負傷中のキム・ヨングォン、復帰はいつ?ガンバ監督「言葉を控える」
ゴールドットコム



※一部要約

韓国代表の中心資源に挙げられるDFキム・ヨングォンが今シーズンになかなか姿をあらわしていない。

キム・ヨングォンの所属チームのガンバ大阪は、日本Jリーグのシーズンが2月に開幕してもコロナ19確診者が発生し、3月の一ヶ月間で試合を行えないなどの困難を経験した。
その渦中でキム・ヨングォンは負傷してシーズン序盤からチームの戦力から外れなければならなかった。
そのため彼はガンバ大阪が試合を行えなかった3月、パウロ・ベント監督が率いる代表に選出されて出場した日本遠征評価試合で、不振を免れることができずにチームの0-3の大敗を防げなかった。

ただ、空白期間が長そうではなかったキム・ヨングォンが試合に出場できな時間が予想より長引いている。
彼はまだ今年ガンバ大阪が行った10試合で一度も出場できなかった。

宮本恒靖ガンバ大阪監督はキム・ヨングォンの負傷について、詳しい話はできないとして慎重な姿勢をとった。
彼は12日、サンフレッチェ広島とのホーム試合を前に開かれた公式記者会見で、キム・ヨングォンの体調に関する質問を受けると「負傷中の選手についての情報を伝えるのは難しい。今は言葉を控えなければならない状況だ。申し訳ない」と即答を避けて取材陣に了解を求めた。



"国産サッカー分析プラットフォーム"ビプロ、ガンバ大阪とサービス契約締結
ゴールドットコム



※一部要約

サッカー分析プラットホームのビプロイレブン(Bepro11)がJリーグ伝統の名門クラブのガンバ大阪とともにする。

ビプロは今年から3年間、Jリーグ1のガンバ大阪に撮影システムの構築と分析サービスを提供する契約を結んだ。
1軍をはじめとしてユースチームも含まれる。

具体的にはガンバ大阪の1軍選手のすべての練習と練習試合が自動で撮影され、リアルタイムで接続/録画されるシステムを構築する。
それにより練習と練習試合をモニタリングし、チームの戦術遂行度や選手一人ひとりのフィジカルコンディションのような細かい部分まですべて把握できる。
これで実戦試合の準備過程を体系的に管理する助けとなる予定だ。



ベトナムメディア「パク・ハンソ号のGK、キム・ジンヒョンとの競争心配」
MKスポーツ



※一部要約

パク・ハンソ号のGKダン・バン・ラムは今冬進出した日本プロサッカー1部リーグで、新所属チームの主戦守門将キム・ジンヒョンを超えるのは大変だという分析が出てきた。

ベトナムのポータルサイト"ケン14"は25日、自らのスポーツ記事で「キム・ジンヒョンはセレッソ大阪の象徴のような存在だ。ダン・バン・ラムが出場時間を得るのは決して容易なことではない」と心配した。

パク・ハンソ監督は2018東南アジアサッカー連盟(AFF)チャンピオンシップ優勝、2019AFCアジアカップ8強に続き、2022FIFAカタールワールドカップアジア2次予選でもダン・バン・ラムをベトナム代表の主戦GKとして重用してきた。

ダン・バン・ラムは1月30日にセレッソ大阪に入団した。
キム・ジンヒョンは2009年のセレッソ大阪合流以降、歴代最多出場(465試合)や、2019年に1位になるなど3回のJリーグ1最多クリーンシーツ(無失点)TOP5に輝く。

昨シーズンもキム・ジンヒョンはJ1リーグで2番目に多い12試合無失点で健在を誇示した。
"ケン14"は「GKも出場機会が少なければ競技力が低下する。フィールドプレーヤーとは違い、色んな選手を起用することのないポジションでもある。パク・ハンソ監督はかなり心配だろう。ダン・バン・ラムはひたすら最善を尽くすしかない」と見た。

ベトナムは3勝2分けの得失点差+4、勝ち点11でカタールワールドカップアジア2次予選G組1位に上がっている。
残り3試合で勝ち点5さえ取れば史上初の最終予選に自力進出するが、ダン・バン・ラムの実戦感覚が低下すれば断言することはできない。



チョン・ソンリョンVsキム・ヨングォン-チュ・セジョンがスーパーカップで激突…三冠王の可否に注目
SPOTVニュース



※一部要約

元、現職サッカー代表の核心が日本サッカー最強を決するスーパーカップで激突する。

日本プロサッカーJ1リーグ優勝チームと日王杯優勝チームが対決する2021 FUJI XEROXスーパーカップが20日午後1時25分、日本埼玉の埼玉スタジアムで行われる。
プレミアムスポーツチャンネルのSPOTV ONで独占生中継される。
PCとモバイルの中継はオンラインスポーツプラットフォームのSPOTV NOWで見ることができる。

去年のJ1優勝チームの川崎フロンターレはチョン・ソンリョンがゴールを守っている。
川崎は去年、チョン・ソンリョンを前面に出してリーグ優勝をし、2019スーパーカップも獲った。



新シーズンにチュ・セジョンに注目する日メディア「パスが正確でボールを上手に扱う」
ベストイレブン



※一部要約

新シーズンを日本Jリーグで始めることになったガンバ大阪の新しいMFチュ・セジョンを、日本メディアが注目すべき選手に選んだ。

日本の<サンスポドットコム>は17日、ガンバ大阪の新シーズンのプレビュー欄で「(ガンバで)注目すべき選手は韓国代表MFチュ・セジョンだ」としてチュ・セジョンに注目した。
このメディアは新シーズンのガンバの主戦予想に、チュ・セジョンとともにキム・ヨングォンの名前を上げた。
4-4-2の中央MFとCBのポジションである。

メディアはチュ・セジョンに注目した理由について「チュ・セジョンは中盤のどこでもボールを扱える能力を備えている。その部分で監督に高い評価を受けている」と言及した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング