[ソ・ホジョン] 2回目のワールドカップを追うチュ・セジョン、Kリーグ復帰打診中
フットボールリスト



※一部要約

Kリーグの夏の移籍市場にまた1人、予期せぬ大魚が登場した。
ガンバ大阪所属の元代表中央MFチュ・セジョンが国内復帰を真剣に考慮し、複数のチームと交感中にある。
生涯2回目のワールドカップの舞台に出るための希望を掴もうとしているチュ・セジョンは、去年9月から遠ざかっているA代表に再乗船するため、着実に試合に出られる環境を探しているところだ。

チュ・セジョンは2020シーズンを最後にKリーグを去り、Jリーグでプレーしている。
FCソウルからガンバに移籍して1年6ヶ月、日本の舞台を走った。
だが期待していたJリーグ生活は険難だった。
ガンバはチュ・セジョン獲得を主導していた宮本恒靖監督を、成績不振を理由に去年6月に更迭した。
後任で指揮棒を手にした松波正信育成強化部長は、宮本監督ほどの信頼を送らなかった。

監督交代という巨大なチーム内の変化だけがあったわけではない。
去年3月に日本を強打したコロナ集団感染からチュ・セジョンも自由になれなかった。
再びコンディションを上げることに手こずった。
負傷で苦しんだ2020シーズンを除き、プロデビュー後に常勝疾走していたチュ・セジョンのキャリアに大きなブレーキがかかった。

そんな渦中でもA代表のパウロ・ベント監督はチュ・セジョンをずっと見てきた。
ベント監督は就任後、3列目のMFにチョン・ウヨンとソン・ジュンホ、チュ・セジョンを中心に活用してきた。
チュ・セジョンはベント監督の就任当初から、チョン・ウヨンとともに重用されてきた選手である。

だがベント監督も、チュ・セジョンがガンバ移籍後に出場時間を確保して着実に試合に出られない状況を憂慮した。
去年9月に代表の日程を終えて帰るチュ・セジョンに、ベント監督は「A代表に着実に来るには、今と違って着実に試合に出る状況を作らなければならない」とアドバイスした。



[オフィシャル] 水原、日代表出身FWマナブ獲得「毎試合全力を尽くす」
ベストイレブン



※一部要約

水原三星がアジアクォーターの一席を埋めた。
主人公は名古屋グランパスでプレーしていたサイドアタッカーの齋藤学だ。

水原は30日、マナブの獲得を公式発表した。
日本代表出身で2012ロンドンオリンピックと2014FIFAブラジルワールドカップに出場したマナブは、契約期間1年6ヶ月で水原入団が確定した。
背番号は5をつけることになる。

マナブは速いスピードと優れたドリブル能力が強みである。
また、両サイドからチャンスを創出する能力に秀で、水原はマナブが得点力向上のチートキーになると見ている。





"仁川の看板"ムゴシャ…"第2の故郷"去るのか
京郷新聞



※一部要約

2022Kリーグ1得点首位を走るステファン・ムゴシャが日本J1リーグ移籍説に覆われた。
2018年から仁川ユナイテッドを守ってきたムゴシャは2023年まで契約しているが、ヴィッセル神戸の強力なラブコールを受けた。

日本J1リーグ最下位(18位)で遅れを取っている神戸が、ムゴシャ獲得のために100万ドルに達する移籍金を支払う意向を示したという。
仁川は移籍協議に入ったが、現実は容易ではない。
神戸が提示する年俸条件は2倍に近い。

チョ・ソンファン仁川監督は25日、ソウルワールドカップ競技場で行われたKリーグ1・18ラウンドのFCソウルとの試合に先立ち、ムゴシャの移籍説が事実であることを認めた。
「選手に良いときが来た。祝わなければならない状況」とムゴシャの移籍を引き止められないということを明かしつつ、「まだ確定した部分ではない」として、メディカルテストなどの契約まで変数があると語った。
だが1-1で終わったこの日の試合はムゴシャのサヨナラ試合と変わらなかった。
アウェイサポーター席には「去らないでくれ」、「神戸に行っても愛してるから」、「これまでお疲れ様でした」など、ムゴシャとの決別説へのファンの惜しさが込められたメッセージでいっぱいだった。

先発出場したムゴシャは試合後もしばらくグラウンドを離れられなかった。
遠征試合にもかかわらず多く集まったサポーターの前に立ち、ハートを描いて長い時間を過ごした。
また、ユニフォームのチームエンブレムに口を当てて深い愛情を示した。
目頭を赤くさせたりもした。
ムゴシャは「本当に感謝しており、送ってれる大きな愛に愛で報いたい。愛する気持ちを死ぬときまで大事にする」と決別の挨拶と変わらない言葉を残した。



「手段と方法を総動員して韓に勝ちたかった」日"精神武装"も違っていた
OSEN



※一部要約

韓国U-23サッカー代表は12日、ウズベキスタン・タシュケントにあるパフタコール・スタジアムで日本U-21代表と2022AFC U-23アジアンカップ8強戦を行って0-3で敗れた。

この日の敗北で韓国は4強進出に失敗した。
一方、準決勝に進出した日本は開催国ウズベキスタンと決勝行きのチケットをかけて争う。

ゴールを放って勝利を導いた鈴木唯人は試合後、「韓国との対決だったのでモチベーション付与が上手くいった。必ず勝利し、手段と方法をどちらも総動員しなければならないと思った」として、「特別な心構えを持って臨んだ。そういう思いだけだった」と明かした。

これまで韓国は日本を相手に精神力で上回っているという評価があった。
だが日本はこの日、韓国を迎えてより積極的に試合に臨んだ。
激しいプレーでファールをしても、諦めずにシュートを試みた。
得点の状況でも日本選手の精神力が上回っているは明らかだった。



"ゲームチェンジャー"天野が見せた存在感…40分で十分だった
ニュース1



※一部要約

今シーズン、蔚山現代のエースとして急浮上した天野純は、自分の能力を示すのに40分で十分だった。
天野は利口であり闘争的な動きと集中力を見せ、蔚山の首位疾走を導いた。

蔚山は28日、水原総合運動場で行われた水原FCとのハナワンキューKリーグ1・2022の15ラウンドで2-1の逆転勝ちをした。

この日、蔚山の勝利の主役は断然天野だった。
この日、ベンチから試合を始めた天野は、0-1でリードされていた後半9分に投入されて決勝ゴールを決めるなど、チームの逆転勝利に大きく貢献した。

今シーズンに蔚山入団、Kリーブの舞台を初めて踏んだ天野は、早くからチームに適応してエースとしての地位を確立した。
天野は正確な左足キックやサッカーセンスはもちろん、グラウンドで見せる闘争心や積極性で蔚山ファンから多くの愛を受けている。

フルタイムを消化せずとも勝利をもたらした天野の活躍で、蔚山は11勝3分け1敗(勝ち点36)で、2位の済州ユナイテッド(7勝5分け3敗、勝ち点26)に勝ち点10のリードをしたままAマッチ休息期を迎えることになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング