"先制砲・7K"大谷の漫画みたいな活躍、突発変数で崩れた
マイデイリー



※一部要約

大谷翔平のショータイムは勝利投手の要件を目前にした時点で終止符を打った。
負傷まで重なり、苦さが倍加された一戦だった。

大谷は5日、アメリカ・カリフォルニアのアナハイム・エンゼルススタジアムで行われたシカゴ・ホワイトソックスとの2021メジャーリーグのホーム試合に、先発投手兼打者として先発出場した。
メジャーリーグで特定の選手が投手・打者で同時に先発出場したのは、1903年9月8日のジャック・ダンリービーから何と118年ぶりの珍記録だった。

大谷は投手として4回2/3イニングを2被安打5四球7奪三振3失点(1自責)を記録した。
大谷の防御率は1.93になった。
また、大谷は打席で3打数1安打(1ホームラン)1打点1得点を残し、打率は.154から.188に上昇した。





大谷最終的に手術、アメリカメディア「2020年に投手復帰可能」
マイデイリー




※一部要約

"怪物"大谷翔平が最終的に手術台に上がる。

LAエンゼルスは26日、大谷の手術を公式発表した。
大谷はいわゆるトミー・ジョンサージェリーと呼ばれる肘の手術を受ける。
エンゼルスは今シーズン後に大谷の手術を行う計画だ。

メジャーリーグ公式HPはこの日、大谷の手術のニュースを報じて「大谷が手術を受けて再びマウンドに立つのは、2020年に可能とみられる」と予想した。

果たして"二刀流"は続けられるのか。
今年、大谷は打者として99試合に出場して打率.280、21ホームラン56打点、投手として10試合に登板して4勝2敗防御率3.31を記録している。



LAA大谷、MLデビュー初の三塁打炸裂…3打点爆発
東亜ドットコム




※一部要約

初めて敬遠を勝ち取るなど、存在感を誇示した大谷翔平のバットが再び力強く回った。
メジャーリーグデビューから初の三塁打を叩いた。

大谷は13日、アメリカ・ミズーリ州カンザスシティのカウフマン・スタジアムで行われたカンザスシティ・ロイヤルズとの遠征試合に8番指名打者で先発出場した。

この日の大谷は3-0でリードしていた7回2死満塁のチャンスで、カンザスシティの救援ブランドン・マウラーの96.7マイルのファストボールを打ち返し、右中間を割る一掃3打点三塁打を打った。

これで大谷は12日のテキサス・レンジャーズ戦に続いて2試合連続安打を記録し、先の敬遠で2試合連続マルチ出塁まで達成した。

これで大谷は今シーズン、打者として7試合で打率0.346と3ホームランに11打点、出塁率0.414、OPS1.183などを記録した。



宗主国アメリカの衝撃「大谷、地球人ではないのは明らか」
NEWSIS




※一部要約

大谷翔平の威力的な投球に、アメリカメディアが再び驚いた。

大谷派9日、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで行われた2018メジャーリーグのオークランド・アスレチックスとのホーム試合に先発登板、7イニング1被安打12奪三振1四球無失点の力投を繰り広げて、チームの6-1の勝利を導いた。

最近3試合連続ホームランを炸裂させて打者としての株を上げた大谷は、今度は先発投手として出て7回1アウトまでパーフェクトピッチングを記録するなど、驚くべき歩みを続けている。

大谷はシーズン2勝目を手にして、防御率は4.50から2.08に下げた。

LAタイムズは「大谷は初のホーム試合の登板で完璧な投球をした。ホーム試合の初打席でホームランを打った大谷は、ホーム試合の初登板で"パーフェクトゲーム"目前まで行った」と絶賛した。

デッドスピンドットコムは「大谷が地球人ではないのは明らかだ」と報じ、ヤフースポーツは「大谷がホームファンの度肝を抜いた」と伝えた。



"本物の怪物"大谷、3試合連続ホームラン炸裂(1報)
Newsen




※一部要約

大谷が3試合連続ホームランを記録した。

LAエンゼルスの大谷翔平は4月7日、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで行われた"2018メジャーリーグ"のオークランド・アスレチックスとの試合でホームランを記録した。

大谷はこの日の試合に8番指名打者で出場した。

大谷はチームが0-6でリードされていた2回裏、走者のいない状況で初めて打席に入り、94マイルのファストボールを飛ばてフェンスを越えるシーズン3号ホームランを打ち上げた。

大谷は3試合連続ホームランを打ち上げ、怪物の名声を続けた。
大谷の打率は0.467になった。




大谷+3G連続ホームラン+押し出し四球…LAA、13-9の逆転勝ち(総合)
OSEN


※一部要約

4打数1安打2打点を記録した大谷のシーズン打率は4割2分9厘から3割8分9里に下がった。

一方、エンゼルスは13-9の逆転ドラマを演出した。
先発のブリッドウェルが1回2/3イニングで7被安打(3被ホームラン)6失点で崩れて苦しい勝負が予想されたが、7-9でリードされていた7回に一挙5得点で勝負の勢いをひっくり返した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング