2負け
イーデイリー



※一部要約

キム・ミンジェはフルタイムを消化したが、フェネルバフチェの敗北を防げなかった。

フェネルバフチェは20日、トルコ・イスタンブールのバシャクシェヒル・ファティ・テリム・スタデュムで行われた2021~2022シーズンのトルコプロサッカー・スュペル・リグ5ラウンドのアウェイ試合に0-2で敗れた。

キム・ミンジェはCBで先発出場して正規リーグ2試合、UEFAヨーロッパリーグを含めて公式戦3試合連続でフルタイムを消化した。
シーズン初の敗北を喫して開幕4試合(3勝1分け)無敗行進を終えたフェネルバフチェは6位(勝点10)になった。

フェネルバフチェはポゼッションで64-36、シュート数で14-6とリードするなど優勢な試合を繰り広げたが、バシャクシェヒルの堅守を突破できなかった。
前半16分に先制ゴールを許したフェネルバフチェは、後半45分に楔のゴールまで許して0-2で敗れた。



"ヨーロッパデビュー戦"キム・ミンジェ、怪物の守備力誇示…決定的シュート2回防ぐ
ゴールドットコム



※一部要約

代表DFキム・ミンジェがヨーロッパ対抗戦のデビュー戦で大活躍を繰り広げた。

フェネルバフチェは17日午前4時、ドイツ・フランクフルトにあるドイチェバンクパルクで行われたフランクフルトとの2021-22シーズンUEFAヨーロッパリーグD組1次戦のアウェイ試合に1-1で引き分けた。
フェネルバフチェはメスト・エジルの先制ゴールでリードしたがサム・ラマースに失点を許した。

この日、キム・ミンジェはリーグと同様に3バックの中央に位置して守備の重心を取った。
12日にフルタイムを消化して5日でドイツ遠征まで来て、再び先発で出て体力的な問題が提起されていたが、怪物DFの真価を再びはっきりと見せた。

キム・ミンジェはフルタイムをプレーする間、ファールを一度もおかさず完璧に近い守備を繰り広げた。
彼は空中戦の2回をどちらも勝利し、ボール競り合いでは3回も勝利した。
クリア7回、シュートブロック1回、奪取1回、タックル1回など安定した守備力を誇った。
ロングパス3回のうち2回を成功させ、ドリブル突破1回を記録してビルドアップも印象的だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング