【TOP】ユンソンヨル選手 契約満了のお知らせ

サポーターの皆さん、1年間ありがとうございました。
シーズン始まってから、昇格するために戦ってきましたが、成し遂げることができなくて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。来年は一緒に戦うことはできないですが、昇格してくれることを信じているし、応援し続けます。僕自身はまだまだサッカーを続けたいと思っているので、これからも応援してくれると嬉しいです。
本当にありがとうございました。

https://tochigi-city.com/new/team/2020/11/26/%E3%80%90top%E3%80%91%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%A8%E3%83%AB%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%80%80%E5%A5%91%E7%B4%84%E6%BA%80%E4%BA%86%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/




"引退"ユン・ソンヨル、ありがたいファンに向けて最後の挨拶…「一生忘れられません」
OSEN



※一部要約

「友人のように力になってくれたファンを一生忘れられません」

ソウルイーランド出身で日本の栃木でプレーしていたユン・ソンヨルが選手生活を終わらせる。
ユン・ソンヨルはソウルイーランドを通じて選手引退の便りを伝えた。



"ネイマールの友人"セルジーニョ、大邸に来る…日・松本と決別
スポータルコリア



※一部要約

ブラジルのMFセルジーニョ・リカルドが大邸FCに合流する。

日本J2リーグの松本山雅FCは7日、公式チャンネルでMFセルジーニョとの契約満了を発表した。
2010年にサントスでプロデビューしたセルジーニョは、現在パリ・サンジェルマン所属のネイマールとかつて同じ釜の飯を食べていた。
数年間ブラジルの舞台で走った後、2017年に松本へ移籍した。
2018年にチームのJリーグ1昇格を導いた。
2019年はリーグ19試合に出場に終わったが、去年は33試合に出て9ゴール4アシストを記録した。

続けて、多国籍サッカーメディアの"フットボール-トライブ"が8日、「松本を去ったセルジーニョのKリーグ行きの可能性が濃厚」と報じた。

メディアは「ネイマールの同僚だったセルジーニョの去就をめぐり、去年末に韓国とブラジルの複数のチームが競争を繰り広げた。本人はJリーグでずっとプレーしたいという意向を示していたが、次期行き先は大邸が有力である。現地メディアによると、コロナウイルスの余波でビザ発行が遅れている。メディカルテストと公式発表が完了していない」と伝えた。
今月中に行政手続きを済ませ、自宅隔離を終えてからチームに合流すると判明した。



[公式発表] 安山、"マサが推薦した"日本MF磐瀬獲得
フットボールリスト



※一部要約

安山グリナースがJ2リーグ出身のMF磐瀬剛を獲得して中盤を強化した。

安山は2日、「磐瀬が15日に入国して自宅隔離とメディカルテストなどの入団手続きをすべて終え、選手団に合流した」と発表した。

磐瀬は2014年に日本J2リーグの京都パープルサンガでプロデビューし、通算90試合を消化した。
2019シーズンに安山で活躍した日本人選手のマサと同年齢で親しい。
両選手は2014シーズンから2018シーズンまで京都で一緒に呼吸を合わせたことがある。
クラブ関係者によると、磐瀬獲得にはマサの強い推薦があった。



[単独] 安山、"マサと親しい"磐瀬剛獲得、外国人最後のパズル完成
スポーツ朝鮮



※一部要約

安山グリナースが日本のMF磐瀬剛を獲得して外国人選手の構成を終えた。

29日、移籍市場に詳しい関係者によると、安山は早くから磐瀬の獲得を確定していた。
FA身分で安山に入団した磐瀬は、移籍に関するすべての手続きを終えた状態で、今日(29日)付けで自宅隔離を終わらせた。
30日に安山で行うチーム練習に初めて合流する予定。



水原FC、フランス・日本でプレーしたMFジョン・チュングン獲得
ノーカットニュース



※一部要約

Kリーグ1昇格チームの水原FCがフランスと日本で活躍したジョン・チュングンを獲得した。

水原FCは15日、「U-23代表出身の攻撃型MFジョン・チュングンを獲得した」と発表した。

ジョン・チュングンは2010年にフランス・ナントのユースに入団した。
2013年にFCナントに入団してプロ生活を始めた。
2017年に日本に舞台を移して横浜FC、ファジアーノ岡山、町田ゼルビアで活躍した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング