キム・ヨングォン、日ガンバ大阪と決別確定…Kリーグ行き可視化
マニアタイムズ



※一部要約

サッカー代表のCBキム・ヨングォンが現所属チームの日本J1リーグ・ガンバ大阪との再契約をせず、Kリーグ行きが表面化している。

ガンバ大阪は3日、クラブHPで「キム・ヨングォンが契約満了で2021シーズンを最後にチームを去ることになった」と伝えた。

ガンバ大阪との決別が確定し、自由契約選手(FA)になるキム・ヨングォンがKリーグでプレーする姿を見られるだろうという期待感も膨らんでいる。

先月、日本メディアはKリーグ1の蔚山現代がキム・ヨングォンを獲得するために大型オファーをしたと伝えた。

キム・ヨングォンはAマッチで85試合(4ゴール)もプレーした韓国代表の主軸DFである。



[Interビュー] 「無条件に来てくれと言った」キム・ドヒョクが引っ張り出したオ・ジェソクの"仁川行き"
インターフットボール



※一部要約

オ・ジェソクが仁川ユナイテッドに移籍するまでにはキム・ドヒョクの説得があった。

オ・ジェソクは2010年、水原三星でKリーグデビュー戦を行った。
翌年に江原FCへ移籍し、たゆまぬ出場を知らせてオリンピック代表に乗船した。
2012ロンドンオリンピックの英国単一チームとの8強戦で負傷したキム・チャンスに代わってグラウンドを踏んだ。
続けて4強戦のブラジル戦、3-4位戦の日本戦で優れた活躍を繰り広げて銅メダル獲得に貢献した。

オリンピックから復帰した後、オ・ジェソクはJリーグに移籍した。
ガンバ大阪に7年間身を置いて公式戦174試合で16アシストを記録した。
それとともにJリーグ優勝1回、Jリーグカップ優勝1回、スーパーカップ優勝1回、日王杯優勝2回を手にした。

オ・ジェソクはFC東京、名古屋グランパスでも生活した後、今年1月に8年ぶりにKリーグに復帰した。
行き先は仁川だった。
左右のSBをどちらも消化できるオ・ジェソクだったし、守備の補強を目標にしていた仁川にとっては卓越した獲得だった。

オ・ジェソクはクラブとのインタビューで「久しぶりにKリーグに戻ってきて嬉しい。特にそのチームが情熱的なファンを持つ仁川なのでさらに幸せだ。仁川がより高いところへ上がる手助けをする選手になれるよう努力する」と所感を明かした。



蔚山ホン・ミョンボ「キム・ヨングォン獲得、関心はあるが…」拡大解釈警戒
ゴールドットコム



※一部要約

蔚山現代のホン・ミョンボ監督が代表出身DFキム・ヨングォンの獲得についての立場を明かした。
彼はキム・ヨングォンの獲得に関心があるのは事実だが、まだ進展した状況ではないと語った。

蔚山は21日、文殊ワールドカップ競技場で済州ユナイテッドとKリーグ1・2021の36ラウンドを行う。
優勝レースを前に緊張感の漂う雰囲気だったが、最近蔚山ファンを心を揺さぶる移籍説があった。
Jリーグでプレーする代表出身DFキム・ヨングォンの獲得を蔚山が推進しているという噂だった。

8日、日本の日刊スポーツによると「ガンバ大阪がキム・ヨングォンに再契約の提示をしたが、蔚山が大型オファーを出した」として、今シーズンを最後にキム・ヨングォンがチームを去るかもしれないとした。

2010年にFC東京でプロデビューしたキム・ヨングォンは大宮を経て、2012年に中国の広州恒大に移籍して全盛期を過ごした。
特にイタリアサッカーのレジェンドであるマルチェロ・リッピ監督の寵愛を受け、チームの核心DFに生まれ変わった。
彼は広州だけで164試合をプレーして中国スーパーリーグ6回優勝とAFCチャンピオンズリーグ2回優勝などを占め、アジアトップのDFに浮上した。
それだけでなく2014FIFAブラジルワールドカップと2018FIFAロシアワールドカップなどに参加し、代表として85試合を出場中である。



日メディア「キム・ヨングォン、蔚山行き有力…ホン・ミョンボ監督ラブコール」
エクスポーツニュース



※一部要約

キム・ヨングォン(31、ガンバ大阪)がキャリア初のKリーグ舞台入りをする可能性が高くなった。

日本メディアのスポーツニッポンは14日、キム・ヨングォンがKリーグ1の蔚山現代に移籍すると伝えた。
13日に蔚山の関係者がこの事実を明かしたと伝えた。

メディアは「2012ロンドンオリンピックで一緒だったホン・ミョンボ蔚山監督のラブコールがあった。交渉は仕上げの段階にある」と伝え、蔚山行きが差し迫っていることを知らせた。
キム・ヨングォンはホン監督との縁が深い。
2012ロンドンオリンピックの前にも年代別代表でホン監督の指導を受けて成長した。
彼は失敗に終わったが2014ブラジルワールドカップでホン監督と代表で再会した。

彼は当時の所属チームである広州恒大で技量を維持し、次のワールドカップだった2018ロシアワールドカップに抜擢された。
彼はドイツとのグループリーグ最終戦で決勝ゴールを炸裂させ、最終予選当時の自分を取り巻く否定的な世論を変えた。





日メディア「蔚山、キム・ヨングォンに大型オファー」…契約期間は3年
ベストイレブン



※一部要約

ベント号の核心DFキム・ヨングォンの蔚山現代移籍説が日本メディアから提起された。

日本メディアの<日刊スポーツ>は複数の関係者を引用し、ガンバ大阪でプレーしているキム・ヨングォンが2021シーズンを最後にチームを去ると報じた。
この報道によると、ガンバ大阪は2年の契約延長をキム・ヨングォンに提示したが、同時期にキム・ヨングォンが蔚山から契約期間3年に達する大型オファーを受けたと伝えた。

もし報道通りにキム・ヨングォンが蔚山のオファーを受け入れれば、キム・ヨングォンはキャリアで初めてKリーグでプレーすることになる。
キム・ヨングォンは2010年にFC東京でデビューし、その後は広州恒大や大宮アルディージャ、ガンバ大阪で活躍した。
<日刊スポーツ>はキム・ヨングォンが2022FIFAカタールワールドカップ本戦を前に着実な出場機会を得ることを願っているため、蔚山のオファーを受け入れる可能性があると予想した。

2021シーズンはブルタイスとキム・ギヒにやや過度に依存する傾向にあった蔚山であることを考慮すれば、実力と経験をどちらも認められているキム・ヨングォンの加勢はチームの大きな助けになるものとみられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング